2018年 04月 11日 ( 7 )

隠蔽・改ざん・捏造 全て安倍政治の核心部分で起きている大問題 小池書記局長が会見

隠蔽・改ざん・捏造 全て安倍政治の核心部分で起きている大問題

小池書記局長が会見

 日本共産党の小池晃書記局長は10日、国会内での会見で、安倍晋三政権のもとで改ざん、隠蔽(いんぺい)、捏造(ねつぞう)という国政の土台を揺るがす大問題が噴出していることについて「全て安倍政治の核心に関わる部分で起きている問題だ」と指摘し、「徹底的に追及し、本腰を入れて全力で安倍政権を倒す野党の構えをつくっていく」と表明しました。

 小池氏は、自衛隊がイラク「日報」を隠蔽していた問題について、憲法に反して「海外に自衛隊を出していく安倍政権の大きな方針との関係で日報が出てきたら困る。だから隠した」と指摘しました。「森友・加計」疑惑についても「安倍首相あるいは首相夫人の疑惑であり、首相自らの進退に関わる問題だから隠さざるを得なかった」と強調。さらに安倍政権が「働き方改革」を目玉政策に掲げるもとで、裁量労働制をめぐるデータ捏造に至った問題にも言及しました。

 小池氏は「これを認めてしまったら安倍政権自体が倒れるという安倍政治の核心に関わる問題で疑惑が出ている。だからこそ必死に覆い隠すため、全て隠蔽する態度にでてきている」と述べ、これらの問題を徹底的に追及し、野党が結束して安倍政権打倒に全力をつくしていく決意を表明しました。



[PR]
by daisukepro | 2018-04-11 10:28 | モリカケ事件 総理大臣の犯罪 

首相の進退にかかわる関係者の証人喚問を 「首相案件」文書 小池書記局長が表明

首相の進退にかかわる関係者の証人喚問を

「首相案件」文書 小池書記局長が表明

写真

(写真)記者の質問に答える小池晃書記局長=10日、国会内

 日本共産党の小池晃書記局長は10日、学校法人「加計学園」の国家戦略特区での獣医学部新設(愛媛県今治市)が“特例”で認められた問題をめぐり、2015年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が今治市職員や学園幹部らとの面会で「本件は、首相案件」と述べたと記した文書の存在が報道されたことについて、「明らかに首相が関与していたことを示す文書だ」と指摘し、真相解明のため関係者の証人喚問を求めると表明しました。国会内で記者団の質問に答えました。

 小池氏は、17年1月20日に加計学園の獣医学部新設が決まるまで新設計画を“知らなかった”とする安倍晋三首相の答弁自体が「虚偽だった可能性も出てきている」として、「ことは『首相案件』で、首相の責任そのものが問われる重大問題だ」と指摘しました。

 また首相官邸の関与に関し、柳瀬氏や内閣府審議官だった藤原豊氏が参考人として行った国会答弁は虚偽だった疑いが強いとして、「参考人でなく、ウソの証言をすれば偽証罪に問われる証人喚問で問いただす必要がある。加計孝太郎理事長の証人喚問も含め、徹底解明が必要だ」と強調しました。

 小池氏は「安倍首相の進退にかかわる重大な疑惑であり、一刻も早く責任を認めて辞めるべきだ。内閣総辞職を引き続き求める」と表明しました。



[PR]
by daisukepro | 2018-04-11 10:26 | モリカケ事件 総理大臣の犯罪 

加計新設へ官邸指南 “要請は総理官邸から聞いている” 本紙入手面会記録 内閣府の藤原次長(当時)

加計新設へ官邸指南

“要請は総理官邸から聞いている”

本紙入手面会記録 内閣府の藤原次長(当時)

 学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐり、愛媛県、今治市の担当者と学園事務局長らは2015年4月2日午前に、内閣府の藤原豊・地方創生推進室次長(当時)と会い「要請の内容は総理官邸から聞いており」「政府としてきちんと対応していかなければならない」と言われていたことが、本紙が入手した面会記録で分かりました。同日午後には、首相官邸で柳瀬唯夫首相秘書官(当時)から「本件は、首相案件」と伝えられており、同じ日に官邸側が強力な後押しをした形です。


