カテゴリ:核廃絶( 37 )

核兵器禁止条約賛同を 長崎被爆73年 平和式典 田上市長が政府に要求

2018年8月10日(金)

核兵器禁止条約賛同を

長崎被爆73年 平和式典

田上市長が政府に要求

 73回の「原爆の日」を迎えた長崎市で9日、市主催の平和式典が平和公園で開かれ、被爆者とその遺族、市民らが参列し、11時2分に黙とう。田上富久市長が、日本政府に「核兵器禁止条約に賛同し、世界を非核化に導く道義的責任を果たすことを求める」とした「長崎平和宣言」を読み上げました。国連のアントニオ・グテレス事務総長があいさつし、「被爆者代表 平和への誓い」は田中熙巳(てるみ)さんが務めました。日本共産党の市田忠義副委員長ら党代表団が出席し、市田氏が献花しました。原水爆禁止2018年世界大会・ナガサキデー集会では、禁止条約発効の促進などを求める「長崎からの手紙」(決議)を採択しました。


写真

(写真)長崎平和宣言が読み上げられ、ハトが放たれた平和式典=9日、長崎市の平和公園

国連総長あいさつ

 長崎市主催の平和式典には、被爆者や遺族、市民など5200人が参列し、献花や献水を行い、犠牲者を追悼。原爆投下時刻の午前11時2分に黙とうしました。

 田上富久市長は「平和宣言」で、「核兵器を持つ国々と核の傘に依存している国々のリーダーに訴えます。核兵器に頼らない安全保障政策に転換することを強く求めます」「日本政府には、唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約に賛同し、世界を非核化に導く人道的責任を果たすことを求めます」と述べました。

 「被爆者代表」として「平和の誓い」をした田中熙巳さん(日本原水爆被害者団体協議会代表委員)は、禁止条約に署名・批准しない日本政府を批判。「ヒバクシャ署名運動を発展させ、禁止条約を発効させ、核兵器も戦争もない世界の実現へ力を尽くす」と述べると、会場からひときわ大きな拍手が長く続きました。

 国連のアントニオ・グテレス事務総長があいさつし、核兵器禁止条約の採択は停滞する軍縮への不満の表れだとし、「長崎を核兵器の惨害を受けた地球上で最後の場所にするよう決意し、みなさんとともに努力します」と語りました。

 安倍晋三首相は、核兵器禁止条約には一切ふれず、「核兵器国と非核兵器国の橋渡しにつとめる」との主張を繰り返し、禁止条約に背を向けました。

 式典には71カ国の政府代表などが参列しました。この1年間で亡くなった被爆者は3511人、原爆死没者はあわせて17万9226人となりました。


[PR]
by daisukepro | 2018-08-10 14:36 | 核廃絶

国連総長 被爆者らと懇談 「一緒に世界にメッセージを」

国連総長 被爆者らと懇談

「一緒に世界にメッセージを」

写真

(写真)アントニオ・グテレス事務総長(中央)と懇談する長崎・広島の被爆者ら=8日、長崎市内

 被爆地長崎を訪れた国連のアントニオ・グテレス事務総長は8日、長崎市内で長崎原爆被災者協議会(長崎被災協)の田中重光会長をはじめ長崎の被爆5団体の代表と広島の被爆者らとひざをつきあわせて懇談し、田上富久長崎市長、松井一実広島市長ら首長・議長と面談しました。

 被爆者との懇談で田中さんは「被爆者は73年間いろんな苦しみを味わってきました。核兵器をなくせと一生懸命運動してきて、昨年国連で核兵器禁止条約ができました。本当に生きていて、よかったなと思った瞬間でした。でも、核兵器がなくなったわけではありません。国連のみなさんと協力して廃絶までがんばっていきたい」と語りました。

 次々に被爆体験を語った被爆者の話を聞いたグテレス事務総長は「みなさんの言葉を聞くと本当に謙虚な気持ちになりました。連帯するためにここに来ました。同じ悲劇を二度と起こしてはいけない。一緒に世界にメッセージを伝えていきます」と応えました。

