2018年 08月 04日 ( 5 )

新基地断念へ8・11県民大会成功を 村ぐるみ参加案内 沖縄・読谷村

新基地断念へ8・11県民大会成功を

村ぐるみ参加案内

沖縄・読谷村

 11日に那覇市の奥武山(おうのやま)公園陸上競技場で開かれる「土砂投入を許さない! ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める8・11県民大会」が1週間後に近づいています。日本一人口が多い村として知られる沖縄県の本島中部にある読谷(よみたん)村(約4万1千人)は、村長を委員長とする実行委員会を立ち上げ、幅広い村民の参加を呼びかけています。

 (丹田智之)


図

土砂投入許さない

 読谷村には、沖縄戦での空襲や飢え、「集団自決」(強制集団死)で住民が犠牲になった悲惨な歴史があります。

 読谷村長(6期)、参院議員(1期、社民党)などを歴任した山内徳信さん(83)も沖縄戦体験者です。「戦火を逃れようと家族で山原(やんばる)の森に避難し、収容所生活では米兵の残飯を拾って、食いつないだ」と証言します。

 最大で村土の約95%(現在は35・6%)を軍用地が占めていた戦後、読谷村で反基地闘争が拡大。1943年に旧日本軍が村民の土地に建設した沖縄北飛行場は、2006年の全面返還まで米軍読谷補助飛行場として村の中央を占領し、米軍の事件・事故も相次ぎました。こうした歴史から、村民には反戦意識が根強くあります。

写真

(写真)山内徳信さん=2日、沖縄県読谷村

 山内さんはいいます。「読谷村は『基地との共存』を拒否して発展を遂げてきました。基地が経済発展の阻害要因になっていることを村民はよく知っています。基地との共存は戦争につながります。戦争の中を生き残ることができた人間の使命として、歴史に逆行する新基地建設を阻止したい。そのために私も県民大会に参加します」

 読谷村実行委員会の取り組みの広がりで、人づてに「行きましょうね」と声が掛かっています。

村議長からPTAまで「最大限の取り組み」

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設断念を求める「8・11県民大会」(那覇市)の成功を目指してつくられた読谷村実行委員会は、村議会議長、教育長などの個人と婦人会や老人クラブ連合会、商工会、青年団協議会、PTA連合会など村内20団体で構成されています。

写真

(写真)8・11県民大会への参加を呼びかける横断幕=1日、沖縄県読谷村

 「辺野古新基地建設に強く反対」「県民の民意を全国・全世界に発信する」などを設立趣旨に掲げ、県民大会の成功のために「最大限の取り組みを行う」としています。

 横断幕や国道沿いの大型ビジョン、村のホームページなどで周知。大会当日は各団体の寄付金などで大型・中型バス10台(定員480人)を手配し、無料で会場へ送迎します。

 同村宇座区の老人クラブ「百の会」のメンバーとして大会への参加を呼び掛けている山内慶一さん(68)は「週4回、辺野古のゲート前に座り込んでいます。土砂の投入を止め、翁長雄志知事を支えるために大会を成功させたい」と話しています。

 読谷村の日本共産党3支部では、県民大会の告知ビラ2000枚を配布し、ポスター200枚を村内に張り出しました。イサ真武村議(候補)、城間まゆみ村議候補も街頭演説で県民大会に触れて参加を呼び掛けています。

 伊佐眞政・党村委員長は「村長を中心に実行委員会が立ち上がり、村ぐるみの取り組みになっています。政治的立場を超えて力を合わせ、大会を成功させるために共産党の役割を果たしていきたい」と力を込めました。

民意示し翁長知事支える

読谷村実行委員長・村長 石嶺傳實(いしみねでんじつ)さん

写真

 辺野古新基地建設問題は名護市だけの問題ではありません。近年では米海兵隊普天間基地(宜野湾市)所属のオスプレイが名護市安部(あぶ)の海岸に墜落しました。読谷村にも落ちるかもしれない。まさに沖縄県全体の問題です。

 日本国内にある米軍施設の7割が、国土面積の0・6%しかない沖縄に存在し、また新たに美しい海を埋め立てて基地を造ることには道理がありません。

 読谷村でも今年1月、米軍の攻撃ヘリがリゾートホテルの近くに不時着しました。単なる「路上駐車」の感覚なのか。迷惑千万です。

 「誇りある豊かさを」と基地のない平和な沖縄を目指す翁長雄志知事に共感します。沖縄の永続的発展につながると期待しています。

 読谷村では現在、返還された軍用地(嘉手納弾薬庫地区の一部)を利用して区画整理事業を展開しています。雇用もたくさん生まれていますし、これから住宅も建っていきます。基地関連の収入に依存せず、村を発展させてきました。翁長知事が言うように、米軍基地は経済発展の阻害要因だと思います。

 今の困難な状況を打開し、新基地建設をやめさせる行動の一つとして県民大会が取り組まれます。沖縄の現状を発信し、改めて民意を示すための重要な大会です。翁長知事を支える上でも大事な大会になります。「新基地建設は許さない」と声を上げていくことは、大きな意義があります。

 暑い中ですが、多くのみなさんに参加していただきたい。



[PR]
by daisukepro | 2018-08-04 23:04 | 米軍基地

核兵器・戦争のない社会へ 沖縄新基地反対で国際連帯 原水爆禁止世界大会 国際会議討論続く

核兵器・戦争のない社会へ

沖縄新基地反対で国際連帯

原水爆禁止世界大会 国際会議討論続く

写真

(写真)国際会議2日目、発言を聞く参加者=3日、広島市中区

 広島市で開催中の原水爆禁止2018年世界大会・国際会議は3日、第3セッション「核兵器廃絶と諸分野の運動との連帯」をテーマに議論し、続いて「核兵器の非人道性」「核兵器禁止・廃絶と市民運動の役割」など三つの分科会で討論しました。

