人気ブログランキング |

カテゴリ:東京新聞( 11 )

首相主催「桜を見る会」 毎年前夜に後援会と懇親

 安倍晋三首相が第二次安倍政権発足後の二〇一三年以降、四月に東京・新宿御苑で開いてきた「桜を見る会」の前夜に、都内で後援会と懇親会を毎年開いていたことが分かった。桜を見る会当日も、首相は毎年、会場で後援会と記念撮影していた。野党は「公式行事の私物化だ」と批判した。参加した首相の地元関係者らには、当時の様子を伝えたブログの投稿削除が相次いだ。 (妹尾聡太)

 本紙掲載の「首相の一日」によると、首相は今年四月十二日夜、都内ホテルの宴会場で開かれた「安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭」に出席。翌十三日午前は、桜を見る会の開始時刻前に会場で後援会関係者と写真撮影をした。

 一三~一八年も今年と同様、桜を見る会の前夜に懇親会、当日に写真撮影があったことが確認できる。

 共産党の田村智子参院議員は十一日、記者団に「首相が桜を見る会を後援会の一大行事に位置付けてきたのは、客観的な情報で確定だろう」と指摘した。立憲民主、国民民主、共産の野党三党の国対委員長は同日、国会内で会談。追及チームを十二日に設置し、首相の一連の動きが政治資金規正法や公選法などに従って行われているか調査していく方針を確認した。

 桜を見る会に関し、友田有(たもつ)・山口県議は一四年について「貸し切りバスで新宿御苑に向かい」などとブログで記載していたが、十一日午後の時点で閲覧できない状態になった。一八年について「十メートル歩いたら、山口県の人に出会う」との国会議員の言葉を紹介した藤井律子・同県周南市長(当時は県議)のブログ記事も見られなくなった。

 桜を見る会については、田村氏が八日の参院予算委員会で、ブログや同県防府(ほうふ)市のライオンズクラブ会報への寄稿をもとに追及。寄稿には、今年の前夜祭に後援会の約八百五十人が参加し、翌朝には貸し切りバス十七台に分乗して新宿御苑に向かったとの記載があることを指摘し「税金を使った行事で後援会活動をしている」と批判していた。

 首相は、桜を見る会の招待者について「個人情報」であることを理由に明らかにしていない。

 桜を見る会は首相が主催し、例年四月に各界の功労者らを招いて開いている。参加者や開催費は一三年以降、年々増えている。

◆「桜を見る会」19年の動静 <首相の一日>

(2019年4月12日)

 【午後】6時33分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。宴会場「鶴の間」で昭恵夫人と共に「安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭」

に出席。

  (同13日)

 【午前】7時48分、東京・内藤町の新宿御苑。49分、昭恵夫人と共に警視庁幹部、前田晋太郎山口県下関市長、地元の後援会関係者らと

写真撮影。8時34分、柴山昌彦文部科学相、根本匠厚生労働相、世耕弘成経済産業相、原田義昭環境相、加藤勝信自民党総務会長らと写真撮影。59分、首相主催の「桜を見る会」。あいさつ。歌舞伎俳優の市川猿之助さん、子役の寺田心君、元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈さんらと写真撮影。 

(東京新聞)

今年4月の「桜を見る会」で招待客と記念写真に納まる安倍首相と妻の昭恵氏=東京都新宿区の新宿御苑で

c0013092_06551576.jpg



by daisukepro | 2019-11-13 06:55 | 東京新聞

週のはじめに考える 陰謀論にだまされるな(東京新聞)

 ベルリンの壁が崩壊し来月、三十年を迎えます。冷戦による東西対立がなくなり、平和が訪れると期待しましたが、世界は新たな分断に苦しんでいます。

 壁崩壊翌年の一九九〇年に東西ドイツが統一、さらに九一年末にはソ連が崩壊しました。東欧諸国も次々と自由主義化し、欧州連合(EU)や米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)に加盟、世界は一枚岩になったかのようでした。しかし、そんな簡単な話ではありませんでした。

 ドイツのメルケル首相が六月から七月にかけ、来賓歓迎式典などの際、何度か、全身が震える症状に見舞われました。健康についての懸念が広がりましたが、しばらくしてネット上で、症状の“理由”が解き明かされました。