 懇談の最後に田中さんは、「唯一の戦争被爆国の日本政府が禁止条約を批准していないことは腹立たしく悲しい」と表明。「ヒバクシャ国際署名にとりくみ核保有国と核の傘の政府が条約に加わってくれることを心待ちにしています。国連と一緒にがんばっていきたい」と結びました。

 首長との懇談では、田上市長が、「今回の訪問を生かして、各国のリーダーに被爆地訪問をぜひすすめてください」と要請しました。


[PR]
by daisukepro | 2018-08-10 06:43 | 核廃絶

8月6日 忘れまじ 蝉2018−2 蝉は鳴く

8月6日 忘れまじ原爆を 
蝉2018−2 蝉は鳴く

[PR]
by daisukepro | 2018-08-07 19:28 | 核廃絶

ヒバクシャ国際署名と安倍政権を倒す9条改憲ノー

きょうの潮流

 雲ひとつない青空と強烈な暑さ。ミン、ミンと鳴くセミの声が耳に残る6日の広島▼平和公園近くにある広島県立第一高等女学校(現・皆実(みなみ)高)の追憶之碑の前で行われた原爆犠牲者追悼式に、10人近くの高齢女性が集いました。神奈川県原爆被災者の会前会長の中村雄子さんが呼びかけた当時2年の級友です。「86歳になったけど、子どものままで命を失った友だちのことを忘れてはいけない」と中村さん▼73年前のあの日、建物を壊して防火帯をつくる作業に動員された1年生223人は被爆し、亡くなりました▼2年生は学校ではなく、飛行機の部品工場で被爆。中村さんの左腕はガラス片でえぐられた傷が。「私たちはあの頃、国のためにといわれ、着たいものも着れずに、やりたいこともやれずに懸命に生きた。なのに、たった12、13歳で、未来が奪われた。戦争と核兵器は絶対に許せない」と。広島市平和記念式典のあいさつで「核兵器禁止条約の“き”の字も言わない安倍さんは世界に恥ずかしい。唯一の戦争被爆国の首相といえない」▼核兵器を「悪魔の兵器」と断じ禁止する世界の流れは後戻りしません。共闘の時代、国民的な共同という新しいステージに立った原水爆禁止2018年世界大会。若い人が目立ち、高校生が訴えました。「私たちの声で日本を変える。世界は変わる」▼核保有国とその同盟国での運動が決定的。ヒバクシャ国際署名と安倍政権を倒す9条改憲ノーのたたかいを合流させ、共同・共闘の前進を誓う夏です。



[PR]
by daisukepro | 2018-08-07 09:57 | 核廃絶

原爆犠牲者に黙とう 全米でヒロシマデー ワシントンでは集会

原爆犠牲者に黙とう

全米でヒロシマデー ワシントンでは集会

写真

(写真)ヒロシマデーにあわせ集会を開き、核兵器廃絶をよびかける市民たち=5日、ワシントン市内(遠藤誠二撮影)

 【ワシントン=遠藤誠二】73回目の広島原爆投下の日にあわせ全米各地で5日、核兵器廃絶を呼びかけるイベントが取り組まれ、首都ワシントンでは、マーティン・ルーサー・キング牧師の記念広場で市民が集会を開きました。

 主催は、首都圈ヒロシマ・ナガサキ平和委員会。原爆が投下された日本時間の6日午前8時15分(ワシントン時間5日午後7時15分)に、同委員会で活動する広島出身の神田貴央氏の呼び掛けで、参加者が原爆犠牲者を悼み、黙とうしました。

 集会では、反核団体NIRSのダイアン・ダリゴさんが、「国連で核兵器禁止条約が採択され約1年がたった」と述べ、米国や世界中の人々が核兵器のない世界にむけて連帯することを訴えました。



