人気ブログランキング |

カテゴリ:日産事件( 3 )

報酬文書、日産の別幹部もサイン ゴーン前会長側近が作成

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)=金融商品取引法違反の疑いで逮捕=が有価証券報告書に記載せず、退任後に受け取ることにした報酬の支払い名目を記した文書に、作成者の前代表取締役グレゴリー・ケリー容疑者(62)=同=のほか、当時のより上位の役員クラスの日産幹部がサインしていたことが2日、関係者への取材で分かった。

 文書はケリー容疑者が常務執行役員だった2010年ごろから数年間、毎年作成されていた。ケリー容疑者は、自分やゴーン容疑者らだけでなく、会社としても退任後の報酬支払いを把握していた根拠だと主張するとみられる。

(共同)

 横浜市の日産自動車本社ビル=11月24日

 横浜市の日産自動車本社ビル=11月24日
c0013092_10594895.jpg


by daisukepro | 2018-12-03 11:00 | 日産事件

ゴーン逮捕はトランプの差し金では?


戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

ゴーン逮捕はトランプの差し金では? 18/11/30

明日へのうたより転載

 「仏大統領、首相に面会要請」「日産・ルノー巡り」(30日付『毎日』)。日産ゴーン前会長の逮捕劇が日仏間の政治問題化となりそうだ。『毎日』によればマクロン仏大統領の要請趣旨は「仏政府が筆頭株主でゴーン容疑者が会長を務める仏ルノーと日産の提携関係維持」だというが、ゴーン逮捕そのものへの抗議の意思も含まれるのではないかとおれは見ている。フランス側にとって「逮捕」は疑問符なのだ。

 日産立て直しを理由に労働者の生活と仕事を奪い、工場閉鎖で地域経済を破壊、一方で会社の金を私的に費やしていた男など弁護するつもりはさらさらない。しかし、有価証券の虚偽記載というだけで逮捕、長期取り調べをするというのはちょっと大げさすぎるのではないか。裏の逮捕理由があるのではないか。

 実は、ゴーンは過去にれっきとした犯罪を犯していた。08年のリーマンショックの際、私的に運用していたデリバティブ(金融派生商品)で約17億円の損失を出し、その損失分を日産に付け替えたというのだ。これは内緒でできることではなく、経営陣はもちろん取引の新生銀行も監督官庁も承知していたことは間違いない。この時点で告訴されていればゴーンは間違いなく特別背任罪で逮捕されていたはずだ。

 30日付『毎日』によれば「金融当局の指摘を受け、損失は日産からゴーン前会長側に戻した」という。おれには「泥棒が見つかったから品物を元に戻した」だけと思えるし、それで泥棒行為が免罪されるわけがない。ところが当時はそれで済んでしまった。特別背任罪の時効は7年だというから今更どうしようもない。

 今回のゴーン逮捕は日産経営陣のクーデターだという見方が有力だ。何故クーデターを起こさなければならなかったのか。ルノーは日産株の43%を持ち議決権を有する。このままいくとルノーに経営統合されるのではないか、という不安があったのは事実だろう。しかしそんなことなら重役会の決定などで抵抗すればいい話で、ゴーン逮捕の荒療治は必要なかった、とおれは思う。

 ここからはおれの推理だが、ゴーン逮捕は日本政府・安倍首相が誰かの差し金で遂行したのではないか。アベにこんなことを命令するのは世界に一人しかいない。トランプ米大統領だとおれは考える。アメリカファースト、自由貿易否定でEUとの経済摩擦を引き起こしているトランプ。マクロン憎しで打った手が仏国策会社ルノー苛めではないか。それに唯々諾々と乗せられたわが安倍首相。このように見てくると今回のゴーン逮捕劇の舞台裏がぼんやりと見えてくる気がするのはおれだけだろうか。
 

 


by daisukepro | 2018-12-01 17:30 | 日産事件

ゴーン容疑者報酬過少記載でも 従業員給与の140倍

ゴーン容疑者報酬過少記載でも

従業員給与の140倍

図

 19日、東京地検特捜部に逮捕された日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者が、過少記載容疑の2010年度から14年度にかけて得ていた役員報酬は同社従業員の平均給与の140倍近くにのぼります。この間、同容疑者は約50億円少なく有価証券報告書に記載していた疑いがあり、単純に加算すれば実際の格差はさらに広がる可能性があります。

 日産自動車の有価証券報告書によると、10年度から14年度にかけてゴーン容疑者は毎年約10億円の役員報酬を受け取っていました。十数人いる同社役員の報酬全体の半分以上をゴーン容疑者1人が占めていました。同期間に日産従業員の年間平均給与は685万~777万円でした。

 この5年間、毎年10億円程度を過少記載していたとすると、実際の役員報酬は従業員給与の270倍を超えることになります。

 ゴーン容疑者は大量の人員削減などで従業員に犠牲を強いる一方、自分だけは法外な報酬を手にしていました。



by daisukepro | 2018-11-21 14:11 | 日産事件