2018年 01月 28日 ( 11 )

日本共産党の志位和夫委員長の訴え(要旨)

稲嶺ススム名護市長の必勝を訴える支持政党街頭演説(同市内)での日本共産党の志位和夫委員長の訴え(要旨)を紹介します。


写真

(写真)稲嶺ススム市長(右)の応援演説をする志位和夫委員長=27日、沖縄県名護市

 みなさん、こんにちは。日本共産党の志位和夫です。(拍手)

 大激戦の市長選挙、明日が告示日となりました。今日は、立憲民主党、民進党、自由党、社民党、社大党の代表のみなさんと一緒に、稲嶺ススム市長の勝利を必ずと訴えにあがりました。(拍手)

「それで何人死んだんだ」――安倍首相の任命責任が問われる

 国会でとんでもない出来事が起こりました。 

 私は、一昨日、衆院本会議で代表質問に立ち、沖縄の米軍基地問題をただしました。米軍機の事故が沖縄全土で続発していること、危険な基地はどこに移しても危険であり、普天間基地は無条件に撤去する、辺野古新基地の建設は中止する、海兵隊は沖縄から撤退する――これが唯一の解決方法ではないかと安倍首相にただしました(拍手)。首相はまともな答弁ができませんでしたが、とんでもないヤジが自民党席から飛んできました。

 自民党の松本文明内閣府副大臣が、「それで何人死んだんだ」とヤジったんです(「許せない」の声)。私は、今年で、国会議員になって25年、いろんなヤジを浴びてきましたが、今回が一番悪い。なぜならこのヤジは私に対するヤジであるだけじゃない、県民のみなさんに対するヤジだからです(拍手)。恐ろしいヤジです。「死者が出ていないんだからいいだろう」といわんばかりのヤジです。

 保育園や小学校に米軍ヘリから部品や窓が落ち、一歩まちがえば大惨事ということが起こった。それを指摘した質問に、「それで何人死んだんだ」。これは恐ろしいヤジです。批判にあわてて副大臣を辞任しましたが、辞めればすむというものではありません(「そうだ」の声、拍手)。こんなとんでもない人物を副大臣にした安倍首相の責任が厳しく問われます。(「そうだ」の声、拍手)

沖縄県民の人権も民主主義もないがしろにする安倍政権に厳しい審判を

 さらにいえば、安倍政権の沖縄のみなさんに対する姿勢がこんな発言につながったのではないでしょうか。

 米軍機は事故を起こしても、すぐに訓練を再開してしまう。その時に安倍首相が、一度でも「飛ぶな」といったことがありますか(「ない」の声)。すべて認めてきたじゃないですか(「そうだ」の声)。県民の声を踏みつけにして辺野古の新基地建設をごり押ししてきたではありませんか。そうした姿勢が、あの暴言につながったことは明らかであります。(拍手)

 稲嶺ススムさんの勝利を何が何でも勝ちとって、沖縄県民のみなさんの人権も民主主義もないがしろにする安倍政権に厳しい審判を下そうではありませんか。(指笛、大きな拍手)

安倍政権丸抱え陣営の卑劣きわまるデマ宣伝にこたえる

 安倍政権丸抱えの相手陣営は、「どんなに反対しても工事は止められない。それなら再編交付金をもらったほうがいい」。こういうことを言っています。これは卑劣きわまるデマ宣伝だといわなければなりません(拍手)。4点ほど話したいと思います。

 第一に、辺野古の新基地建設は、沖縄県からの岩礁破砕許可を得ていない「違法工事」です。安倍政権がやっていることは法治国家では許されない違法行為です。「違法工事」はただちに中止せよ(「そうだ」の声、拍手)。この声をススム市長に託そうではありませんか。(拍手)

 第二に、「工事は止められない」といいますが、工事が着手できたのは護岸工事だけです。それも護岸総延長のうち、たったの4%しか進んでいません。肝心の埋め立て工事は、工事着手の見通しすらありません。翁長知事、稲嶺市長、県民のみなさんの頑張りが工事を止めている。これが現状じゃないですか(「そうだ」の声)。追い込まれているのは安倍政権です。追い込んでいるのは「オール沖縄」のみなさんだということに自信を持って頑張ろうではないですか。(拍手)