図

(写真)愛媛県、今治市の担当者と加計学園事務局長らと面会した際の藤原豊・内閣府地方創生推進室次長(当時)の発言記録

 藤原氏との面会記録は柳瀬氏の記録と同じく愛媛県が作成し、内閣府など複数の政府関係者に配布したもの。

 面会した日は、今治市が国家戦略特区で獣医学部新設の規制緩和を申請する2カ月ほど前です。今治市はそれまで構造改革特区による規制緩和を15回にわたり申請していましたが、獣医師の需要が足りていることから実現していませんでした。

 記録によると藤原氏は「要請の内容は総理官邸から聞いており、県・今治市がこれまで構造改革特区申請をされてきたことも承知」と説明。「政府としてきちんと対応していかなければならない」「県・市・学園と国が知恵を出し合って進めていきたい」と語ったとされています。

写真

(写真)首相秘書官だった柳瀬唯夫氏(右)と内閣府地方創生推進室次長だった藤原豊氏(左)=2017年7月25日、参院予算委員会

 記録には「国家戦略特区の手法を使って突破口を開きたい」と藤原氏が述べるなど、政府側が獣医学部新設を実現する方法を、詳しく指南していたことも記載されています。

 藤原氏は「ポイントを絞ってインパクトのある形で、2、3枚程度の提案書案を作成いただき、早い段階で相談されたい」と提案。獣医学部新設に反対していた日本獣医師会と「真っ向勝負にならないよう、既存の獣医学部と異なる特徴」を出すように勧めていました。

 実際に、今治市は、15年6月5日に開かれた国家戦略特区ワーキンググループのヒアリングで3枚のカラー資料を提示。「国際水準の獣医学教育特区」などとして、従来の獣医学教育との違いを強調していました。

 藤原氏は「かなりチャンスがあると思っていただいてよい」とも説明。構造改革特区で何度も却下された規制緩和提案を、一官僚が太鼓判を押してすすめるのは異様で、官邸の意向をうかがわせる内容となっています。

 安倍晋三首相はじめ内閣府は、“加計ありき”で獣医学部新設が進んできたことを否定してきました。しかし、面会記録のやりとりには、加計学園が大前提だったことが明確に記されています。

“決定的内容 喚問しかない”

「首相案件」報道受け前川氏コメント

 文部科学省の前川喜平前事務次官は、「加計学園」の獣医学部新設で2015年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が「本件は、首相案件」と述べたとされる問題で10日、参院議員会館内で記者団の取材に応じ、次のように述べました。

写真

(写真)記者の質問に答える前川喜平前文科省事務次官=10日、参院議員会館

 かなり決定的な内容です。2015年4月2日の時点で、すでに“加計ありき”で“加計隠し”が始まっていることを示す資料です。4月2日の会合で政府側は、構造改革特区はあきらめて国家戦略特区に切り替えましょうと提案しています。国家戦略特区ではじめから加計学園の獣医学部をつくらせるためにすべてのお膳立てをしていたことが分かります。

 また首相の意思表示がなければ「本件は、首相案件」などと絶対に言わない。首相秘書官は、事前に首相の了解や指示がなければ官邸で客と会いません。首相秘書官が官邸で会うということは首相の名代ということです。後で首相に報告もします。

 これまで政府はどんな文書が出てきても「記載の内容は事実ではない」と答弁してきました。今回も事実ではないと政府がいうのであれば、証人喚問しか方法はないでしょう。柳瀬氏や内閣府の藤原豊・地方創生推進室次長(当時)、加計孝太郎・加計学園理事長など事情を知っている人はたくさんいます。



