人気ブログランキング |

カテゴリ:サヨナラ( 24 )

李姫鎬女史死去…“民主化の先達”平和への旅路を終える

李姫鎬女史死去…“民主化の先達”平和への旅路を終える
c0013092_23370562.jpg
登録:2019-06-11 08:38 修正:2019-06-11 09:10페이스북트위터프린트글씨크기 크게글씨크기 작게故・李姫鎬金大中平和センター理事長が、大統領府時代明るく笑っている姿。故人が生前に「遺影写真」に選んでおいたとセンターの関係者が伝えた//ハンギョレ新聞社 金大中(キム・デジュン)元大統領の夫人であり、女性運動家・民主化運動家として生涯を送った李姫鎬(イ・ヒホ)金大中平和センター理事長が、10日午後11時37分、ソウル西大門区(ソデムング)の延世大学セブランス病院で死去した。享年97歳。 金大中平和センターの代弁人はこの日夜、「一部マスコミで肝臓がんのために闘病したと報じられたが、がんの診断を受けたことはなく、高齢による老患で亡くなった」と明らかにした。李理事長は今年に入って健康が急速に悪化した。風邪などで数回入退院を繰り返した。4月には「危篤説」が報道されたりもし、4月20日に長男のキム・ホンイル元議員が死去した時も、周りからは李理事長に息子の臨終を伝えられなかった。 1922年、ソウルで6男2女の4番目で長女として生まれた李理事長は、1942年、梨花女子専門学校(現、梨花女子大学)文科に入学した。2年で強制的に卒業した後、解放後の1946年、ソウル大学師範大学に再び入学し、1950年に卒業した。1954年から4年間、米国テネシー州ランバス大学とスカリット大学で社会学の修士課程を卒業した。梨花女子大学講師、大韓女性キリスト教青年会連合会(YWCA)総務、韓国女性団体協議会理事などを務めた。 故人は社会問題に目覚めた女性活動家であり、揺るがぬ信仰で艱難辛苦を乗り越えてきた宗教者だった。特に1962年に満40歳で政治家金大中と結婚した後は、夫とともに不屈の意志で人権と民主主義のために闘う闘士の人生を送った。 故人は生前ハンギョレのインタビュー(「道を探して-李姫鎬評伝」)で、「私の良心に照らして一生を恥じることなく生きたと思います。女性運動家・民主化運動家として記憶されることを願います」と語っている。金大中元大統領との生活については、このように振り返りもした。「私たちは本当に互いに人格を尊重しました。遅く結婚し、結婚する時は多くの人たちが反対しましたが、本当に良い方に出会い、私の人生は価値があり有意義に生きたと思います」 遺族には息子のキム・ホンオプ(元国会議員)、ホンゴル(民族和解協力汎国民協議会代表常任議長)氏と、息子の妻のユン・ヘラ、シン・ソンリョン・イム・ミギョン氏などがいる。 葬儀は五日葬とし、弔問は11日午後2時から可能だ。安置所は延世大学セブランス病院の葬儀場特1号、出棺は14日午前6時、葬礼礼拝は午前7時に故人が生涯通った新村(シンチョン)のチャンチョン教会で行う予定。ソウル銅雀洞の国立顕忠院の金大中元大統領の墓に合葬する。キム・ウォンチョル記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
by daisukepro | 2019-06-13 23:37 | サヨナラ

渡辺亮徳さん20日、老衰のため死去、89歳。

c0013092_10503460.jpg
渡辺亮徳さん 元東映副社長 2019年5月30日  渡辺亮徳さん(わたなべ・よしのり=元東映副社長)20日、老衰のため死去、89歳。東京都出身。葬儀は既に家族葬で行った。喪主は長男一(はじめ)さん。 「仮面ライダー」など多くの特撮番組をプロデュース。東映ビデオ社長なども務めた。
by daisukepro | 2019-05-30 10:44 | サヨナラ

作家の小池一夫さんが死去 漫画「子連れ狼」の原作者

 映画化され大ヒットした漫画「子連れ狼」の原作などで知られる作家の小池一夫(こいけ・かずお、本名俵谷星舟=たわらや・せいしゅう)さんが17日午後8時ごろ、肺炎のため東京都内の病院で死去した。82歳。秋田県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。

 漫画家さいとう・たかをさんのプロダクションで「ゴルゴ13」の原作を手掛けるなどした後、1970年から雑誌で「子連れ狼」(小島剛夕さん作画)の連載を開始。さすらいの旅を続ける剣の達人、拝一刀と息子の大五郎の物語で、映画やテレビドラマ化され、海外でも人気になった。劇画原作の代表作に、「修羅雪姫」「御用牙」「乾いて候」など。