 第三に、新基地建設反対を貫く翁長知事、稲嶺市長がいる限り、絶対に辺野古新基地はつくれません(拍手)。埋め立て工事に着手しようとすれば、埋め立て予定地のど真ん中――大浦湾に流れ込む美謝川の水路を切り替えなればなりません。切り替えないで埋め立てをしたら、すぐ水浸しになってしまいます。そして水路の切り替えの権限をもっているのは稲嶺ススム市長です。ススム市長が頑張っているかぎり、工事は進まない(笑い、拍手)。ここに確信をもって頑張ろうではありませんか。(大きな拍手)

「再編交付金」に頼らず、名護市政を立派に前進

 第四に、稲嶺市長は、「再編交付金」に頼らずに、名護市政を立派に前進させてきました。基地に関係のない国の補助金を調べあげて、活用し、歳入を総額508億円も増やしてきました。

 県内11市で一番最初に、子どもの医療費を中学校卒業まで入院・通院ともに事実上無料にしました。県内11市で国保会計への市の繰り入れは一番この名護市が多い。国保税が一番安いのがこの名護市です。基地に頼らずに、自分の足で立ち、市民とともに進む――稲嶺ススム市長でこそ、誇りと尊厳ある名護の市政を前進させることができるのではないでしょうか。(「そうだ」の声、指笛、大きな拍手)

稲嶺ススムさんで基地を止め、「子どもの夢 未来 紡ぐ名護のまち」を

 辺野古新基地ができたらオスプレイは普天間基地の4倍の100機にもなります。耐用年数200年です。子や孫の世代にそんな物騒なものを残すわけにはいきません。

 「辺野古の海にも陸にも基地はつくらせない」。これでずっと頑張り続けてきた稲嶺ススムさん。ウチナーグチでいいますと、「ガージューでマクトゥな政治家」(強く誠実な政治家)ではないでしょうか(拍手)。稲嶺ススムさんで基地を止め、「子どもの夢 未来 紡ぐ名護のまち」をつくろうではありませんか。最後までご支援、広げに広げてください。必ず勝ちましょう。(指笛、大きな拍手)



[PR]
by daisukepro | 2018-01-28 11:46 | 政治

大激戦となっている沖縄県名護市長選は、28日告示

 米軍辺野古新基地建設の是非を最大争点に大激戦となっている沖縄県名護市長選は、28日告示(2月4日投票)されます。27日、稲嶺ススム市長の応援のために日本共産党、立憲民主、民進、自由、社民の国政5野党と、沖縄社会大衆党の党首・幹部がそろい踏みしました。6党が沖縄問題で一致したのは初めてで、新基地建設反対を貫く稲嶺市長の3選を必ず、と訴えました。


写真

(写真)名護市長選、市議補選に勝利するためがんばろうと唱和する(左から)アシトミ、志位、小沢、屋比久、比嘉、稲嶺、川内、吉田の各氏=27日、沖縄県名護市

 この日始まった「名護さくら祭り」の多くの人出でにぎわった市街中心部。日本共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の川内博史常任幹事会議長、民進党の増子輝彦幹事長、自由党の小沢一郎代表、社民党の吉田忠智党首、沖縄社会大衆党の比嘉京子委員長代行らが、稲嶺市長とともに街頭に立つと、次々と通行人が足を止め、人垣が膨らみました。

 稲嶺市長は、普天間基地所属の米軍機の事故が続発する異常事態にも「だから早く辺野古に基地を移すべきだ」と強弁する安倍政権に対し、「事故は普天間の周辺だけではない」と批判。危険な新基地は「絶対に造らせない」と訴え、「名護を政府いいなりの出張所にするわけにはいかない。名護のことは名護市民が決める」と力を込めました。

 川内氏は、辺野古問題の争点化を避け、公開討論会を拒み続ける自民党候補について「(安倍政権の)うそと隠ぺい、ごまかしを象徴するかのようだ」と指摘。増子氏は稲嶺市長の勝利で「沖縄を変えて基地を止め、政治を変えていこう」と呼びかけました。

 小沢氏は「稲嶺市政の継続で市民の命と、くらし、平穏な沖縄の社会を守り、対等な日米関係を築く選挙」と力説。吉田氏は「最後まで『あの人の一票をあきらめない』を合言葉に、ともに頑張ろう」と訴えました。