[PR]
by daisukepro | 2018-04-11 10:24 | モリカケ事件 総理大臣の犯罪 

加計疑惑 獣医学部新設は「首相案件」 首相秘書官との面談記録に記載 “加計ありき”否定 虚偽答弁か

加計疑惑 獣医学部新設は「首相案件」

首相秘書官との面談記録に記載

“加計ありき”否定 虚偽答弁か

 学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐり2015年4月に、愛媛県、今治市の担当者と同学園事務局長が、官邸で柳瀬唯夫首相秘書官(当時)に面談した際の記録を本紙は入手しました。記録によると柳瀬氏は「本件は、首相案件」と発言。安倍晋三首相が加計孝太郎学園理事長と会食した際に、獣医学部新設について話し合ったことがうかがわれる記述もあります。当初から学園を前提に獣医学部新設を進めてきたことを示す内容であり、“加計ありき”を国会で否定してきた安倍首相の虚偽答弁が問われる事態になりました。(三浦誠)(関連記事)


 関係者によると記録は、内閣府など複数の省庁に配布されているといいます。愛媛県の中村時広知事は10日、記者会見でこの記録を同県職員が作成したことを認めました。

 面談したのは15年4月2日午後3時で、今治市が国家戦略特区に獣医学部新設の規制緩和を申請する2カ月ほど前。記録によると、柳瀬氏は「本件は、首相案件となっており、内閣府藤原次長の公式のヒアリングを受けるという形で進めていただきたい」と発言しました。

 藤原氏とは、国家戦略特区を担当していた藤原豊・内閣府地方創生推進室次長(当時)のこと。文部科学省の担当者に、「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」と獣医学部新設の圧力をかけた官僚でもあります。

 藤原氏は実際に、今治市が提案した15年6月5日の国家戦略特区ワーキンググループのヒアリングにも出席。この会合には加計学園幹部も同席していましたが、議事録に載せないなど隠ぺいされていました。

 記録には「加計学園から、先日安倍総理と同学園理事長が会食した際に、下村(博文)文部科学大臣(当時)が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があった」との記載も。国家戦略特区申請以前に安倍首相が加計理事長から獣医学部新設を聞いていたことがうかがわれる内容です。

 安倍首相は昨年7月の衆院予算委員会で、学園の意向を知ったのは、事業者に決まった昨年1月20日だったと答弁。これらが虚偽答弁だった疑いが強まりました。

 また安倍首相は「私が関与したと言った人は一人もいない」としてきましたが、こうした姿勢も問われます。

 文科省の前川喜平前事務次官は10日、記者団に対し、首相秘書官は首相の名代であり、首相の了承と報告ぬきに官邸で面会することはありえないと指摘しています。

 柳瀬氏は同日、「記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」とコメント。同氏は昨年7月の国会でも面会について「記憶がございません」を連発していました。

図

(写真)愛媛県、今治市の担当者と加計学園事務局長らと面会した際の柳瀬唯夫首相秘書官(当時)の発言記録



[PR]
by daisukepro | 2018-04-11 10:21 | モリカケ事件 総理大臣の犯罪 

加計問題「首相案件」の記録、ホントに「あり得ない」? 時系列で見てみると

加計問題「首相案件」の記録、ホントに「あり得ない」? 時系列で見てみると…。

獣医学部新設をめぐる経緯を振り返ってみよう。

KAZUKI WATANABE

「加計学園」問題が、新たな局面をむかえた。

朝日新聞が4月10日、愛媛県が作成したとされる「記録文書」の存在を報じた。その文書には2015年4月2日、愛媛県や今治市の職員、学園幹部と面会した柳瀬唯夫・首相秘書官(当時)が「本件は、首相案件」などと述べたことが記されていた

これに対し柳瀬氏(現:経済産業審議官)は「自分の記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」「具体的な地点の選定手続きは、私が総理秘書官の職を離れてかなり時間が経ってから」「外部の方に対して、この案件が首相案件になっているといった具体的な話をすることはあり得ない」などと、朝日新聞が報じた文書の内容を否定した。

野党側は、獣医学部の新設が「加計ありき」で進められたとして、政府を追及する方針だ。

ではここで、加計学園の獣医学部新設をめぐる経緯を振り返ってみよう。

■2007年(〜14年11月) 愛媛県、今治市が獣医学部新設を提案

首相官邸
【資料1】提案事項管理番号一覧(2014年1月)

