2018年 08月 03日 ( 7 )

こけたレポート52 蝉2018

こけたレポート52 

日々5000歩のリハビリ自主トレ 289日目。ビデオで送る、ジジイの近況、生産性ゼロです。
日中に出歩くと熱中症の危険が。ニイニイゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツク法師、カナカナとヒグラシが鳴く。長渕剛の蝉はチクショウと鳴く。
生き急ぐように一斉に鳴く。 異常だ。気候変動のせいだろうか。サルスベリ、むくげの花咲く、この頃です。

[PR]
by daisukepro | 2018-08-03 22:01 | コケタレポート

障害年金 支給 複数医で審査も 厚労省が見直し通知

障害年金 支給 複数医で審査も

厚労省が見直し通知

 厚生労働省は2日までに、障害年金の支給の可否を判定する審査事務で、判断が難しい事例については複数の認定医であたることなどを日本年金機構に通知しました。

 障害年金支給の審査方法は、障害者から提出された診断書や病歴・就労状況等申立書などの書類審査です。

 通知は「障害年金の審査は、障害認定基準に基づき、一件一件丁寧に、認定医が医学的に総合判断」するものだと指摘。判断の公平性の確保のために、次の2点に取り組むよう指示しています。

 (1)認定基準のうち客観的な基準のみでは必ずしも判断が容易ではなく、認定医の医学的な総合判断を特に要する障害の事例は、担当の認定医のみならず、他の認定医の意見も聞いて判断すること

 (2)認定医の医学的な総合判断を特に要する事例については、障害の分野別に認定医による会議を開き、認定医間の審査基準に対する認識の統一を図ること

 障害の程度が変わらないのに年金支給が打ち切られるケースが相次ぎ、認定基準や審査方法の見直しを求める声が広がり、厚労省も対応を約束していました。

 日本共産党の高橋千鶴子衆院議員は国会質問で、打ち切られた障害者の年金支給の復活とともに、必要とする障害者に必ず支給するという立場で、生活実態も踏まえて審査するなど抜本的な改善を求めていました。



[PR]
by daisukepro | 2018-08-03 20:30 | 貧困なくすための政治

障害年金 支給 複数医で審査も 厚労省が見直し通知

障害年金 支給 複数医で審査も

厚労省が見直し通知

 厚生労働省は2日までに、障害年金の支給の可否を判定する審査事務で、判断が難しい事例については複数の認定医であたることなどを日本年金機構に通知しました。

 障害年金支給の審査方法は、障害者から提出された診断書や病歴・就労状況等申立書などの書類審査です。

 通知は「障害年金の審査は、障害認定基準に基づき、一件一件丁寧に、認定医が医学的に総合判断」するものだと指摘。判断の公平性の確保のために、次の2点に取り組むよう指示しています。

 (1)認定基準のうち客観的な基準のみでは必ずしも判断が容易ではなく、認定医の医学的な総合判断を特に要する障害の事例は、担当の認定医のみならず、他の認定医の意見も聞いて判断すること

 (2)認定医の医学的な総合判断を特に要する事例については、障害の分野別に認定医による会議を開き、認定医間の審査基準に対する認識の統一を図ること

 障害の程度が変わらないのに年金支給が打ち切られるケースが相次ぎ、認定基準や審査方法の見直しを求める声が広がり、厚労省も対応を約束していました。

 日本共産党の高橋千鶴子衆院議員は国会質問で、打ち切られた障害者の年金支給の復活とともに、必要とする障害者に必ず支給するという立場で、生活実態も踏まえて審査するなど抜本的な改善を求めていました。



[PR]
by daisukepro | 2018-08-03 20:30 | 貧困なくすための政治

真夏の夜のパソコン故障 18/08/01

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

真夏の夜のパソコン故障 18/08/01

明日へのうたより転載

 8月になった。声がガラガラだ。多分一晩中つけているエアコンのせいだと思う。熱がでたり咳がひどいわけではないので悪性の夏風邪ではなさそうだが、電話するにも支障をきたしている。昨夜どのくらい声が出ないか試してみた。「あいうえおかきくけこ」は低音でガラガラ声ながら何とか言えた。

 次に「旅姿三人男」を歌う。「清水港の名物はお茶の香りと男伊達」ここまではなんとか歌えた。次の「見たか聞いたか・・・」が出ない。声が裏返って無理に出そうとすると苦しい。そのうち「なんでおれはこんな馬鹿らしいことやってんだ」と思い当たって小便をして寝た。

 深夜午前2時、例によって目が覚めてしまう。寝る時は大抵酔っぱらっている。3時間も眠ると酔いが醒めて眼も覚める。一度目が覚めてしまうとなかなか寝付けない。そこで冷たい麦茶を飲んでパソコンに向かった。インターネットエクスプローラーをクリックしたら「ネットワークに接続されていません」。