 一方、自民党候補の陣営は同党の山本一太参院議員が街頭に立ち「もう背中が見え、並ぶところまで来た。ここからが勝負だ」と気勢を上げました。

志位委員長が訴え

 志位氏は、25日の衆院本会議で沖縄全土での米軍機事故の続発を告発した際、松本文明内閣府副大臣が「それで何人死んだんだ」とヤジを飛ばして辞任したことについて、「私に対するヤジであるだけではなく、県民に対するヤジです」と述べた上で、「辞めればすむ問題ではない。安倍首相の責任が厳しく問われます」と厳しく批判しました。

 志位氏は「安倍政権は米軍機が事故後、訓練を再開しても全て認めてきました。県民の声を踏みつけて辺野古新基地建設をごり押ししてきました。こうした姿勢が、あのヤジにつながったことは明らかです。稲嶺さんの勝利で、沖縄県民の人権も民主主義もないがしろにする安倍政権に厳しい審判を下そう」と訴えました。

 志位氏は、安倍政権丸抱えの相手陣営が「どんなに反対しても工事は止められない」とデマ宣伝を繰り返していることについて、「工事は止められない」どころか、着手できたのは護岸工事だけであり、それも総延長のうち4%だけしか進んでおらず、肝心の埋め立て工事は着手の見通しすらないとズバリ指摘しました。

 埋め立てに着手するためには、埋め立て予定地のど真ん中に流れ込む美謝(みじゃ)川の水路を変更しなければなりません。志位氏は「その権限をもっているのは名護市長です。辺野古新基地建設反対を貫く翁長雄志知事、稲嶺市長がいる限り、絶対に基地はつくれません」と力を込め、「再編交付金」に頼らずに市政を立派に前進させてきた実績を紹介し、必勝を訴えると、交差点をぎっしり埋めた聴衆から指笛と大きな拍手がわきおこりました。


[PR]
by daisukepro | 2018-01-28 11:41 | 政治

国政私物化の疑惑許さず(赤旗主張)

国有地をただ同然の価格で学校法人「森友学園」に払い下げた「森友」疑惑、首相の友人が理事長の「加計学園」の愛媛県今治市での獣医学部開設に便宜を図ったのではないかという「加計」疑惑は、いずれも安倍晋三首相や妻の昭恵氏が絡む国政の私物化疑惑として、通常国会でも解明が求められる大問題です。「森友」に絡む財務省の記録など新たな事実も次々明らかになる中で、日本共産党など野党が説明を求めましたが、首相は「これからもしっかり説明させていく」と無責任な答弁の繰り返しです。事実を隠してきたことへの自覚も反省もありません。

財務省も記録存在認める

 昨年の通常国会で明らかになった「森友」疑惑では、払い下げられた国有地に建設が進んでいた小学校の名誉校長を務めていた昭恵氏の働きかけなどが背景になって、鑑定価格から9割も値引きされたのではないかと指摘されながら、当時の財務省理財局長が資料は廃棄したと説明を拒否し、のちに税金徴収の行政トップ、国税庁長官に栄転しました。しかしその後、払い下げる財務省側が用地からゴミが出たことにして値引きすることを提案していた、口裏合わせともいうべき音声データの存在が発覚しました。さらに最近になって大学教授の情報公開請求に、財務省が省内の検討記録が残っていたことを明らかにしました。

 資料は廃棄したから詳しい値引き経過は分からないという説明そのものが国民も国会も欺くものだったことを示す重大な事実です。

 「加計」疑惑をめぐっても獣医学部の開設は愛媛県や今治市の申請を受け「ルール」通り進めたもので、首相の働きかけなど後ろめたいことはないと説明してきたのに、事前に今治市の関係者が首相の秘書官と接触した疑いが浮上し、獣医学部の新設提案が審議された「国家戦略特区」の関連会議には「加計学園」の関係者も同席していたことが判明しました。「加計」関係者の同席は議事録からも伏せられ、安倍首相は決定段階まで「加計」の計画を知らなかったと言い張るありさまです。首相が「腹心の友」と認める加計孝太郎理事長の計画を知らなかったというのは通用しません。