愛媛県と今治市は「構造改革特区」での学部新設を15回提案。いずれも却下。

■2012年 第2次安倍政権が発足

BLOOMBERG VIA GETTY IMAGES
​​​​​​

■2013年 愛媛県側、獣医学部新設の規制緩和を要望

●5月上旬
安倍首相、加計孝太郎氏(加計学園理事長)、萩生田光一氏らが河口湖畔でバーベキュー

「はぎうだ光一の永田町見聞録」より

●5月8日
教育再生実行会議で、加戸守行・前愛媛県知事が獣医学部の規制緩和を要望

●5月24日
安倍首相のミャンマー訪問に加計氏が同行

●11月
安倍首相、都内で加計氏らと食事

■2014年 安倍首相、加計氏らと複数回食事

●6月、12月
安倍首相、都内で加計氏らと食事

■2015年 愛媛県、今治市、学園関係者が首相官邸を訪問

ANADOLU AGENCY VIA GETTY IMAGES

4月2日
・朝日新聞(2018年4月10日朝刊)が報じた文書によると、愛媛県、今治市、加計学園の各担当者が首相官邸を訪問。柳瀬首相秘書官(当時)らと面会。

・東京新聞(2018年4月10日朝刊)によると、藤原豊・地方創生推進室次長(当時)が愛媛県、今治市、加計学園の各担当者と面会し、以下のように助言したという。

「要請の内容は総理官邸から聞いている」
「政府として、きちんと対応しなければならない。知恵を出し合って進めていきたい」
「これまでの事務的な構造改革特区とは異なり、国家戦略特区の手法を使って突破口を開きたい」
「二、三枚程度の提案書を作成していただき、早い段階で相談してほしい」

4月13日 
愛媛県、4月2日の「面会」についての記録文書を作成。

この文書では、柳瀬氏の主な発言として、「本件は、首相案件となっており、内閣府藤原次長の公式のヒアリングを受けるという形で進めていただきたい」「自治体がやらされモードではなく、死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件」と記している(朝日新聞2018年4月10日朝刊)。

6月4日
愛媛県、今治市が国家戦略特区での学部新設を提案

●6月30日
「日本再興戦略」の改訂を閣議決定。「4条件」を付した「獣医師養成系大学・学部の新設検討」が盛り込まれる

●8月、9月
安倍首相、山梨県内で加計氏らと食事、ゴルフ

●12月24日
安倍昭恵氏がFacebookに安倍首相と加計氏らが懇談する写真を投稿

安倍昭恵氏のFACEBOOKより

■2016年 文科省は獣医学部新設に慎重姿勢

KEI YOSHIKAWA/HUFFPOST JAPAN

●1月29日
今治市、国家戦略特区に指定される

●3月18日
安倍首相、都内で加計氏らと食事

●3月24日
京都府が国家戦略特区での獣医学部新設を提案

●7月21日〜22日
安倍首相、山梨県内で加計氏らと食事・ゴルフ

●8月10日
安倍首相、山梨県内で加計氏、秘書官らと食事

●8月11日
安倍首相、山梨県内で加計氏らとゴルフ

●9月16日
文科省、国家戦略特区ワーキンググループで「具体的な需要が明らかになってから検討」と獣医学部新設に慎重な姿勢示す。

●9月21日
国家戦略特区今治市分科会の初会合。今治市側が獣医学部新設の構想を説明

●9月26日
内閣府、文科省の関係者が打ち合わせ。文科省、2018年4月の獣医学部開設が前提だと「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」などと内閣府から伝えられたという文書を作成。

●10月2日
安倍首相、都内で加計氏らと食事

●11月9日
国家戦略特区諮問会議で「広域的に存在しない地域」での学部新設を認める方針が決まる

●12月24日
安倍首相、都内で加計氏らと食事

■2017年 「加計問題」が明らかに

時事通信社

●1月4日
内閣府と文科省、今治市での獣医学部新設を特区に認定。事業者の公募を開始。

●1月20日
唯一の応募者だった加計学園に決定
・安倍首相は加計学園の学部新設計画について、この時に初めて知ったと説明(2017年7月25日、参院予算委員会で答弁)

