人気ブログランキング |

2019年 10月 16日 ( 4 )

英作家ジョン・ル・カレに聞く なぜ「政治家はカオスが大好き」なのか

英作家

ジェイムズ・ノーティー、BBCラジオ4「トゥデイ」

John Le CarreImage copyrightEMPICS
Image captionスパイ小説の名手、ジョン・ル・カレ氏はMI6在職中に作家デビューした

イギリスのスパイ小説の名手で、かつてはMI6(イギリス情報部)のスパイだったジョン・ル・カレ氏は、最新作の発表を前にBBCに対して、世界の要人について語り、そしてなぜ「人間のまっとうさ」が最後には勝たなくてはならないかを語った。

偶然の出会いがきっかけだ。よりによって、バドミントン・クラブで。ほんの短い会話。それでも、何かがつながった。混迷を極める今の政界に動揺するナットは、そうと気づかないうちに謀略の網を自分の手で紡ぎだしていた。いつかは捕まると知りながら。スパイ。忠誠。裏切り。これぞ、ジョン・ル・カレの世界だ。

最新作「Agent Running in the Field」(「野を走るエージェント」の意味)は、ル・カレ氏にとって25作目の小説だ。発売翌日に88歳になるル・カレ氏は、これまで長いこと「愛国心」とは何かを見つめ続けてきた。そのこだわりは年を経るごとに薄れるどころか、ますます鮮明になってきた。この小説はブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)に関する粗雑な物語ではない。しかし、全編を通じて容赦なく、この国がどういう国で、この混乱によって今後どういう国になり得るのか、さりげなく、かつ執拗(しつよう)に問い続けている。

私たちは夏に、時間をかけてじっくり話をした。「今の時点でこの国にいて、国の状態について何も言わずに何かを書くのは不可能だ。私たちはその一部なのだから。私もその一部なのだから」と、ル・カレ氏は言った。

「今の状況に私は落ち込んでいる。恥ずかしいことだと思っている。その気持ちは、本の中身からも伝わると思う」

The Night Manager castImage copyrightBBC/THE INK FACTORY
Image captionル・カレ氏の小説「ナイト・マネジャー」を原作にしたBBCドラマは、ゴールデングローブ賞3部門、英BAFTA賞3部門、米エミー賞2部門で受賞した

けれどもこの小説は、現在についてだけでなく、過去についても語っている。そして、「娯楽を提供するのが本の目的だ。それができていると思う。私は物語を語る人間、ストーリーテラーなので」と作者は言う。

MI6で働きながら出世作となる小説を書いた当時のことも、取材中の話題に上った。

「『寒い国から帰ってきたスパイ』のころと一緒だ。当時と同じように、個人としての義務を果たすという個人の目的の一方で、国家への義務、社会や社会を表す組織に対してどういう恩義があるかという、その両方の対立が今も課題になっている」

個人としての義務と社会への義務。この対立について50年以上にわたり繰り返し、あらゆる形で書き続けてきたル・カレ氏にとって、このテーマは時とともにますます不穏なものになってきた。冷戦時代はむしろ、奇妙に単純だった。冷戦では対立する双方が、相手が何者かを承知していたので。しかし、冷戦後の対立ははるかに分かりにくく、様々な忠誠心が錯綜している。ル・カレ氏のような作家にとっては、自分が書いてきた内容を現実世界が裏づけてしまったことになる。しかも、実につらい形で。

ル・カレ作品は、あえて難問を問いかける。「もしMI6が、偶然にしろ狙ったことにしろ、トランプがロシアで本当にひどいことをやらかしていたと、絶対的に否定のしようがない証拠を手にしたとする。その情報を、MI6はどうするだろう? そして、ついでに言えば、この国の首脳陣はどうするだろう?」。

最新作の構成は、これまでの数々の傑作と同じように実に緻密だ。そしてその精緻な構造の背景には、不安が潜んでいる。そういう難しい状況でMI6は、イギリス政府はどうするだろう? その問いかけへの答えが、もう以前とは違うのではないか。そういう不安だ。

ル・カレ氏は今作でも相変わらず、ページの上から飛び出すような素晴らしいフレーズをいくつも書いている。たとえば、ロシアとアメリカの大統領が会談する場面では、プーチンが「看守のような笑顔を浮かべる」のだ。

Russia President Vladimir Putin and his US counterpart Donald Trump met at the G20 Osaka Summit in June.Image copyrightGETTY IMAGES