 国会の代表質問では日本共産党の志位和夫委員長(衆院本会議)や小池晃書記局長(参院本会議)らがこうした事実をあげて、昭恵氏や加計氏の国会喚問を含め、説明を求めたのに、首相は具体的な中身についてさえ触れようとせず、財務省の検討記録については「今後もしっかり説明させる」などと全く関係者任せです。事実の核心を知っている昭恵氏や前理財局長、加計氏などの国会喚問にもこたえようとしません。まさに疑惑にほおかむりしてやり過ごそうという、ひきょうな態度です。

国政私物化の疑惑許さず

 「森友」疑惑も「加計」疑惑も、国民の共有財産である国有地の利用や国の権限、税金支出などが首相とその周辺によってゆがめられたという文字通り国政私物化の疑惑です。解明が尽くされないまま幕引き、疑惑が放置されるなどというのは絶対に許されません。

 安倍政権をめぐってはスーパーコンピューター開発をめぐる巨額の補助金詐取も浮上しています。国政私物化の疑惑をいささかもあいまいにすることはできません。



[PR]
by daisukepro | 2018-01-28 11:37 | モリカケ事件

命のビザ(査証)」の絆は、戦後70年以上たった今もつながっている―


 「命のビザ(査証)」の絆は、戦後70年以上たった今もつながっている―。第2次大戦中にナチス・ドイツやソ連の迫害を逃れた多くのユダヤ人に日本通過ビザを発給した外交官杉原千畝。NPO法人「杉原千畝 命のビザ」(東京)副理事長で孫のまどかさん(51)は、祖父の事跡を国内で紹介する一方、海外にも足を運び、生き延びたユダヤ人やその子孫と交流を続けている。

 「チウネのビザがなければ私たち一家はこの世に存在しない」。昨年9月、オーストラリアを訪ねたまどかさんは、メルボルンで暮らすスーザン・ハーストさん(70)から涙ながらに訴えられた。

 スーザンさんの母マリア・キャムさんは、ポーランド出身の97歳。ナチスの侵攻に追われてリトアニアに避難し、カウナスで領事代理だった杉原のビザを手にソ連、日本、中国を経由しオーストラリアに逃れた。当時を思い出すのが困難になっているが、杉原への感謝は忘れない。子や孫に囲まれ穏やかな笑顔を浮かべる姿を見て、まどかさんは改めて祖父の足跡の大きさに触れた思いがした。

 ポーランドを離れ、一時神戸に滞在し新天地にたどり着いた祖父母を持つダニエル・グリンバーグさん(48)は、母国に残った親族が皆ナチスに殺害された。シドニーに住むダニエルさんは、まどかさんに「1人の命を救う者は世界の命を救うのと同じ」というユダヤ教の教えを引き合いに「『命の贈り物』をありがとう」と謝意を伝えた。

 「杉原ビザ」で救われたのは最大約6千人とされる。当時ドイツとの関係を深めていた日本。杉原はユダヤ人の窮状を目の当たりにし、発給を許さなかった外務省の方針に逆らった。キリスト教徒でもあった杉原は生前「この人たちを救わなければ神に背く」「人道、博愛精神をもって臨んだ」と妻だけに漏らしていた。

 こうした事情もあり、戦後、外務省を追われるように退職。国内で名誉回復されたのは死後だった。まどかさんが、本人から外交官時代の苦労を聴く機会はなかった。

 まどかさんは、祖父の歩みをたどり、理念を伝えるのが使命だと静かに語る。「世界中で紛争が絶えない今、命の重みをかみしめ、勇気を持って行動する大切さを訴え続けたい」

(共同)

 杉原千畝

 杉原千畝


[PR]
by daisukepro | 2018-01-28 11:27 | 戦争への道

安倍首相は本心をひた隠し、語る言葉はウソばっかりだった。

まるでフェイクニュースの自動製造装置だ。25日までの2日間、衆院本会議で行われた各党の代表質問。安倍首相は本心をひた隠し、語る言葉はウソばっかりだった。

c0013092_11202212.jpg

「専守防衛は憲法の精神にのっとった、わが国防衛の大前提だ。今後ともいささかの変更もない」

 公明の井上義久幹事長への答弁で安倍首相はそう強調したが、とか言っているそばから、安倍自民は「専守防衛の精神」を葬り去ろうとしている。

 この日、自民の中谷元・安全保障調査会長は、政府が年末に見直す「防衛計画の大綱」を巡り、4月中にも党の提言をまとめる考えを示した。昨年6月に示した提言の中間報告では「敵基地反撃能力」なる言葉で、専守防衛を逸脱した「先制攻撃」につながる敵基地攻撃能力の保有を政府に求めていた。

