2018年 04月 06日 ( 5 )

9条の会集会 いよいよ明日です

c0013092_01370497.jpg

[PR]
by daisukepro | 2018-04-06 12:38 | お知らせ

実力組織の暴走を許さないためにも安倍改憲の阻止が重要です。

主張

自衛隊日報隠ぺい

こんな組織 憲法に明記できぬ

 イラクに派兵された陸上自衛隊の日報が「あった」とされる問題で、陸自で見つかったのは実は1年以上も前だったことを小野寺五典防衛相が認めました。長期にわたって大臣などにも報告せず、国会答弁も訂正せず欺いていたというのは、「文民統制」(シビリアンコントロール)にも関わる重大問題です。情報隠ぺいや公文書改ざんが相次ぐ安倍晋三政権の強権体質に加え、ことは自衛隊という実力組織についての問題です。首相は自衛隊を憲法に明記する改憲を企てていますが、こんな自衛隊を憲法に書き込めばそれこそ暴走の歯止めがなくなります。

実力組織の暴走許さぬ

 「戦争の放棄」「戦力の不保持」などを明記した憲法9条や「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない」と記した66条に基づく「文民統制」の原則は、戦前の日本が軍部の暴走と政府がそれを抑えきれなかったため、戦争への道に突き進んだ教訓から生まれたものです。憲法は国会を「国権の最高機関」(41条)とも定めています。その後の軍拡路線や組織改編で「制服組」の発言権が強まるなど、原則は脅かされてきましたが、「文民統制」そのものは政府も否定しません。

 2日の記者会見でイラクに派兵された陸自の日報が今年1月に見つかったとのべた小野寺防衛相が、4日夕改めて記者会見し、前々日の説明を否定、陸自の研究本部で昨年3月に見つかっており、当時の稲田朋美防衛相などには報告されていなかったと発表したのは衝撃です。当時、「見つけることができませんでした」と答えた稲田氏の国会答弁もその間訂正されませんでした。陸自を統括する陸幕から自衛隊を統合運用する統幕を経て、小野寺防衛相に報告されたのは今年3月末だといいます。

 イラク派兵の日報が見つかった昨年3月は南スーダンPKO(国連平和維持活動)に派遣された自衛隊の日報が隠ぺいされていたことが発覚し、国会で大問題になっていた最中です。南スーダンPKOの日報隠ぺいでは昨年3月17日から特別防衛監察が始まります(7月に報告)。イラク派兵の日報を発見しても報告しなかった陸自の思惑はわかっていませんが、問題の拡大を懸念して意図的に隠ぺいしたとすれば極めて重大です。文字通り実力組織の暴走です。

 もともとこの問題では陸幕、統幕から小野寺防衛相への報告が3カ月近くもかかった遅れも問題になっています。少なくとも文民統制が機能せず、「文官」である稲田元防衛相や小野寺防衛相が自衛隊を掌握できていなかったとすれば深刻です。その結果、誤った国会答弁を1年以上訂正せず、国会と国民を欺き続けたのは議会制民主主義を破壊する許すことのできない暴挙です。稲田氏らの国会への喚問とともに、実力組織をコントロールできない安倍政権の責任追及が不可欠です。

安倍改憲を許さない

 安倍首相は憲法に自衛隊を明記する改憲に固執し、自民党に「自衛」のための「実力組織」として「自衛隊を保持する」という案をまとめさせ、国会での改憲発議を狙っています。自衛隊を明記し、お墨付きを与えれば、いよいよ歯止めがかからなくなります。

 実力組織の暴走を許さないためにも安倍改憲の阻止が重要です。


[PR]
by daisukepro | 2018-04-06 12:31 | 憲法

安倍内閣に政権運営能力なし イラク日報隠ぺい 防衛省文書改ざん 集中審議と関係者招致を 志位委員長が会見

安倍内閣に政権運営能力なし

イラク日報隠ぺい 防衛省文書改ざん

集中審議と関係者招致を

志位委員長が会見

 日本共産党の志位和夫委員長は5日、国会内で記者会見し、陸上自衛隊イラク派兵部隊の「日報」の存在を、陸自研究本部が昨年3月27日の時点で確認していたにもかかわらず、当時の稲田朋美防衛相らに報告していなかった問題について「安倍政権に政権運営能力がないことを示す、極めて深刻な事態だ」として、問題の徹底究明と内閣総辞職を求めました。


写真

(写真)記者会見する志位和夫委員長=5日、国会内

 志位氏は「自衛隊という強大な軍事組織が重大な情報を1年以上隠ぺいしてきたことは、きわめて恐ろしい事態だ。くわえて、安倍政権が軍事組織の情報を掌握できない、コントロールがきかない状況になっていることは、たいへん深刻だ」と指摘しました。