ル・カレ氏と話をすると、いつも元気が出る。勢いよくエネルギーを振りまく人なのだ。周囲を観察し、うわさ話に耳を傾け、人間というものに果てしなく興味をもち、そして怒りを抱え続けることから、その活力を得ている。長いこと話していると毎回、爆笑もののエピソードが次々と出てくる。雄弁家よろしく、面白い話を楽しんで披露するのだが、それと同時に、その話には常に喪失と憂鬱の影が落ちる。

私たちは、ジョージ・スマイリーの話をした。ル・カレ作品の中でも特に有名な、偉大な登場人物だ。前作「スパイたちの遺産」の終盤にカメオ出演したスマイリーは、自分が守っていたはずの「欧州」という文化の分裂を憂いていた。私たちはさらに、スマイリーの同僚のピーター・グイラムの話もした。グイラムも前作で、自分の信念の一部を失ってしまう。

「2人とも、イギリスを外から眺めていた。2人とも、人生の大部分を捧げて、大義のためにスパイとして活動した。その2人が今になってあの本で、不安に思っている。そしてこの本でも登場人物たちは、同じように不安に思っている。自分が正しい大義のために人生を捧げてきたのか、そしてその大義はまだ存在するのか」

最新作に流れる、切羽詰ったエネルギーの理由がそれで分かる。作者自身が、その懊悩(おうのう)を抱いているからだ。10代でドイツとドイツ語とその文化を愛するようになった作者は、欧州について、自分も思い悩んでいて、ドイツについて考えるのを止められないのだ。

(L-R) Actors Benedict Cumberbatch, Colin Firth and writer John le Carre at the premiere of the film adaptation of Tinker Tailor Soldier Spy in 2011, LondonImage copyrightGETTY IMAGES
Image captionル・カレ氏(右)の代表作のひとつ「ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」が映画化された際には、ベネディクト・カンバーバッチ氏(左)やコリン・ファース氏(中央)も出演した。写真は2011年のロンドン・プレミアで撮影

あらすじをばらしたりはしないが、この本は、人がまっとうである(decency)とはどういうことかを描いている。そう思うと、私は作者に伝えた。

「おかしなことに、その言葉は最近は、英語よりもドイツ語でよく使われるようになった」と、ル・カレ氏は答えた。

「実はそれは、ドイツ文化に深く根ざす考え方で、中世の物語にも登場する。登場人物が最後にたどりつく人生の秘密で、それまでに生きることで中庸とまっとうさを学び、まともな人間にならなくてはならない。そして面白いことに、私のどの本でも、私自身は実生活でまともでないとしても、主人公たちはまともな人間になる。それが、悲しい真実の裏にある、何かを求める気持ちなんだ」

「まっとうになろうと希求する気持ち。そこには一種のロマンチシズムがある」

ル・カレ氏は、自分がいかに国を愛しているかを語り、偏狭な国家主義だと思う風潮にいかに絶望しているかを語った。「国家主義は愛国主義とはかなり違う。国家主義には、敵が必要だ」。

John le CarreImage copyrightGETTY IMAGES
Image caption政治家は「カオス」を「直したがる」ものだとル・カレ氏は言う

「私」の忠誠に伴う責任と「公」の義務のバランスを進んで描き続けてきた作者が、今の政治の様子に苦悩しつつ注目してしまうのは、当然のことかもしれない。今の状況は、ル・カレ氏がずっと書き続けてきたテーマそのものなのだから。

「郷愁の何が本当に怖いかというと、政治の武器になってしまったところだ。政治家たちは、実際には存在したことのないイングランドへの郷愁を作り出した。そして、ありもしないそんな過去のイングランドに戻れるのだと、売り込んでいる」

ル・カレ氏は政治家を軽蔑してきたし、その思いは年々強まっている。

「政治家はカオスが大好きだ。そんなわけはないなどと、決して思ってはならない。世情の混乱は政治家に権威を与えるし、権力を与える。混沌を背景に、政治家は存在感を示すことが出来る。自分こそが国民の皆さんのために、この状態を直しますよと言えるようになる」

今の英政界では右派も左派も教条的な絶対主義に陥り、片やリバタリアン主義、片やレーニン主義を掲げていると、ル・カレ氏は絶望している。しかも、右も左も目的は一緒で、どちらもカオスのあとの仕切り直しを目指しているのだと。

私たちはやがて、再び作者の最新作の話に戻る。そのテーマは、ル・カレ作品に一貫して流れ続ける、臆することのないロマンチックなものだと。

「それはスマイリーのテーマだ。これほど混乱して、これほどのうそが飛び交い、これほどのごまかしや歴史の書き直しが横行する世の中にあって、それでも人間がまっとうであることは、生き延びなくてはならないので」