 中谷氏は「中間報告を基本に、昨年以降の新たな状況を踏まえて提言をまとめたい」と語ったが、北朝鮮問題を足がかりに専守防衛をないがしろにする魂胆はミエミエ。

 そんな狙いをおくびにも出さず、平然と「敵基地攻撃は米国の打撃力に依存しており、基本的な役割分担を変更することは考えていない。この点について今後ともいささかの変更もない」と答弁する安倍首相は、つくづくツラの皮が厚い。

■飛行停止の申し入れも形ばかり

 24日に安倍首相は、沖縄で米軍ヘリの事故やトラブルが相次いでいることに「あってはならない。地域住民の安全確保を最優先課題として日米で協力して取り組む」と答弁したが、これだって真っ赤なウソだ。

「今年に入り、10日に1回を上回るペースで米軍ヘリが不時着しており、現状ではいつ重大な事故が起きてもおかしくない。安倍政権は米軍に原因究明の徹底調査を厳然と要求すべきなのに、形ばかりの飛行停止の申し入れと、あっさり飛行再開の繰り返し。よくぞ『住民の安全確保が最優先』と言えたものです」(基地問題に詳しいジャーナリストの横田一氏)

 安倍首相は野党からモリカケ疑惑の解明を求める質問を次々とぶつけられても深入りせず、森友学園への国有地売却記録の文書開示や、昭恵夫人ら関係者の国会招致要求には「ゼロ回答」だ。この調子だと、通常国会は先が思いやられる。



[PR]
by daisukepro | 2018-01-28 11:16 | 政治

安倍首相は本心をひた隠し、語る言葉はウソばっかりだった。

まるでフェイクニュースの自動製造装置だ。25日までの2日間、衆院本会議で行われた各党の代表質問。安倍首相は本心をひた隠し、語る言葉はウソばっかりだった。

「専守防衛は憲法の精神にのっとった、わが国防衛の大前提だ。今後ともいささかの変更もない」

 公明の井上義久幹事長への答弁で安倍首相はそう強調したが、とか言っているそばから、安倍自民は「専守防衛の精神」を葬り去ろうとしている。

 この日、自民の中谷元・安全保障調査会長は、政府が年末に見直す「防衛計画の大綱」を巡り、4月中にも党の提言をまとめる考えを示した。昨年6月に示した提言の中間報告では「敵基地反撃能力」なる言葉で、専守防衛を逸脱した「先制攻撃」につながる敵基地攻撃能力の保有を政府に求めていた。

 中谷氏は「中間報告を基本に、昨年以降の新たな状況を踏まえて提言をまとめたい」と語ったが、北朝鮮問題を足がかりに専守防衛をないがしろにする魂胆はミエミエ。



[PR]
by daisukepro | 2018-01-28 11:16 | 政治

知ってるかい栃ノ心の国 美しい国ジョージア

c0013092_08415411.jpg
c0013092_08434365.jpg
c0013092_08412174.jpg
c0013092_08410668.jpg

[PR]
by daisukepro | 2018-01-28 08:47 | 文化

大相撲初場所 栃ノ心が初優勝 平幕の優勝は6年ぶり

大相撲初場所 栃ノ心が初優勝 平幕の優勝は6年ぶり

大相撲初場所は、平幕の栃ノ心が27日(14日目)の取組に勝って1敗を守り、28日の千秋楽を待たずに初めての優勝を果たしました。平幕力士の優勝は平成24年夏場所の旭天鵬以来6年ぶりです。