 志位氏は、昨年3月は、南スーダン派兵部隊の「日報」隠ぺいが問題になり、防衛省による内部調査・特別防衛監察が始まった時期だと強調。「特別防衛監察は3月17日に始まり、その10日後の27日にイラク『日報』の存在が確認されている。(イラク日報も)ただちに問題にするのが当然なのに隠し続けた。南スーダン『日報』隠ぺいで特別防衛監察が行われたが、何の反省もなく隠ぺいを繰り返した。深刻な隠ぺい体質が露呈している」と述べました。

 さらに志位氏は、共産党の穀田恵二国対委員長・衆院議員が独自入手して追及した防衛省文書の改ざん疑惑に触れ、「改ざんをした上で、黒塗りにして情報開示した疑いがある。改ざんを偽装するための黒塗りだったということであれば、これも非常に深刻だ」と力を込めました。

 志位氏は、「日報隠ぺいも、文書改ざん疑惑も、自衛隊の海外派兵の拡大のなかで起こっていることだ。真相の徹底究明が必要だ」と強調。集中審議と、稲田元防衛相、黒江哲郎元防衛事務次官、岡部俊哉元陸上幕僚長ら関係者の国会招致が必要だと主張しました。



[PR]
by daisukepro | 2018-04-06 12:27 | 政治

桜散り、裏庭は花ざかり、夜来の雨

裏庭の園芸12ヶ月 春ー9 桜散り、裏庭は花ざかり、夜来の雨

c0013092_08051005.jpg
c0013092_08054416.jpg
c0013092_08052600.jpg
c0013092_08061555.jpg
c0013092_08070900.jpg


[PR]
by daisukepro | 2018-04-06 08:11 | 裏庭の園芸12ヶ月

権力を持つ者がお友達にえこひいきをすることも許されることではありませんが、公文書管理がずさんに行われることは、この国の運命を変えてしまうようなことなのです。


KIM KYUNG HOON / REUTERS

森友学園の問題が、いまだに国会で論議されています。「もういい加減にしたらどうか」という声も聞きます。いったい何が問題なのでしょうか。

まずは、国民の大事な国有財産の値引きが正当だったかどうか。9億円以上の土地が約8億円値引きされましたが、その原因であるゴミの撤去費用が正確ではなかったことが問題です。

その前に、財務省の職員が、予算がないという理由で、ゴミの撤去をせずに業者に埋め戻させた土地を学校法人に貸したことも問題です。

大阪府の規則では、借入の土地では学校認可の許可がおりないのに、大阪府も財務省も簡単に規則の例外をつくっています。

そして、財務省が学校側の要求通りの値引きに応じて、手続きを進めていく不自然さの背景に、安倍総理や昭恵夫人の関与があったかどうか、昭恵夫人付きの谷秘書の役割はどうだったのか。

最後に、昨年2月の「総理自身や昭恵夫人の関与があれば、総理も議員も辞職する。」との総理答弁との整合性を保つために、公文書を改ざんしたのかどうか。そうだとすれば、それは誰の指示だったのか。

公文書の偽造、変造は10年以下の懲役という重い罪に問われます。役所にとって神聖な決裁文書の改ざんは役人の発想にはありません。良いことではありませんが、黒塗りで出せば済むというのが役人の考えることです。政治家を含む大きな力が上から働かなければ、14文書、300か所の改ざんはあり得ないというのが、霞が関の常識です。

安倍内閣では、まだ政治家が責任を取っていません。再発防止の提案もおざなりです。責任の所在を明らかにし、公文書管理の見直しをすべきです。

日本の役人には、公文書が歴史資料であるという認識がありません。2009年に公文書管理法が制定されても、「仏作って魂入れず」の状況が続いています。

国立公文書館の体制を見れば一目瞭然です。アメリカでは職員が約2500人、カナダで660人に対して日本はわずかに42人です(2003年「諸外国における公文書等の管理・保存・利用等に係る実態調査報告書」)。

安倍総理は、電子決済の活用を指示したと胸を張っていますが、それは最低限のハードルです。保存を義務付ける役所内の行政文書の範囲を広げ、政治家との交渉記録、eメールや電子データそのものを保存させるべきです。

PKO南スーダンの日報問題や今回の決裁文書改ざん問題などは、公文書管理がしっかり行われていれば起こりえなかった事件です。政府が国民の代表である国会をあざむくという日本の民主主義が足元から崩壊するような重大な問題なのです。

政治家が、この問題の責任を取った上で、速やかに公文書管理法を改正し、霞が関の意識改革を進めなければなりません。

権力を持つ者がお友達にえこひいきをすることも許されることではありませんが、公文書管理がずさんに行われることは、この国の運命を変えてしまうようなことなのです。



[PR]
by daisukepro | 2018-04-06 07:50 | モリカケ事件 総理大臣の犯罪