(共同)

 死去した小池一夫さん

 死去した小池一夫さん

by daisukepro | 2019-04-19 21:51 | サヨナラ

タレントのケーシー高峰さん死去 医事漫談、脇役でも活躍

 「医事漫談」で人気を集め、映画やテレビドラマの脇役としても活躍したタレントのケーシー高峰(けーしー・たかみね、本名門脇貞夫=かどわき・さだお)さんが8日午後3時30分ごろ、肺気腫のため福島県いわき市の病院で死去した。85歳。山形県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は妻詠子(えいこ)さん。

 日大芸術学部を卒業後、司会業を経て漫談家に。テレビ番組に出演し「セニョール」などのスペイン語を交えながら、白衣を着てお色気混じりで医学の知識を紹介する医事漫談で親しまれた。

 その後、映画「楢山節考」「塀の中の懲りない面々」への出演をはじめ、俳優としても活躍した。

(共同)

 死去したケーシー高峰さん

 死去したケーシー高峰さん

by daisukepro | 2019-04-10 13:28 | サヨナラ

米指揮者のA・プレビン氏死去 作曲家・ピアニスト

 【ニューヨーク共同】米国を中心に活動したピアニストで作曲家、指揮者のアンドレ・プレビン氏が2月28日、ニューヨーク・マンハッタンの自宅で死去した。89歳。死因は不明。米メディアが伝えた。

 1929年、ベルリンで裕福なユダヤ人家庭に生まれたが、ナチスによる迫害から逃れるため家族でドイツを離れ、39年にロサンゼルスに移住。ジャズピアニストとして頭角を現す一方、ハリウッドで映画音楽の作曲や編曲を手掛け、オードリー・ヘプバーン主演の「マイ・フェア・レディ」(64年)などでアカデミー賞を4度受賞した。

 死去したアンドレ・プレビン氏(ゲッティ=共同)

 死去したアンドレ・プレビン氏(ゲッティ=共同)


by daisukepro | 2019-03-05 06:52 | サヨナラ

「マーベル」スタン・リー氏死去 「スパイダーマン」などの巨匠

 【ロサンゼルス共同】「スパイダーマン」など数多くのスーパーヒーローを創作し、米コミック界の「巨匠」と呼ばれたスタン・リー氏が12日、米西部ロサンゼルスの病院で死去した。95歳。米メディアが報じた。体調不良が伝えられていた。

 1922年、ニューヨーク生まれ。39年にマーベル・コミックの前身の出版社に入社。第2次大戦中は陸軍通信部隊でイラストレーターなどをした。60年代に「ファンタスティック・フォー」がヒット。その後、原作者として漫画家らと組み「スパイダーマン」「X―メン」「アイアンマン」など米ポップカルチャーの代表的キャラクターを次々生み出した。

陰なつかしきスパイダーマン(コバヤシ)




 2004年、映画「スパイダーマン2」のプレミアでポーズを取るスタン・リー氏=ロサンゼルス(AP=共同)


by daisukepro | 2018-11-13 21:55 | サヨナラ

訃報 フランシス・レイ氏 仏作曲家 86歳

訃報

フランシス・レイ氏 仏作曲家 86歳

フランシス・レイ=1971年撮影

 フランシス・レイ氏(フランスの作曲家)同国のメディアによると、7日までに死去、86歳。亡くなった日や死因は明らかにされていない。

     32年、フランス南東部ニース生まれ。シャンソンの作曲でキャリアを始め、「ダバダバダ」のスキャットで知られる映画「男と女」(66年)のテーマ音楽が大ヒット。その後もクロード・ルルーシュ監督と名コンビを組み、「白い恋人たち」など数々の映画音楽を作曲した。米映画「ある愛の詩」(70年)ではアカデミー作曲賞を受賞した。(共同)


    by daisukepro | 2018-11-09 01:27 | サヨナラ

    アナン元国連事務総長死去 協調外交でノーベル平和賞

     【ニューヨーク共同】国連によると、米中枢同時テロやイラク戦争など世界が大きく揺れた1997~2006年に国連トップの事務総長を務め、01年にノーベル平和賞を受賞したコフィ・アッタ・アナン氏が18日、スイスで死去した。80歳だった。死因は明らかになっていない。

     アフリカ出身の事務総長として弱者や人権に重きを置く国連の基礎的な価値観を重視。グローバル化の中、国連を軸にした協調外交を進めた点が評価されノーベル平和賞を受賞、03年に始まった米国主導のイラク戦争には一貫して反対した。