 画面の右下にあるインターネットアクセスの扇型の標識が消えて×が点いている。以前やはりインターネットにつながらなかった時、ここをクリックして接続したことがある。以前と同じ画面が出たので「接続」という文字をクリックした。以前はそれでつながったのだが今回は駄目だ。

 画面の細長い枠へ「ネットワークセキュリティ」を入力しろという。この「ネットワークセキュリティ」というのが何のことか分からない。試しにメールアドレスやなんやかや思いつくものを次々入れてみたがもちろん無駄骨。トラブルシューティングというのを開いてそこで指摘されていること、例えば機器の電源や接続コードの点検などもしたが全部空振り。もう意地になる。気が付いたら午前4時だった。

 翌日、思い余ってパソコンを設定してくれた甥っ子に助け舟依頼の電話をした。おれのくだくだした事情説明を聞いていた彼は「トラブルシューティングの言ってることはすべて無視していいです。おじさん、テレビの脇の本棚の隅にルーターがあるでしょう」という。受話器を持ったまま探したらルーターなるものがすぐ見つかった。コードが何本もつながっているA5版くらいの薄い器具だ。

 「その裏に記号が書いてあるはずです」というのでルーターの裏を見たら「pr500-d3b7be-1」という記号とそれに対応する13字の半角英数字が「暗号」として記されてあった。「それをネットワークセキュリティの枠に入力して接続をクリックしください」と甥っ子。その通りにしたら見事にインターネットがつながった。おかげでこうやってブログを更新している。持つべきはパソコンに詳しい甥っ子だ。
 

 

 パソコン


[PR]
by daisukepro | 2018-08-03 13:08 | 高齢者のためのパソコン インターネット

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 地球上の空気が薄くなる日 18/07/30

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

地球上の空気が薄くなる日 18/07/30

明日へのうたより転載

 夜中に息苦しくなって目が覚めた。熱帯夜のせいもあるが、直接的には鼻づまりだ。指を鼻の穴に突っ込んで鼻糞の塊をとったら少しは楽になった。それにしても必要な空気が十分に肺に送り込めないというのは人を不安に陥れる。死亡率の第一位は肺がんだというがおれは呼吸困難で死ぬのだけは嫌だな。

 話は飛ぶが、台風12号が日本列島を東から西へ縦断した。これまで日本を襲うった台風とは逆の、常識を覆すコースだという。今年の7月は超高温が続き、関西から中国、四国にまたがる広範囲の地域に深刻な水害をもたらした。地球の温暖化にともなう世界的な異常気象の影響だと思われる。

 おれが心配するのは異常気象と空気との関係だ。今おれたちは無意識に呼吸している。もし空気がなくなったら2分もしないで人類は死滅する。一気になくならないとしても、例えば排気ガス等の環境汚染により酸素が徐々に足りなくなる現象は既に世界中で起こっている。それも心配だがおれは空気そのものが地球上に不足してくるんじゃないかと杞憂かも知れないが恐れている。

 おれたちが無意識に空気を吸って生きていられるのは、地球が大気に覆われているからだ。同じ大気圏でも高度差によって空気の濃度(酸素濃度)が異なる。平地(海抜0メートル)を100とすれば、1000メートルで88、2000メートルで78、3000メートルで68、5000メートルでは53になり、エベレスト頂上(8820メートル)になると平地の30%程度の濃度しかない。高度順応型に鍛錬した人間でも、日常的に暮らしていける限界は3000メートルだと言われている。

 このまま地球温暖化、異常気象が進行すると、しまいには空気の濃度に影響が出てくるのではないか、というのがおれの心配だ。詳しくは知らないが、空気は緑の森が炭酸ガスを吸って酸素を吐き出してくれるから濃度を保っているはずだ。地球規模の環境破壊で緑はどんどん失われている。酸素濃度を保つ自然のシステムに狂いが生じ、もし今の濃度の70%になったとすれば人類はどうなるか。

 昔は空気と水は無料(ただ)と言われた。今飲料水はほとんどの人が市販のミネラルウォーターに頼っている。水はただではなくなった。そのうち空気が薄くなると酸素ボンベが生存の条件になるんじゃないかな。渋谷の駅前交差点を酸素ボンベを背負った若者が黙々と渡っている光景もあながち幻視と言い切れないのではないか。熱帯夜の寝苦しい夜、そんな悪夢に襲われる。ああいやだいやだ。

 
 


[PR]
by daisukepro | 2018-08-03 13:01

安保法制愛知違憲訴訟提訴 名古屋地裁 法成立後の自衛隊行為も問う 益川氏も参加

安保法制愛知違憲訴訟提訴 名古屋地裁

法成立後の自衛隊行為も問う

益川氏も参加

写真

(写真)名古屋地裁(左の建物)に入る原告ら=2日、名古屋市中区

 安保法制は違憲であり、平和的生存権を侵害され、精神的苦痛を受けたとして、愛知県を中心とした原告143人が2日、原告1人あたり10万円を求める国家賠償請求を名古屋地裁に提訴しました。