◆笑い話では済まない

 いわく、「メルケル氏は、トカゲのような姿の宇宙人に繰られている。だから人のためにならない政治をする。宇宙からコントロール用に送られている信号に支障が生じ、震えが出た」。

 一種の陰謀論です。難民への寛容政策を進めるメルケル氏への悪意に満ちていますが、荒唐無稽な笑い話だとすぐに分かります。

 しかし、笑い話では済まない、深刻な結末をもたらした陰謀論も相次いでいます。

 今年三月、ニュージーランド・クライストチャーチのモスクで五十一人を射殺した犯人はネット上に投稿した声明で移民を「侵略者」と呼び、「白人が非白人に意図的に置き換えられている」などと犯行の動機を説明しました。

 八月、米テキサス州エルパソで銃を乱射し、二十二人を死亡させた犯人も声明で、町の人口の八割を占めるヒスパニック系住民による「侵略への対処だ」と述べていました。

 いずれも具体的な根拠はなく、憎悪(ヘイト)と不安に根差しています。

◆ナチスによる悪用

 かつて、こうした陰謀論を駆使したのがナチスでした。科学的な裏付けのない人種主義に基づいてユダヤ人を「劣等」と断じ、世界支配をもくろんでいるなどとして、絶滅を図りました。

 ソ連に侵攻した独ソ戦は、ナチスによる「世界観戦争」の一面ももっていました。敵とみなしたソ連を絶滅させ、東方にドイツ人の新たな生存圏を確保するというものでした。住民らを大量殺害、捕虜らを虐待しました。独ソ戦でのソ連側死者は約二千七百万人に上ったともいいます(大木毅氏「独ソ戦」、岩波新書)。

 ドイツが共産主義に乗っ取られるという陰謀論で脅威をあおり、先手を打った形です。

 ナチスを繰り返すまいとしてきた戦後ドイツでも、極右らが「欧州の『先住民』であるわれわれを、イスラム教徒や有色人種に入れ替えようと、移民や難民が送り込まれてくる」などと主張するようになりました。

 特に、旧東独地域で声高です。「西洋のイスラム化に反対する」と主張する団体「ペギーダ」が五年ほど前からデモを繰り広げ、欧州各地で相次いだイスラム過激派によるテロで勢いづきました。

 勢いは右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」で政治的に結集されました。二年前の連邦議会(下院)選挙で第三党に躍進。先月の旧東独地域二つの州議会選では第二党になりました。

 今月九日には、反ユダヤ主義者の男(27)が、ハレ市のシナゴーグ(ユダヤ教礼拝堂)付近で銃を乱射、二人が亡くなりました。

 賃金など旧西独地域との経済格差や、既成政治への不満が強まっている背景もあるのでしょう。統一のひずみは今なお、払拭(ふっしょく)されていません。

 今年六月には、比較的、寛容なはずの旧西独地域でも難民保護に関わってきた政治家が極右に射殺され、衝撃が広がりました。

 政治家のプライバシーや政治家へのヘイトはSNSで拡散されていました。ネット社会になって陰謀論はますます猛威を振るうようになっています。

◆ネットで内面に浸透

 ネットで個々人の内面にまで入り込む陰謀論による社会の分断は、国単位で対立していた冷戦時代とはまた違った、対処の難しさがあります。

 「トランプ米大統領は悪と戦う救世主」と主張するネット集団「QAnon(キューアノン)」など、大国の指導者周辺からも陰謀論が発信される時代です。

 正確な情報を見極めて、冷静に判断するしかありません。われわれメディアの役割も重要だと自覚しています。

 小さなうそや風評から、暴力にまでエスカレートしかねない陰謀論の「陰謀」に欺かれないよう、自戒したいものです。

この記事を印刷する



by daisukepro | 2019-10-20 10:30 | 東京新聞

【北京共同】中国は1日、建国70年となる国慶節(建国記念日

【北京共同】【北京共同】中国は1日、建国70年となる国慶節(建国記念日)を迎えた。北京市中心部の天安門広場で記念式典を挙行した。過去最大規模の軍事パレードで新型兵器を公開。香港で1日も抗議デモが発生する中、習近平国家主席が演説し、北京の中央政府が香港の管轄統治権を持つとする「一国二制度」を堅持する考えを強調した。

 中国は米国との対立など数多くの課題を抱えるが、習氏は「いかなる勢力も偉大な祖国の地位を揺るがすことはできず、中国人民の前進への歩みを妨げることはできない」と表明した。