 第3セッションでは、「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」の山本隆司事務局長が、翁長雄志知事が埋め立て承認撤回を表明したことを紹介。工事計画変更を県知事が承認しない限り新基地は建設できないと述べ、全国・国際連帯の支援を訴えると、拍手がわき起こりました。

 非核フィリピン連合のコラソン・ファブロスさんは、沖縄への連帯を表明し、「このたたかいに参加を」と呼びかけました。

 ロシアのフィンランド港南岸公共評議会のオレグ・ボドロフさんは、原発について「まやかしの平和利用から地球を守る努力を結集させよう」と発言。

 ベトナム平和委員会のドン・フイ・クオンさんは、同国が核兵器禁止条約を署名・批准したと報告しました。

 討論で、全労連の長尾ゆり副議長は、「ヒバクシャ国際署名」、安倍9条改憲阻止の「3000万人署名」を集め、「子どもたちに核兵器も戦争もない社会を手渡す」と表明。韓国・キョレハナ平和研究センターの李俊揆(イ・ジュンキュ)さんは、朝鮮半島をめぐる激動のもとで「日韓市民連帯の新しい発展をつくりたい」と語りました。


[PR]
by daisukepro | 2018-08-04 21:44 | 核廃絶

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) おれも年を取ったなあ 18/08/02 明日へのうたより転載

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

おれも年を取ったなあ 18/08/02

明日へのうたより転載

 過日、イナゴの佃煮を買いに三ノ輪へ行った。松戸から千代田線に乗って町屋で東京で唯一残った路面電車に乗り換える。終点の三ノ輪橋まで。停留所から徒歩30秒のところに老舗の佃煮屋。店先に誰もいない。声をかけるとお姐さんが現れた。イナゴとゴリの佃煮をワンバックずつ、千円でお釣りがくる。

 近くのジョイフル三ノ輪商店街を歩く。中ほどにこれも老舗の蕎麦屋「砂場」。格子戸を開け暖簾をくぐる。3歳くらいの女の子を連れたお母さんと常連らしいおばあさんの2組の客。生ビールと天ざるを頼む。それから自家製のお新香も。ゆっくり飲んでゆっくり食べて、蕎麦湯も飲む。満足。「砂場」を出て、明治通りを渡って横丁に入る。去年の秋に店仕舞いした居酒屋「中ざと」の方向に足が向く。

 おれはこの店のことを08年9月発行の新聞OB会誌「オレンジの旗」に書いた。もう十年以上も前の暮れも押し詰まったある夜の話だ。おれがチューハイ・レモンをぐいぐいやっていると、職人風の数人の男たちの会話が耳に入った。「ところで松の野郎死んだんだってな」と親分肌が言う。

 「『日本の夜明けは近い』とかなんとか言いながらせっせと赤旗新聞配っていたけどな。酒は弱いけどいい奴だった。仲間の面倒見もよかったよな。おれは共産党も金平糖もあんまり縁がねえけど、松の野郎だけは本物の人間だった気がする。本物の人間ちゅうのもおかしな言い方だが、ま、ニセモノじゃねえってことよ。松の野郎に献杯だ」とコップを掲げる。おれは何故か涙が滲んだという思い出話だ。

 「中ざと」の建物は、入口にぶら下がっていた赤提灯がなくなっただけでそのまま残っていた。家の周りの植木類が手入れされずに放置されているらしく、鬱蒼と茂っているのが寂寥感を誘う。2階には人が住んでいる雰囲気だ。主人夫婦が2人で暮らしているんだろうな。

 最盛期には主人夫婦が板前とお運びさんを雇って切り盛りしていた。あの頃は賑やかだったな。注文の声が飛び交い、おかみさんがてきぱきとさばいていた。夫婦には男の子がいたと思う。その子に店を継がせようとしていたらしいが、外国へ行ったきり帰ってこないという話を聞いた気がする。

 時計を見たらまだ1時、これから浅草へでも足を延ばそうとも考えたが熱中症が心配だ。地下鉄日比谷線の三ノ輪から北千住へ出て家へまっすぐ帰ってきた。おれも年を取ったなあ。
 
 


[PR]
by daisukepro | 2018-08-04 17:44 | 政治

移設反対派、辺野古沖で抗議活動 土砂投入を阻止へ

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する市民らが4日、政府が17日にも予定する辺野古沖での土砂投入を阻止しようと、埋め立て予定海域周辺に色とりどりのカヌー約40艇、小型船数隻を出して大規模な抗議活動を展開した。

 海上では「STOP!埋め立て」と書かれたプラカードを掲げ「違法工事やめろ」と声を上げる反対派と、立ち入り制限区域からの退去を求める海上保安庁などの船がにらみ合った。

 反対派は、埋め立て海域には移植対象の希少サンゴが見つかっている上、護岸の一部は軟弱地盤だと反発している。

(共同)

 


土砂投入を阻止するため工事現場に向かう反対派のカヌーを制止しようとする海上保安官=4日午前、沖


[PR]
by daisukepro | 2018-08-04 15:17 | 沖縄

2018年第61回JCJ賞授賞式のおしらせ 8月18日(土曜日)です

c0013092_20060192.jpg

[PR]
by daisukepro | 2018-08-04 12:41 | お知らせ