2018年 01月 30日 ( 3 )

第45回アングレーム国際漫画祭で、漫画家楳図かずおさん(81)の「わたしは真悟」が「遺産賞」を受賞

 

c0013092_21424494.jpg
フランスで開かれた欧州最大規模の漫画の祭典、第45回アングレーム国際漫画祭で、漫画家楳図かずおさん(81)の「わたしは真悟」が「遺産賞」を受賞したことが30日、分かった。

 小学館によると、永久に残すべき作品と認められた漫画に与えられる賞で、日本人の漫画家による作品の受賞は3作目。同漫画祭は25日から28日まで開催された。

 「わたしは真悟」は、意思を持つようになったロボットが主人公のSF漫画。1982年から86年まで週刊ビッグコミックスピリッツに連載され、大人気となった。昨年、フランス語版が出版された。

(共同)

この漫画祭の表彰は主にバンド・デシネを対象にしていたが日本の漫画作品の紹介が進んだことにより、2000年頃より日本の翻訳作品のノミネートが増えている。2007年には水木しげるが日本人で初めて最高賞である最優秀作品賞を受賞、2015年には大友克洋が初の最優秀賞を受賞している。

過去の日本人受賞

 楳図かずおさん

 楳図かずおさん


[PR]
by daisukepro | 2018-01-30 21:25 | 文化

JCPサポーター

今の政治は、おかしい。変えられないのが悔しい。マジメな議員、練りあげた政策、コツコツ働く職員、支えてくれる党員、地方での地道な活動。リソースは全て揃ってる筈だった。でも気がつきました。足りないのはあなたでした。あなたのための政党に。 始まる。https://www.jcp.or.jp/supporter/



[PR]
by daisukepro | 2018-01-30 19:09 | お知らせ

欠陥だらけの国民投票法 328映画人九条の会学習会

c0013092_18294314.jpg

[PR]
by daisukepro | 2018-01-30 18:33 | お知らせ