「Agent Running in the Field」は10月17日、ペンギンブックスより刊行。

(英語記事 John le Carré: 'Politicians love chaos - it gives them authority'


by daisukepro | 2019-10-16 19:56 | 文化

グーグルが新スマホ 触れず手ぶりで音楽再生

写真

 【ニューヨーク=共同】米グーグルは十五日、人工知能(AI)技術をふんだんに活用したスマートフォン「ピクセル4」シリーズ=写真、ロイター・共同=を二十四日に日本など各国で発売すると発表した。スマホの画面に触れずに、手ぶりで音楽を次の曲に進める機能を搭載。カメラの性能の高さも特長で、暗い場所でもきれいな写真を撮れるとしている。

 携帯電話大手ではソフトバンクが取り扱う。NTTドコモやKDDI(au)の回線で利用する場合は、グーグルの通販サイトで購入する必要がある。価格はストレージの大きさによって、画面サイズ五・七インチの「ピクセル4」が八万九千九百八十円から、六・三インチの「ピクセル4XL」が十一万六千六百円からとなる。色はブラック、ホワイト、オレンジの三色。グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」の最新版を搭載した。

 手ぶり機能は、スマホの前で手を動かすと、内蔵のセンサーが検知する仕組みだ。電話の呼び出し音などを消すこともできる。手ぶり機能は日本では来年春から利用できるようになる。

 スマホ搭載の録音アプリは、録音と同時に文字で書き起こす機能がある。会議などの録音内容を文字で検索できる。当初は英語のみだが、対応言語を増やす予定。

 また、グーグルはクラウド技術を活用し、専用機がなくてもテレビやパソコンなどで本格的なゲームを楽しめるサービス「スタディア」を十一月十九日に北米などで始める。

<グーグルのスマートフォン> 米IT大手グーグルは自社ブランドのスマートフォン「ピクセル」シリーズを販売。グーグルのスマホ向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」はソニーや韓国サムスン電子、中国メーカーなどが搭載し、世界シェアが高い。「iPhone(アイフォーン)」を展開するアップルとの競争上、自社で新技術を盛り込んだスマホを手掛けることで、アンドロイドの普及を図る狙いもある。 (共同)



by daisukepro | 2019-10-16 19:40 | 共同

志位委員長、中国大使と会談 尖閣・香港対応に批判表明

志位委員長、中国大使と会談

尖閣・香港対応に批判表明

写真

(写真)会談する(左から)志位和夫委員長と孔鉉佑駐日中国大使=15日、党本部

 日本共産党の志位和夫委員長は15日、着任あいさつで党本部を訪問した孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日中国大使と会談しました。

 孔大使は、日中両国の友好のために、「新しい時代にふさわしい新しい両国関係の構築のために努力したい」と抱負を述べました。志位委員長は、「日中両国の友好関係の発展、北東アジアの平和構築の問題などでの協力を進めていきたい」と述べました。

 この機会に、志位氏は「重大な懸念をもっている問題」として、東シナ海と香港の問題を提起しました。

 東シナ海の問題では、「中国公船による尖閣諸島の領海侵入、接続水域進入が激増・常態化し、日中関係が『正常な発展の軌道に戻った』と両国首脳が述べた後も、中国公船の領海侵入、接続水域進入が継続している」と指摘。志位氏は「中国側にどんな言い分があろうと、他国が実効支配している地域に対して、力によって現状変更を迫ることは、国連憲章などが定めた紛争の平和解決の原則に反するものであり、強く抗議し、是正を求める」と述べました。

 香港問題では、「人権問題は今日の世界においては国際問題になっている」と指摘しつつ、「デモ参加者の一部による暴力は自制すべきと考えるが、民主主義を求める香港市民の運動に対する香港政府の抑圧的措置、それに支持を与えるとともに武力による威嚇を行った中国政府の立場に反対する」と表明。「『一国二制度』のもとで、事態が平和的な話し合いで解決されることを望む」と述べました。

 孔大使は、志位委員長が提起した問題について本国に伝えるとのべた上で、これらについて中国政府の立場を説明しました。東シナ海の問題について、「現状変更をしてきたのは中国側ではなく日本側だ」として、「実効支配されているからといって手をこまねいているわけにはいかない」と述べました。