初場所の優勝争いは26日、13日目を終えて平幕の栃ノ心が1敗で単独トップに立ち、3敗で横綱 鶴竜と大関 高安が追う展開でした。

栃ノ心は27日、同じ平幕の松鳳山と対戦し、寄り切りで勝って、13勝1敗とし、千秋楽を待たずに、初優勝を果たしました。

栃ノ心は今場所、得意の左上手を取っての力強い四つ相撲がさえて、序盤で大関2人に連勝し、7日目に鶴竜に敗れたものの、その後も白星を積み重ねていました。

平幕力士の優勝は平成24年夏場所の旭天鵬以来およそ6年ぶりで、ジョージア出身の力士の優勝は初めてです。

栃ノ心「最高の日になった」

大相撲初場所で初優勝を決めた栃ノ心は「本当にうれしい。こんな日が来るとは思っていなかったし、きょうは最高の日になった」と笑顔で喜びを語りました。

そして4年半前に右ひざの大けがで幕内から下まで落ちた経験を踏まえ、「けがで入院したときは辞めようと思うくらい落ち込んだこともあったが、けがが治り、稽古場におりて気持ちが前向きに変わった。ここまで応援してくれた皆さんに感謝しかない」と話していました。

スピード出世 そしてけがからの復活

栃ノ心はジョージア出身の30歳。日本に来る前は柔道やロシア生まれの格闘技、「サンボ」を学びました。

18歳の時の平成18年春場所で初土俵を踏み、恵まれた体格を生かした力強い四つ相撲で出世を続けました。初土俵から2年後の平成20年夏場所に新入幕を果たすスピード出世で、さらに平成22年名古屋場所では小結まで昇進しました。

その後も幕内に定着していましたが、平成25年名古屋場所の取組で右ひざのじん帯などを断裂する大けがを負い、4場所続けて休場、幕下にまで転落しました。

ここから栃ノ心は努力を重ね、復帰した場所から幕下と十両で4場所連続優勝、1年後には幕内に返り咲きます。

力強い四つ相撲はけがを経てさらに磨きがかかり、平成28年名古屋場所では自身最高位となる関脇にまで番付を上げました。

今場所はけがをした右ひざの状態もよく、立ち合いの鋭さも加わって序盤から白星を積み重ねていました。

平成以降の平幕優勝は9回目

大相撲の幕内で前頭に位置する力士が優勝する「平幕優勝」は平成に入って、今回の栃ノ心の優勝で9回目です。

最近の例では、平成24年の夏場所に旭天鵬が同じ平幕の栃煌山と史上初めての平幕どうしの優勝決定戦を制し、優勝を果たしました。旭天鵬は当時37歳8か月で、史上最年長での初優勝となりました。

その前は平成13年の秋場所にさかのぼり、1横綱3大関が休場する中で琴光喜が優勝しました。

平幕での優勝は番付が下位の力士であっても白星を重ねていけば横綱・大関との対戦が組まれるため、非常に難しいとされています。

一方で平成3年から4年にかけては世代交代の波もあって平幕の優勝が4回あり、のちの横綱 貴乃花となる貴花田も平成4年初場所で、前頭2枚目で初めての優勝を果たしています。

ジョージアで5か国目

ジョージア出身の栃ノ心が優勝し、出身国としては日本以外ではアメリカ、モンゴル、ブルガリア、エストニアに続いて5か国目となります。

外国出身の力士が初めて優勝したのは昭和47年の名古屋場所で、アメリカ・ハワイ出身の高見山でした。その後、平成に入り、小錦や曙、武蔵丸などハワイ出身の大型力士による優勝が相次ぎました。

平成14年九州場所でモンゴル出身の朝青龍が初優勝したあとは白鵬を含めたモンゴルの力士たちの優勝が多くの場所を占めるようになります。

一方でヨーロッパの力士たちも力をつけ始め、平成20年夏場所にはブルガリア出身の琴欧洲が初めて優勝しました。

平成24年初場所ではエストニア出身の大関 把瑠都が初優勝し、栃ノ心の優勝は日本とモンゴル以外では6年ぶりとなります。

大統領もツイッターで祝福「誇りに思う」

栃ノ心の出身地、ジョージアのマルグベラシビリ大統領は、「ジョージア人として初めて、ヨーロッパ人としては3人目となる優勝を誇りに思う」とツイッターに栃ノ心の写真とともに投稿し、初優勝を祝福しました。

故郷の母親「頑張った結果」

栃ノ心の出身地、黒海に面した国、ジョージアのムツヘタでは、家族や近所の人たちなどおよそ15人が栃ノ心の実家に集まり、取組の様子を見守りました。栃ノ心が寄り切りで勝って優勝が決まると、集まった人たちは拍手をしたり抱き合ったりして喜びを分かち合っていました。

母親のヌヌ・マルカラシビリさん(53)は「とても、とても、うれしいです。彼がここまで頑張ったので、いい結果が出ました。教会に行って神様に感謝の言葉を述べたいです。息子にはさらに昇進して成功してほしい。息子に『大好きだ』と言いたいです」と、うれしそうに笑顔で話していました。

[PR]
by daisukepro | 2018-01-28 08:29 | 大相撲改革

相次ぐ米軍事故に約束反故…それでも国会審議を拒否する安倍政権、安倍首相は「沖縄は我慢して受け入れろ」と暴言!