●5月17日 朝日、加計問題で「総理のご意向」報道

朝日新聞社
朝日新聞2017年5月17日朝刊

・朝日新聞が加計学園の獣医学部新設をめぐり、「総理のご意向」「官邸の最高レベル」などと記された文書の存在を報道。「加計問題」めぐる報道が始まる
・菅義偉官房長官「全く、怪文書みたいな文書じゃないか。出どころも明確になっていない」と文書の存在を否定

●5月22日
読売新聞が前川喜平氏(前文科事務次官)について「出会い系バー通い」と報道。「教育行政のトップとして不適切な行動」などと伝えた

●5月25日
前川氏、加計学園を前提に獣医学部新設の検討が進んだとして「行政がゆがめられた」。朝日新聞がインタビューを伝える

●6月15日 文科省、「総理のご意向」文書の存在認める

時事通信社

松野博一文科相(当時)、加計学園の手続きをめぐり「総理のご意向」「官邸の最高レベル」などと記された文書14通の存在が確認されたと発表。

●7月10日 国会・閉会中審査で加計学園問題を議論
・前川氏 「平成30年4月開学が大前提だった」「初めから加計学園に決まるよう進めてきたとみえる」
・加戸氏「『加計ありき』と言うが、12年前から声をかけてくれたのは加計学園だけ」「愛媛県にとって12年間、加計ありき。ここ1〜2年の間で『加計ありき』ではない。愛媛県の思いが、この加計学園の獣医学部に詰まっている」

●11月14日
林芳正・文科相、加計学園の獣医学部の新設を認可

■2018年 加計学園の獣医学部、開学

時事通信社
学校法人「加計学園」の岡山理科大学獣医学部の入学式=3日、愛媛県今治市 

●4月3日
加計学園、岡山理科大・獣医学部で入学式

●4月10日
朝日新聞が愛媛県が作成したとされる「記録文書」の存在を報道

■そして、今後は...

4月11日、国会では予算委員会で集中審議が開かれる。森友学園をめぐる財務省の文書改ざんや、防衛省による日報の隠蔽疑惑など公文書管理の在り方が問題となっている中、新たに加計学園をめぐる文書が焦点となったことで、野党側はさらに攻勢を強めるものとみられる。

【UPDATE】愛媛県知事、"首相案件"文書の存在認める「職員の備忘録」(2018/04/10 18:33)
加計学園の愛媛・今治市での獣医学部新設計画をめぐり、愛媛県が作成したとされる「記録文書」の存在が判明した問題で、中村時広・愛媛県知事が「職員が備忘録として書いたことは間違いない」と、文書の存在を認めた。(詳細は⇒こちら


[PR]
by daisukepro | 2018-04-11 08:34 | モリカケ事件 総理大臣の犯罪 

愛媛県知事、加計問題で“首相案件”文書の存在認める「備忘録として書いたことは間違いない」

愛媛県知事、加計問題で“首相案件”文書の存在認める「備忘録として書いたことは間違いない」

当時の首相秘書官は「ありえない」と否定しているが、愛媛県知事は「職員の書類は全面的に信頼している」と述べた。

時事通信社/HUFFPOST JAPAN
愛媛県の中村時広知事(左)と朝日新聞2018年4月10日朝刊

加計学園の愛媛・今治市での獣医学部新設計画をめぐり、愛媛県や今治市の職員らが2015年4月に柳瀬唯夫・首相秘書官(当時)と面会した際、愛媛県が作成したとされる「記録文書」の存在が判明した問題で、中村時広・愛媛県知事が4月10日に記者会見し、問題の文書が存在していたことを認めた