 香港問題では、「人権や民主の問題ではなく、中国からの分離・独立をめざす勢力がいるということだ。中国としては香港政府を全面的に支持し対話を通じた解決を求めている」と表明しました。

 これに対し、志位氏は、東シナ海の問題について、「現状変更をしてきたのは日本側」というが、中国公船が、日本政府による尖閣国有化(2012年)以前の2008年から領海侵犯をしてきた事実を指摘。「領土にかかわる紛争問題は、国際法と歴史的事実にもとづき冷静な話し合いで解決すべきであり、力による現状変更はやるべきでないと指摘している」と強調しました。香港問題については、大規模な平和的デモが起こった当初からそれを「組織的暴動」とし、香港政府の抑圧的措置に支持を与えてきた中国政府の立場に対してかさねて批判を述べました。

 両氏は、朝鮮半島の情勢についても意見交換を行いました。今後、立場の異なる問題があっても、引き続き意見交換を続けていくことで一致しました。

 会談には、日本共産党の緒方靖夫副委員長、田川実国際委員会事務局長、小島良一国際委員らが、中国大使館から楊宇(よう・う)、倪健(げい・けん)の両公使参事官らが同席しました。




by daisukepro | 2019-10-16 19:34 | 赤旗

主張 台風19号の被害 被災者が希望持てる支援こそ

主張

台風19号の被害

被災者が希望持てる支援こそ

 台風19号による記録的大雨が引き起こした災害は、東日本の各地で多くの犠牲者を出すなど深刻な広がりをみせています。河川の氾濫・決壊による浸水は東北、関東甲信越を中心に広い地域にわたっており、被害の全体状況の把握もなかなか進みません。住宅、商店、工場などの建物被害は、かなりの数にのぼることは必至です。農林水産業への打撃も計り知れません。被災者は心身ともに疲れ切っています。被災者が安心できて、明日への希望を持てる支援が急務です。政府は、現場からの切実な声を受け止め、きめの細かい迅速な対策を取ることが求められます。

深まる苦悩に心を寄せて

 被災地では、取り残された人がいないかなど、安否を確認する捜索と救援活動が続きます。水の引いた地域では、1階の天井近くまで冠水し家具などが横倒しになって散乱する泥まみれの自宅で、「どこから手を付けたらいいのか…」とぼうぜんとする被災者の姿があります。冠水が続く地域などでは、自宅の様子を確認できない人も少なくありません。「(被害は)まずまずで収まった」(自民党の二階俊博幹事長、13日)という発言は、被災者が置かれた現実からあまりにかけ離れた許し難いもので、認識を根本から改めるべきです。苦悩を深める被災者に心を寄せ、励ましとなる支えを強化する政治の役割が重要になっています。

 なにより急がれるのは、避難所の整備と環境改善です。台風災害をテーマにした15日の参院予算委員会で日本共産党の井上哲士議員は、内閣府が2016年に作成した「避難所運営ガイドライン」が現場で生かされているかどうかを政府にただしました。同ガイドラインは、これまでの災害避難の教訓などを踏まえ、避難所の「質の向上」を目指すとしています。ここで問われる「質」とは「人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送ることができているか」です。井上氏は、千曲川の氾濫で甚大な被害を受けた長野市内の避難所での調査結果を踏まえ、現場で努力はされているが、ガイドラインが十分徹底されていない現状があり、改善を要求しました。

 温かくバランスのとれた食事の提供、暖の取れる寝具の確保、プライバシーを守るための間仕切りの設置などは大至急必要です。朝晩を中心に冷え込みが増す季節の変わり目になる中で、被災者が体調を崩さないようにする医療・保健体制の整備は欠かせません。インフルエンザや風邪が広がらないようにするため、とくに注意が必要です。医療スタッフの派遣・増員などをはじめ、被災者が健康を保てる仕組みを確立すべきです。

思い切った対策の強化を

 収穫を目前にした農作物が壊滅的な打撃を受けるなど、農林水産業への被害は甚大です。さきに大きな被害を出した台風15号による被害への対策とあわせ、生業(なりわい)と地域の産業を応援する思い切った支援強化を検討すべきです。浸水で壊された多くの住宅を再建するためには、現行の被災者生活再建支援法の枠組みでは追い付きません。現在の法律や制度を活用するだけでなく、実情に見合った柔軟で弾力的な運用、必要な法改正にも踏み出すべきです。被災者の暮らしと生業の再建を最優先にすえた被災地の復旧・復興にこそ、政府は力を注ぐべきです。



by daisukepro | 2019-10-16 12:56 | 赤旗