安倍首相 国会質疑は無視するが裏では沖縄にたいして“いざというときのために迷惑を受け入れろ”とネットテレビ(言論テレビ)で発言して二枚舌を使う、人柄はまったく信用できない(発見の同好会)

 なかでも、聴くに堪えない質問を連発したのが我那覇だ。我那覇は「人相のよい、かっこいい首相」「秋葉原の演説もたいへん感銘を受けた」とはしゃぎ、「沖縄の新聞ではいつも怖い顔で登場するんです。私たちは印象操作されてるなと思いまして」などと発言。その上、「安倍首相は日本国のタブー破りの先頭を切って強いリーダーシップを発揮してくださっている」「言論空間の歪んだ沖縄で、ほんとうに勇気を頂戴しておりますが、次にやらねばならないタブー破りは何になるんでしょうか?」と質問したのだ。

『ニュース女子』をはじめとする沖縄のデマを発信しつづけ、言論空間を歪めているのは間違いなく我那覇のほうだが、驚いたのは安倍首相の回答だ。安倍首相はもっともらしく「日本を守るため、国民の命と幸せな暮らしを守るために何をやるべきかを真剣に考えること自体が、タブーといえる領域だったのでしょうね」などと言い出し、挙げ句、「(在沖米軍の)訓練はときとして迷惑になることもありますが、それを受け入れてくれる人がいて初めて、いざというときに対応できる」と語ったのだ。

 これは沖縄の人たちに向かって“いざのときのために我慢して受け入れろ”と言ったのも同然ではないか。ヘリの墜落や保育園・小学校への部品の落下という国民の命の安全を脅かす重大事故が連続して起こっているというのに、こんなセリフを躊躇することもなく公言する。──新年のはじめから、怒りしか込み上げてこない。

 いや、そもそも、国会では約束していたはずの「丁寧な説明」もせず、「頼りにしています!」などと自分をもちあげてくれる女性たちに囲まれ、悦に浸って自分の主張を展開する総理大臣など、過去にいただろうか。もう恥ずかしすぎてとても直視できるような番組ではなかったが、年初からモリカケ問題などなかったことのように振る舞い、極右であることを隠そうとしない言動を繰り返しているのは、安倍首相が改憲に向けて振り切れた証拠だろう。

 今年、このように安倍首相がプロパガンダに邁進し、応援団を総動員することは必至。一体どんな年になってしまうのか……1年がはじまって1週間も経たないうちに頭が痛くなってくるが、だからこそ、安倍首相の動向には注意していくことが必要だ。


[PR]
by daisukepro | 2018-01-28 07:47 | 政治

栃ノ心 平幕優勝

大相撲初場所14日目(27日・両国国技館)単独首位の栃ノ心が松鳳山との平幕対決を寄り切りで制して1敗を守り、千秋楽を待たずに初優勝を決めた。ジョージア出身では初の制覇で欧州勢3人目。2012年夏場所の旭天鵬以来6年ぶりの平幕優勝で、新入幕から58場所での初制覇は貴闘力と並び4番目の遅さ。

 横綱鶴竜は大関高安に押し出されて4連敗で10勝4敗。高安は11勝目を挙げた。大関豪栄道は関脇御嶽海を寄り切って勝ち越した。

 十両は英乃海が4敗で単独トップ。

(共同)

 大相撲初場所14日目、栃ノ心関(奥)が松鳳山関を寄り切りで破り初優勝を決めた=27日、東京・両国国技館

 大相撲初場所14日目、栃ノ心関(奥)が松鳳山関を寄り切りで破り初優勝を決めた=27日、東京・両国国技館

この記事を印刷する


[PR]
by daisukepro | 2018-01-28 07:30 | 大相撲改革