 1949年の共産党政権発足以来、70年間で米国に挑戦する大国に成長した姿を内外に示した。

 中国建国70年の記念式典=1日、北京の天安門広場(新華社=共同)

 中国建国70年の記念式典=1日、北京の天安門広場(新華社=共同)

by daisukepro | 2019-10-01 14:43 | 東京新聞

7月貿易収支、2カ月ぶり赤字 中国向け輸出9%減、2千億円超

c0013092_23292409.jpg

 財務省が19日発表した7月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2496億円の赤字だった。赤字は2カ月ぶり。米中貿易摩擦に伴う中国経済の減速を受け、中国向け輸出が前年同月比で9・3%減少したことが響いた。特に半導体製造装置のマイナス幅が大きく、設備投資を控える動きが広がっている。

 世界への輸出は1・6%減の6兆6432億円と8カ月連続で前年水準を下回った。半導体製造装置のほか、自動車部品なども振るわなかった。輸入は1・2%減の6兆8928億円だった。アラブ首長国連邦(UAE)からの石油製品の輸入が減った。

(共同)


by daisukepro | 2019-08-19 23:28 | 東京新聞

5年以内の修繕必要、8万カ所 橋、トンネルなど老朽化点検

5年以内の修繕必要、8万カ所 橋、トンネルなど老朽化点検2019年8月10日 00時51分

 国土交通省や地方自治体が2014~18年度に実施したインフラ老朽化点検で、全国の橋約6万9千、トンネル約4400、歩道橋などの道路付属物約6千の計8万カ所近くが「5年以内の修繕が必要」と判定されたことが9日分かった。

 施設を管理する国や自治体が順次修繕に着手しているが、予算や技術職員が不足しがちな小規模市町村で遅れが目立ち、18年度末時点での着手率は橋22%、トンネル36%、付属物24%にとどまっている。完了率はそれぞれ12%、22%、12%。

 12年の中央自動車道笹子トンネル天井板崩落事故を踏まえ、5年に1度の点検が道路管理者に義務付けられた。

(共同)

by daisukepro | 2019-08-10 09:40 | 東京新聞

<つなぐ 戦後74年>核廃絶 日本が主導を 広島原爆の日 世界に軍縮促す

<つなぐ 戦後74年>核廃絶 日本が主導を 広島原爆の日 世界に軍縮促す 2019年8月6日 夕刊 原爆慰霊碑の前で手を合わせる人たち=6日早朝、広島市の平和記念公園で
c0013092_23210515.jpg
写真 広島は六日、被爆から七十四年の「原爆の日」を迎えた。広島市中区の平和記念公園では午前八時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれた。松井一実市長は平和宣言で、日本が参加していない核兵器禁止条約への署名・批准を政府に促し、戦争で核兵器を使用された経験がある唯一の国として核廃絶実現へ一層の指導力を発揮するよう求めた。 松井市長は昨年の平和宣言では条約批准について踏み込まなかった。今年は「核兵器禁止条約への署名・批准を求める被爆者の思いをしっかりと受け止めていただきたい」と表明。条約が発効に至っていないことを踏まえ、世界の為政者に核軍縮促進と発効に向け努力するよう呼び掛けた。 この一年間に亡くなったり、死亡が確認されたりした五千六十八人の名前を加えた原爆死没者名簿が式典で原爆慰霊碑の石室に納められた。記帳された被爆死没者総数は三十一万九千百八十六人となった。被爆者健康手帳を持つ全国の被爆者は今年三月末時点で十四万五千八百四十四人。平均年齢は八二・六五歳と高齢化が進む。 約五万人の参列者は「平和の鐘」が響き渡る中、原爆投下時刻の八時十五分に黙とうをささげた。広島市の小学生から選ばれた子ども代表で、いずれも六年生の金田秋佳(しゅうか)さん(11)と石橋忠大(ただひろ)君(11)が「平和への誓い」を宣言した。 海外からは八十九カ国と欧州連合(EU)の代表が参列。核保有五大国は中国以外の米英仏ロが出席した。事実上の核保有国のパキスタンとイスラエルは出席。核拡散防止条約(NPT)不参加のインドは欠席した。 国連の軍縮担当上級代表の中満泉事務次長がグテレス事務総長のメッセージを代読し「何十年にもわたり世界をより安全にしてきた軍縮や軍備管理制度を疑問視する声が聞こえ始めている」と警鐘を鳴らした。田上富久長崎市長も出席した。◆「平和への誓い」全文 相手を知り、違いを理解する 私たちは、広島の町が大好きです。 ゆったりと流れる川、美しい自然、「おかえり」と声をかけてくれる地域の人、どんなときでも前を向いて生きる人々。広島には、私たちの大切なものがあふれています。 昭和20年(1945年)8月6日。 あの日から、血で染まった川、がれきの山、皮膚がはがれた人、たくさんの亡きがら、見たくなくても目に飛び込んでくる、地獄のような光景が広がったのです。 大好きな町の「悲惨な過去」です。 被爆者は語ります。「戦争は忘れることのできない特別なもの」だと。 私たちは、大切なものを奪われた被爆者の魂の叫びを受け止め、次の世代や世界中の人たちに伝え続けたい。 「悲惨な過去」を「悲惨な過去」のままで終わらせないために。 二度と戦争をおこさない未来にするために。 国や文化や歴史、違いはたくさんあるけれど、大切なもの、大切な人を思う気持ちは同じです。 みんなの「大切」を守りたい。 「ありがとう」や「ごめんね」の言葉で認め合い許し合うこと、寄り添い、助け合うこと、相手を知り、違いを理解しようと努力すること。 自分の周りを平和にすることは、私たち子どもにもできることです。 大好きな広島に学ぶ私たちは、互いに思いを伝え合い、相手の立場に立って考えます。 意志をもって学び続けます。 被爆者の思いに、私たちの思いを重ねて、平和への思いを世界につなげます。  令和元年(2019年)8月6日 子ども代表  広島市立落合小学校6年 金田秋佳(しゅうか)  広島市立矢野小学校6年 石橋忠大(ただひろ)
by daisukepro | 2019-08-06 23:21 | 東京新聞

