人気ブログランキング |

2019年 09月 05日 ( 2 )

香港 条例案正式に撤回 林鄭長官表明 大規模抗議うけ

香港 条例案正式に撤回

林鄭長官表明 大規模抗議うけ

 【北京=釘丸晶】香港政府トップの林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官は4日、市民向けテレビ発表を行い、6月以来続く大規模な抗議行動のきっかけとなった逃亡犯条例改定案を正式に撤回すると表明しました。立法会(議会)再開後、議事規則にのっとり撤回されます。香港メディアが伝えました。

 同改定案をめぐっては100万人単位の抗議行動が組織され、デモ隊と警察との衝突が起こった6月中旬、林鄭氏は改定案審議の無期限の延期を表明。その後も「改定案は死んだ」と述べるなど審議再開の見通しがないことを示してきました。反対派はあくまで「完全撤回」を求めて抗議を続けてきました。先週末にはデモ隊の一部が再び政府本部や立法会、警察本部を包囲し、警官隊と激しく衝突。6月以降の逮捕者は1000人を超えました。

 10月1日の建国70周年を祝う国慶節前には抗議行動を鎮静化させたい中国政府と香港政府が譲歩した形ですが、反対派は改定案の完全撤回とともに、普通選挙の実現や、警察の暴力的対応について独立の調査委員会を設置して調査するなどの五大要求を掲げており、改定案の撤回発表で事態が収束するかは不明です。

 林鄭氏は発表に先立ち、立法会の親中派議員や中国全国人民代表大会の香港代表らと会見。事前に発表の内容を伝えていたものとみられます。



by daisukepro | 2019-09-05 21:01 | 香港市民運動

主張 丸山氏の戦争発言 無反省あらわ、議員辞職は当然

主張

丸山氏の戦争発言

無反省あらわ、議員辞職は当然

 「NHKから国民を守る党」(N国)の丸山穂高衆院議員が先月末、竹島問題をめぐる日本の対応について、自身のツイッターに「戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」と投稿しました。丸山氏が今年5月、国後島への「ビザなし交流」の訪問団団長に「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと詰め寄った言動について全く反省していないことを自ら証明したものです。戦争による領土問題の解決という暴論を再び平然と口にする丸山氏に、国会議員の資格がないことは言うまでもありません。

憲法、国連憲章に違反

 丸山氏は先月31日、韓国国会議員の竹島上陸に日本政府が抗議したことに関し「竹島も本当に交渉で返ってくるんですかね?戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」「朝鮮半島有事時を含め、『我が国固有の領土』において自衛隊が出動し、不法占拠者を追い出すことを含めたあらゆる選択肢を排除すべきではないのでは?」とツイッターで発信しました。

 憲法は、9条で国際紛争解決の手段として戦争の放棄をうたい、99条で閣僚や国会議員などの憲法尊重擁護義務を定めています。国連憲章も、戦争違法化の立場から加盟国に国際紛争の平和的手段による解決を求めています。

 国際紛争である領土問題も、あくまで歴史的事実と国際法に基づき冷静な外交交渉によって解決が図られるべきです。

 戦争をあおり立てようとする丸山氏の投稿は、憲法と国連憲章の極めて重要な原則を否定する最悪の発言です。

 丸山氏は5月、国後島への「ビザなし交流」の訪問団に同行した際、元島民の団長に「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」「戦争しないとどうしようもなくないですか」と執拗(しつよう)に迫り、問題が発覚した後に謝罪・撤回していました。

 議員辞職を求める世論が広がる中、衆院は丸山氏の糾弾決議を全会一致で可決しました。決議は、丸山氏の言動について「憲法の平和主義に反する発言をはじめ、議員としてあるまじき数々の暴言を繰り返し」たと非難しました。泥酔し、禁じられた外出を試みるなど一連の行為を含め「院として国会議員としての資格はないと断ぜざるを得ない」とし、「ただちに、自ら進退について判断するよう促す」と辞職を迫っていました。

 今回、丸山氏がツイッターで行った発言はこの時の謝罪が全くの偽りであり、糾弾決議がされた自らの言動にも何の反省もないことをあからさまにするものです。

N国の責任も問われる

 衆院から事実上の議員辞職勧告決議を突き付けられた丸山氏を入党させたN国の責任も厳しく問われます。丸山氏は、5月の「戦争」発言で、当時所属していた日本維新の会から除名されました。しかし、7月の参院選後、N国からの要請で入党していました。

 同党の立花孝志党首は、丸山氏の発言を「表現の自由」「国会議員として当然の問題提起」などと全面的に擁護しています。丸山氏も自身への批判に対し「言論封殺の圧力には屈しない」と開き直り、反省のかけらもありません。

 丸山氏がこれ以上、国会議員にとどまることが許されないのはあまりにも明らかです。



by daisukepro | 2019-09-05 11:38 | 赤旗