[PR]
by daisukepro | 2018-08-07 09:54 | 核廃絶

禁止条約発効へ共同さらに 原水爆禁止世界大会 ヒロシマデー集会6000人

禁止条約発効へ共同さらに

原水爆禁止世界大会 ヒロシマデー集会6000人

 原爆投下から73回の「原爆の日」を迎えた6日、広島市民らは同市主催の平和記念式典をはじめ市内各地で、原爆が投下された午前8時15分、犠牲者を悼んで黙とうしました。式典での「平和宣言」で松井一実市長は、核兵器禁止条約の発効にむけて、日本政府に「役割を発揮してほしい」と表明。式典には日本共産党の小池晃書記局長ら党代表団が出席しました。原水爆禁止2018年世界大会・広島は、ヒロシマデー集会(閉会総会)を開催。被爆の実相を広げ、禁止条約の発効を求める国際的共同の発展をめざす決意にあふれました。


写真

(写真)広島からのよびかけを採択して閉会したヒロシマデー集会=6日、広島県立総合体育館

条約サインする政府をつくろう

 県立総合体育館で開かれたヒロシマデー集会では、全国から6000人(主催者発表)が参加。市民社会と政府のさらなる共同などを訴える「広島からのよびかけ」(決議)を採択しました。

 オーストリアのトーマス・ハイノッチ欧州統合外務省軍縮軍備管理不拡散局長があいさつし、「核兵器禁止条約は“二度と繰り返すな”を確かなものにする具体的な一歩だ」と強調し、「核兵器に関して新しい政治方針を確立できる。その実現は私たち全員にかかっている」とのべました。

 東京都原爆被害者協議会の山田玲子副会長は被爆の実相を語り、「力をあわせて核兵器廃絶の日までがんばっていきたい」と表明。日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の箕牧智之代表理事が「ヒバクシャ国際署名」を広島では県民半数の140万人分を目標にとりくんでいると紹介し、「核兵器廃絶を訴え続けていこう」と訴えました。

 英国、ベトナム、韓国、米国の市民代表が、各国政府に禁止条約の批准を求め、国際連帯で条約発効をめざす決意を表明。「被爆国の決意」で、北海道の高校生3人が「私たちの声で世界は変わる」「原爆の恐ろしさを発信し続ける」と発言。東京原水協の代表は、「ヒバクシャ国際署名」を年内100万人を目標にとりくむと語りました。

 日本共産党の小池晃書記局長があいさつし、国連での核兵器禁止条約の採択と朝鮮半島での非核化に向けた動きにふれ、被爆者・国民の願いに背き、禁止条約に反対する安倍晋三首相を「どこの国の総理か」と批判。「禁止条約の発効に向けて、『ヒバクシャ国際署名』を広げに広げよう。市民と野党の共闘をすすめ、禁止条約にサインする政府をつくろう」と訴えると大きな拍手が起こりました(詳報)。自由党の小沢一郎代表、参院会派「沖縄の風」の糸数慶子代表、「無所属の会」代表の岡田克也衆院議員のメッセージが紹介されました。オーストリアのファンデアベレン大統領からメッセージが届いたことが紹介されました。


[PR]
by daisukepro | 2018-08-07 09:51 | 核廃絶

6日は広島原爆の日 核禁止条約「一里塚」に

 広島は6日、原爆投下から73年の「原爆の日」を迎える。広島市中区の平和記念公園では午前8時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれる。

 松井一実市長は平和宣言で、核保有国に核拡散防止条約(NPT)が義務付ける核軍縮の誠実な履行を要求した上で、国際社会に核兵器禁止条約を核廃絶への「一里塚」にするよう求める。

 宣言は朝鮮半島の緊張緩和の進展に期待し、自国第一主義の台頭や核兵器の近代化など世界の現状を「冷戦期の緊張関係の再現」と懸念を表明。歴史を忘れた時に人類は再び重大な過ちを犯すとして、「ヒロシマを継続して語り伝えなければ」と主張する。

(共同)