中村知事は会見で、県庁職員へのヒアリングの結果「当時の担当職員が、(面会内容を)会議で口頭説明するための備忘録として作成した文書」と明らかにした。

中村知事によると「保管義務がないため、文書そのものは県庁で確認できていない。(残って)ないということ」と説明。現時点で、原本やデータは確認できていないという。

■「備忘録として書いたことは間違いない」

KAZUKI WATANABE

この文書をめぐっては、朝日新聞が4月10日朝刊1面で報道。柳瀬氏が「本件は、首相案件」などと述べたと記されていたと伝えた。

中村知事は「(文書の)中身についてコメントはしない」とする一方、「(朝日新聞の1面に)出ている範囲については、担当者本人が備忘録として書いたことは間違いないと認めた」と発言。「首相案件」と記された文書が存在したことを事実上認めた。

安倍首相の関与の有無については「わかりません。コメントしようがない」と述べた。

■柳瀬氏は「あり得ない」と否定。一方、愛媛県知事は「職員の書類を信頼」

文書をめぐって、柳瀬氏(現:経済産業審議官)は内容を否定。「自分の記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」「外部の方に対して、この案件が首相案件になっているといった具体的な話をすることはあり得ない」などとコメントしている。

一方、中村知事は会見の中で「県の職員は文書をいじる必然性は全くない」「県庁職員は真面目な職員。しっかりと、報告のために記述したものであることは間違いない」とした上で、「職員の上げてきた書類は、私は全面的に信頼している」と述べた。


[PR]
by daisukepro | 2018-04-11 08:29 | モリカケ事件 総理大臣の犯罪 

加計学園「首相案件」文書 野党が元首相秘書官の証人喚問を要求へ

加計学園「首相案件」文書 野党が元首相秘書官の証人喚問を要求へ

元首相秘書官のほか、当時内閣府地方創生推進室次長だった藤原豊・現経済産業省貿易経済協力局審議官の証人喚問も求める。

HUFFPOST JAPAN

元首相秘書官の証人喚問、野党要求へ 「首相案件」文書

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設について、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)の発言を記した愛媛県作成の文書が存在した問題で、立憲民主党など野党6党の国会対策委員長は10日、国会内で会談し、柳瀬氏らの証人喚問を求める方針で一致した。野党は「柳瀬氏や安倍晋三首相の虚偽答弁の疑いが濃厚になった」として追及を強めている。

 野党6党は、国家戦略特区を担当していた柳瀬氏のほか、当時内閣府地方創生推進室次長だった藤原豊・現経済産業省貿易経済協力局審議官の証人喚問も求める。

 問題の文書は、2015年4月、愛媛県や同県今治市の職員、加計学園幹部が柳瀬氏らと面会した際に愛媛県が作成したとされる文書。柳瀬氏はこの面会について、昨年7月の参院予算委員会で「私の記憶する限りはお会いしていない」と複数回、答弁している。

 立憲の辻元清美国対委員長は柳瀬氏らの証人喚問を求める理由について、「加計問題について二人とも国会で虚偽の答弁をしたのではないか。総理の意思が強く働いたのではないか、事実を語っていただく必要がある」と強調。同日午後に自民党の森山裕国対委員長と会談し、証人喚問の要求を伝えた。

 希望の党の泉健太国対委員長は「国会審議において役所から出てくる資料を信用できる環境にはない非常事態だ。深刻な局面だと認識を一致した」と語り、野党で連携して国会対応に当たる考えを示した。

 加計学園による獣医学部新設について、柳瀬氏が「首相案件」と語ったと記録された文書の存在が明るみに出たことで、野党は「明らかに安倍首相が関与していたことを示すものだ。首相の進退に関わる重大な疑惑となってきている」(共産党の小池晃書記局長)、「加計ありきだった疑いがさらに濃厚になった」(社民党の又市征治党首)と批判を強めている。

 10日午前には野党6党の合同ヒアリングを開き、文書の存否を内閣府や文部科学省などの担当者にただした。政府側が「愛媛県に確認を求めている」(内閣府)とくり返したため、事実確認のためにいったん中断し、午後5時から再開する。

(朝日新聞デジタル 2018年04月10日 17時05分)


[PR]
by daisukepro | 2018-04-11 08:26 | モリカケ事件 総理大臣の犯罪