 原告には、ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英氏(名古屋大学素粒子宇宙起源研究所名誉機構長)も加わっています。

 提訴に先立って行われた集会で、弁護団共同代表の青山邦夫弁護士は「憲法に規定された平和的生存権を侵害されたとして、一般市民だけでなく、障害者や学者、宗教者など多様な人々が原告になったことに大きな意義がある」と語りました。

 原告団共同代表の寺田誠知・岐阜大学講師は「私たち国民には、主権者として、司法・立法・行政に憲法尊重擁護義務を果たさせる責任がある。皆で力を合わせて、政治や司法をただしていこう」と呼びかけました。

 提訴後、弁護団事務局長の松本篤周弁護士は「安保法制の成立から3年たち、具体的な法律の発動が進んでいる。今回は、安保法制そのものの違憲性だけでなく、法成立後の自衛隊の動きの違憲性も問うている」と、名古屋地裁での裁判の意義を強調しました。訴状では、安保法制にもとづく自衛隊による米艦防護や給油、南スーダンへの自衛隊PKO派遣などの行為も違憲だとしています。

 弁護団によると、安保法制違憲訴訟はこれまでに全国21の地裁で24件起こされ、名古屋は25件目だといいます。


[PR]
by daisukepro | 2018-08-03 12:51 | 安保法制

主張 利用者負担増 介護も医療も崩す政治やめよ

主張

利用者負担増

介護も医療も崩す政治やめよ

 介護保険の新たな負担増が今月から始まり、一定額以上の所得のある人の介護サービス利用料の本人負担が2割から3割へ引き上げられました。医療制度でも、自己負担額に上限を設けた「高額療養費制度」が改定され、負担が増える高齢者が生まれることになります。どちらも国民の暮らしに大きな打撃です。お金のことを心配して本来必要とされる介護サービスをあきらめたり、医療機関にかかるのを控えたりする人たちがさらに広がる危険があります。国民から介護や医療を遠ざける負担増はやめるべきです。

3割負担は介護で初実施

 今回の介護保険3割負担の実施は、安倍晋三政権が昨年の通常国会で強行した介護保険法改悪にもとづくものです。いままで2割負担だった一定額以上の所得(1人暮らしの高齢者で年収280万円以上など)の人のうちで、1人暮らしで年収340万円以上などの人の利用料をさらに3割へと上げました。負担が増える人は12万人になるとされています。介護保険で本格的に3割負担が実施されるのは初めてです。

 もともと介護保険は2000年の制度発足以来、サービス利用料負担は10年以上にわたって原則1割が続いてきました。その原則を掘り崩し、次々と負担を上げてきたのが安倍政権です。

 皮切りは15年8月からの2割負担導入でした。この時、安倍政権は“2割負担になるのは余裕のある人たち”という都合のいいデータをでっち上げ、負担増を正当化しようとしました。法案審議中の国会ではデータねつ造が発覚し大問題になったにもかかわらず、あくまで負担増を強行したのです。

 2割負担実施後、「認知症の人と家族の会」が行った調査では、「生活がなりたたなくなる」などの意見が相次ぎ、介護施設を退所せざるを得ないという悲痛な声まで寄せられました。厚生労働省の委託調査でも、2割負担の利用者で介護サービスを減らした人の35%が「介護に係る支出が重い」ことを理由に挙げていました。1割負担の人で費用負担を理由にサービスを減らした利用者は7・2%にとどまっていることと比べても、その影響は極めて深刻です。

 負担増によって引き起こされた事態をまともに検証もせず、利用抑制を一層拡大しかねない3割負担を強行した責任は重大です。負担増の中止・撤回こそ必要です。

 安倍政権下で、財務省の財政制度等審議会などが介護利用料の「原則2割負担化」を繰り返し提起し、今回の負担増を、その「突破口」にしようと狙っていることは大問題です。国民の願いに逆らう負担増計画は断念すべきです。

社会保障拡充の道こそ

 8月から始まった医療の高額療養費制度の改定も、70歳以上を中心に医療の自己負担額はアップし、家計に重くのしかかります。こちらも毎年のように負担増につながる改定が行われています。入院時の食事代の値上げも4月から実施され、患者と家族の重荷になっています。医療も介護も保険料は上がり続け、このままでは国民の暮らしは立ち行きません。

 社会保障拡充へ向けた政治の実現が急がれます。軍事費を過去最大に突出させる一方、社会保障費をカットしてきた「安倍政治」をストップさせる時です。



[PR]
by daisukepro | 2018-08-03 12:44 | 貧困なくすための政治