 広島市の平和記念公園で千羽鶴をささげる子どもたち=5日午後

c0013092_08444743.jpg
 広島市の平和記念公園で千羽鶴をささげる子どもたち=5日午後


[PR]
by daisukepro | 2018-08-06 08:45 | 核廃絶

原水爆禁止2018年世界大会・広島 政府代表あいさつ アイルランド 核禁止条約は画期的

原水爆禁止2018年世界大会・広島 政府代表あいさつ

アイルランド 核禁止条約は画期的

写真

(写真)外務貿易省軍縮不拡散局ジェイミー・ウォルシュ副局長

 アイルランドは、核兵器が国境を越えて影響を及ぼすことを国際社会は認めるべきだと考えています。わが国の軍縮外交政策は、通常兵器であれ大量破壊兵器であれ、無制限の使用と拡散がいかに人権を侵害し、開発を妨げるかという点を一貫して強調しています。

 私たち政府と市民社会はともに、危険な世界の安全保障問題に、恐れではなく大志をもって取り組まねばなりません。互いの不信ではなく、信頼の上に成り立つ世界秩序の構築に決意を新たにしようではありませんか。

 核兵器禁止条約は、核兵器全面廃絶に有効な法的枠組みを定めた画期的な文書です。被爆者の力強い証言が世界に与えてきた影響を考えれば、被爆者の役割が条約に言及されているのは当然です。

 禁止条約が核兵器不拡散条約(NPT)を損なうものだとの意見は誤っています。核兵器の禁止は論理にかなった、かつ道徳的な責務です。

 NPTを守る最上の道はそれを履行することです。禁止条約はその履行を可能にするものです。現存する軍縮・不拡散体制にとって、禁止条約は実際的で、補完的なものであり、今それは現実となったのです。

写真

(写真)セイコー・イシカワ駐日大使

ベネズエラ 完全廃絶が唯一の保証

 (非同盟運動を代表しての発言)非同盟運動は発足以来、核軍縮の先頭に立ち、最優先の課題に位置づけ、核兵器の完全廃絶という目標達成に向けて努力してきました。

 非同盟運動は、あらゆる面での核軍縮と核不拡散の進展は、国際の平和と安全を強化するために不可欠であることを強調します。核兵器の完全廃絶は核兵器の使用または威嚇を防ぐ唯一の絶対的保証であると、改めて主張します。

キューバ 調印、批准を求める

写真

(写真)クラウディオ・モンソン駐日二等書記官

 2017年7月7日、世界の圧倒的多数の国は核兵器禁止条約を採択しました。これは核廃絶に向かう基本的な一歩でした。キューバはこの条約を最初に批准した5カ国の一つです。国際社会と声を合わせて、核大国をはじめ禁止条約に調印、批准していない国にそうするよう求めています。

 「核抑止力」という考え方もきっぱり投げ捨てねばなりません。これは核廃絶に寄与するどころか、核兵器の永久保有を促進することになるからです。





[PR]
by daisukepro | 2018-08-06 08:22 | 核廃絶

核兵器・戦争のない社会へ 沖縄新基地反対で国際連帯 原水爆禁止世界大会 国際会議討論続く

核兵器・戦争のない社会へ

沖縄新基地反対で国際連帯

原水爆禁止世界大会 国際会議討論続く

写真

(写真)国際会議2日目、発言を聞く参加者=3日、広島市中区

 広島市で開催中の原水爆禁止2018年世界大会・国際会議は3日、第3セッション「核兵器廃絶と諸分野の運動との連帯」をテーマに議論し、続いて「核兵器の非人道性」「核兵器禁止・廃絶と市民運動の役割」など三つの分科会で討論しました。

 第3セッションでは、「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」の山本隆司事務局長が、翁長雄志知事が埋め立て承認撤回を表明したことを紹介。工事計画変更を県知事が承認しない限り新基地は建設できないと述べ、全国・国際連帯の支援を訴えると、拍手がわき起こりました。