<つなぐ 戦後74年>核廃絶 日本が主導を 広島原爆の日 世界に軍縮促す

c0013092_16185598.jpg
<つなぐ 戦後74年>核廃絶 日本が主導を 広島原爆の日 世界に軍縮促す 2019年8月6日 13時56分  広島は六日、被爆から七十四年の「原爆の日」を迎えた。広島市中区の平和記念公園では午前八時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれた。松井一実市長は平和宣言で、日本が参加していない核兵器禁止条約への署名・批准を政府に促し、戦争で核兵器を使用された経験がある唯一の国として核廃絶実現へ一層の指導力を発揮するよう求めた。 松井市長は昨年の平和宣言では条約批准について踏み込まなかった。今年は「核兵器禁止条約への署名・批准を求める被爆者の思いをしっかりと受け止めていただきたい」と表明。条約が発効に至っていないことを踏まえ、世界の為政者に核軍縮促進と発効に向け努力するよう呼び掛けた。 この一年間に亡くなったり、死亡が確認されたりした五千六十八人の名前を加えた原爆死没者名簿が式典で原爆慰霊碑の石室に納められた。記帳された被爆死没者総数は三十一万九千百八十六人となった。被爆者健康手帳を持つ全国の被爆者は今年三月末時点で十四万五千八百四十四人。平均年齢は八二・六五歳と高齢化が進む。 約五万人の参列者は「平和の鐘」が響き渡る中、原爆投下時刻の八時十五分に黙とうをささげた。広島市の小学生から選ばれた子ども代表で、いずれも六年生の金田秋佳(しゅうか)さん(11)と石橋忠大(ただひろ)君(11)が「平和への誓い」を宣言した。 海外からは八十九カ国と欧州連合(EU)の代表が参列。核保有五大国は中国以外の米英仏ロが出席した。事実上の核保有国のパキスタンとイスラエルは出席。核拡散防止条約(NPT)不参加のインドは欠席した。 国連の軍縮担当上級代表の中満泉事務次長がグテレス事務総長のメッセージを代読し「何十年にもわたり世界をより安全にしてきた軍縮や軍備管理制度を疑問視する声が聞こえ始めている」と警鐘を鳴らした。田上富久長崎市長も出席した。◆「平和への誓い」全文 私たちは、広島の町が大好きです。 ゆったりと流れる川、美しい自然、「おかえり」と声をかけてくれる地域の人、どんなときでも前を向いて生きる人々。広島には、私たちの大切なものがあふれています。 昭和20年(1945年)8月6日。 あの日から、血で染まった川、がれきの山、皮膚がはがれた人、たくさんの亡きがら、見たくなくても目に飛び込んでくる、地獄のような光景が広がったのです。 大好きな町の「悲惨な過去」です。 被爆者は語ります。「戦争は忘れることのできない特別なもの」だと。 私たちは、大切なものを奪われた被爆者の魂の叫びを受け止め、次の世代や世界中の人たちに伝え続けたい。 「悲惨な過去」を「悲惨な過去」のままで終わらせないために。 二度と戦争をおこさない未来にするために。 国や文化や歴史、違いはたくさんあるけれど、大切なもの、大切な人を思う気持ちは同じです。 みんなの「大切」を守りたい。 「ありがとう」や「ごめんね」の言葉で認め合い許し合うこと、寄り添い、助け合うこと、相手を知り、違いを理解しようと努力すること。 自分の周りを平和にすることは、私たち子どもにもできることです。 大好きな広島に学ぶ私たちは、互いに思いを伝え合い、相手の立場に立って考えます。 意志をもって学び続けます。 被爆者の思いに、私たちの思いを重ねて、平和への思いを世界につなげます。  令和元年(2019年)8月6日 子ども代表  広島市立落合小学校6年 金田秋佳(しゅうか)  広島市立矢野小学校6年 石橋忠大(ただひろ)(東京新聞)原爆慰霊碑の前で手を合わせる人たち=6日早朝、広島市の平和記念公園で
by daisukepro | 2019-08-06 16:18 | 東京新聞