 非核フィリピン連合のコラソン・ファブロスさんは、沖縄への連帯を表明し、「このたたかいに参加を」と呼びかけました。

 ロシアのフィンランド港南岸公共評議会のオレグ・ボドロフさんは、原発について「まやかしの平和利用から地球を守る努力を結集させよう」と発言。

 ベトナム平和委員会のドン・フイ・クオンさんは、同国が核兵器禁止条約を署名・批准したと報告しました。

 討論で、全労連の長尾ゆり副議長は、「ヒバクシャ国際署名」、安倍9条改憲阻止の「3000万人署名」を集め、「子どもたちに核兵器も戦争もない社会を手渡す」と表明。韓国・キョレハナ平和研究センターの李俊揆(イ・ジュンキュ)さんは、朝鮮半島をめぐる激動のもとで「日韓市民連帯の新しい発展をつくりたい」と語りました。


[PR]
by daisukepro | 2018-08-04 21:44 | 核廃絶

主張 禁止条約採択1年 「核なき世界」へ運動さらに

2018年7月6日(金)

主張

禁止条約採択1年

「核なき世界」へ運動さらに

 人類史上初めて核兵器を違法化する核兵器禁止条約が、国連会議で採択されてから7日で1年になります。米朝首脳会談の初の開催など平和と非核化をめぐる劇的情勢が展開するもとで、「核兵器のない世界」をめざす運動は、新たな段階を迎えようとしています。

激しいせめぎ合いの情勢

 この1年の大きな変化の一つは、被爆者をはじめとする市民社会、反核平和運動の役割が飛躍的に拡大し、国際社会で存在感を高めていることです。政府レベルの国際会議でも被爆者の訴えには、核保有国の代表も耳を傾けざるを得ない状況になっています。今年8月の広島・長崎での原水爆禁止世界大会にもアイルランド、オーストリア、メキシコ、キューバ、ベネズエラなど、市民とともに禁止条約実現に尽力してきた政府がすでに参加を表明しています。

 禁止条約を成立させたのは諸国政府と市民社会の共同です。国の大小ではなくて、すべての国が対等・平等に国際政治に参加し、市民と力を合わせ新たな世界をつくる時代になりつつあります。

 禁止条約の発効には50カ国の批准が必要です。署名したのは59カ国、批准は10カ国です。批准の国内手続きに一定の時間がかかることは事実です。しかし、現状は、禁止条約を推進する勢力とそれに反対する勢力とのせめぎ合いを反映しているともいえます。禁止条約を支持してきたスウェーデンの国防相に米国の国防長官が、署名すれば防衛協力に否定的影響が出ると圧力をかけたと現地メディアが報じました。昨年の国連会議でも南アフリカ大使が、核保有国からアフリカ諸国に「会議に参加するな」との圧力があったと発言していました。国際的なレベルで、条約に反対する勢力の策動があることは想像に難くありません。

 各国内でもさまざまな動きがあります。禁止条約を推進してきたスイス政府が「足踏み」を続ける中で、議会は政府に署名を求める決議を可決しました。北大西洋条約機構(NATO)加盟国で、禁止条約に反対するイタリアやノルウェーでは、政府に条約に参加する可能性について「調査」を求める決議が議会で採択されました。

 日本共産党は昨年から安倍晋三政権に禁止条約への署名、批准を強く要求してきました。立憲民主党、社民党、自由党、参院会派「沖縄の風」も署名、批准を求めており、野党の共通政策に盛り込み、市民と野党の共闘を発展させていくことが期待されています。293自治体(4日現在)が、政府に署名、批准を求める意見書を可決しています。地方議会でも攻防が繰り広げられています。

共同の力を発揮する時

 米トランプ政権もロシアのプーチン政権も、新たな核兵器の開発を打ち出しています。被爆国日本の政府が、かたくなに禁止条約に反対しているのも、米国の「核抑止力」=「核の傘」への依存を強めているからに他なりません。

 「逆流」をのりこえ、「核なき世界」へ前進するために、国内外の運動の新たな発展が不可欠です。激動の情勢にふさわしく、禁止条約を実現した共同の力を、いかんなく発揮する時です。「ヒバクシャ国際署名」を大きくすすめることが重要です。1カ月後に迫った原水爆禁止世界大会の成功が強く期待されます。



[PR]
by daisukepro | 2018-07-06 21:22 | 核廃絶