郵便、土曜日配達を取りやめへ 人手不足、ネット普及で 2019年8月6日 15時42分

郵便、土曜日配達を取りやめへ 人手不足、ネット普及で 2019年8月6日 15時42分  
c0013092_16031394.jpg
総務省の有識者委員会は6日、郵便サービスの見直しに関する議論の取りまとめ案を了承した。インターネットの普及、人手不足といった社会環境の変化を背景に、手紙やはがきなど郵便物の土曜日配達を取りやめる制度変更が必要だと明記した。今後、必要な法改正の手続きが進むとみられる。 取りまとめ案には、原則差し出しから3日以内としている配達日数の緩和も盛り込んだ。これらの変更は日本郵便が要望していた。(共同) 年賀状配達のセレモニーで、郵便局を出発する配達員=1月1日、東京・日本橋
by daisukepro | 2019-08-06 15:54 | 東京新聞

韓国を「ホワイト国」から除外 閣議決定、規制第2弾

韓国を「ホワイト国」から除外 閣議決定、規制第2弾 2019年8月2日 10時36分  政府は2日、安全保障上の輸出管理で優遇措置を与える「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定した。半導体材料の韓国向け輸出管理の厳格化に続く規制強化の第2弾で、政令公布の21日後に施行され、今月下旬に除外される。日本がホワイト国の指定を取り消すのは韓国が初めて。元徴用工問題などを巡り対立を深める日韓のさらなる関係悪化は確実だ。 韓国は、半導体材料の輸出規制強化の撤回やホワイト国除外を取りやめるよう求めていたが、日本は安全保障上の貿易管理に関する国内運用の見直しだとして応じなかった。米国は日韓対立の仲介に意欲を示していたが、日本が強行した格好だ。(共同)
by daisukepro | 2019-08-02 11:03 | 東京新聞

徴用工問題の解決を求める日本と、輸出規制の撤回を迫る韓国側の応酬に終始

政府、韓国の優遇措置除外へ 2日に閣議決定、関係深刻化
c0013092_09184094.jpg
2019年8月1日 22時35分  【バンコク共同】政府は、河野太郎外相と韓国の康京和外相が1日に行った会談を踏まえ、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を予定通り2日に閣議決定する方針だ。半導体材料に続く輸出規制措置となる。会談は元徴用工問題の解決を求める日本と、輸出規制の撤回を迫る韓国側の応酬に終始。康氏は今後の対応に関し、更新の判断期限を8月下旬に迎える日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)への影響を示唆した。 歴史問題に端を発した日韓の対立は、通商から安保分野にも広がり、一層深刻化する可能性が出てきた。 河野外相(右)との会談に臨み、メディアの退室を促す韓国の康京和外相=1日、バンコク(共同)
by daisukepro | 2019-08-02 09:25 | 東京新聞