     死去したコフィ・アッタ・アナン氏(ロイター=共同)

     死去したコフィ・アッタ・アナン氏(ロイター=共同)


    by daisukepro | 2018-08-19 00:13 | サヨナラ

    桂歌丸さん死去、81歳 「笑点」や古典落語の発掘にも尽力

    桂歌丸さん死去、81歳 「笑点」や古典落語の発掘にも尽力

    c0013092_22345253.jpg

    忘れられた落語を、後世に伝えたい――。そんな思いを生前に語っていた。


    演芸番組「笑点」で最後の司会を務めた後、大喜利メンバーとともに記者会見した桂歌丸さん=2016922日午後、東京都千代田区


    落語家の桂歌丸さんが72日に死去したと毎日新聞などが報じた。81歳だった。

    桂歌丸(本名:椎名巌、しいな・いわお)さんは19368月、横浜市真金町の出身。51年に古今亭今輔に入門。前座名「今児」を名乗った。

    54年に二ツ目昇進後、桂米丸に入門。「桂米坊」を名乗った後、64年「桂歌丸」に改名。683月に真打昇進を果たした。

    日本テレビの演芸番組「笑点」では1966年の放送開始時から大喜利レギュラーとして出演。立川談志、三遊亭圓楽(5代目)などともに茶の間を賑わせた。

    歴史に埋もれた落語「後世に伝えるのも我々の使命」

    埋もれた古典落語を発掘し、改良を加えて再び高座に復活させる取り組みでも知られた。「辻八卦(はっけ)」「小烏丸」「いが栗」「毛せん芝居」など数々の落語を掘り起こし、持ちネタにした。

    忘れられた落語を、後世に伝えたい――。その理由を、歌丸さんは生前にこう語っていた。

    「埋もれた話というのはどこかに欠陥がある。差別問題を扱ったり、放送禁止用語があったり......。でも埋もれさせとくには惜しい。そこを改作すれば、十分おもしろい話として残してゆける。これらを後世に伝えてゆくのも我々の使命ですよ」(198926日・朝日新聞夕刊より)

    五代目圓楽の死去後、2009年「笑点」の司会者に就任。時に政治風刺を交えた鋭いコメントも光った。三遊亭楽太郎(現:6代目圓楽)との掛け合いは、大喜利の鉄板ネタだった。

    20165月、放送スタート50周年の節目に「笑点」を卒業。司会を春風亭昇太に引き継いだ。

    近年は体調不良で入退院を繰り返し、鼻に酸素吸入のためのチューブをつけて高座にあがったこともしばしばだったが、最期まで高座にかける情熱は衰えることはなかった。

    戦争を経験した世代として、いかにして平和の尊さを後世に伝えていくべきか。

    戦後70年となった2015年、歌丸さんはNHKのインタビューにこう語っている。

    「人にそんなこと(戦争について)伝えられません。それは個々に感じることです。自分自身で経験して自分自身で判断しているんです」

    「伝えていくべきだとは思いますけれども、話をしただけでは分かってくれないですよね。食糧難時代というものがどういうもんだったのか。あるいは焼夷弾というものがどういう落ち方をして、爆弾というものがどういうふうに落ちたのか。そして進駐軍というのが戦後になって乗り込んできてどういう思いをしたのか」

    「口では言えますけれども、ご存じないからそれは身を持って体験することはできません。けれども伝えていくべきだと思います、私は」


    NHK「私の中の戦争 落語家 桂歌丸さん ~疎開の日々そして・・・~ - MIRAIMAGINE

    戦争を経験した世代は「道の雑草を摘んできて食べて命つないでた」と、歌丸さんは当時の過酷な生活を語った。

    ただ、「話をしただけでは分かってくれない」。そんな危機感が、言葉の端々から感じられる。

    「決して忘れてはいけないこと。日本は二度と再びああいう戦争は起こしてもらいたくないと思いますね。あんなものは愚の骨頂です。世界中が本当の平和にならなきゃいけない時代が早くこなくちゃならないと思っていますね」

    「子どもさんたちに難しいことかもわかりませんけれども、簡単に言えば、戦争、人間同士の争いというもの、あるいは国同士の争いというものこういうものは決してやるもんじゃないということを感じてもらいたいですよね。本当にいやな思いをしましたんでね」


    NHK「私の中の戦争 落語家 桂歌丸さん ~疎開の日々そして・・・~ - MIRAIMAGINE

    戦争の悲惨さや愚かさを、後世にどう伝えていくべきか。歌丸さんは「お父さん、お母さん」の役割が大きいと説く。

    「お父さんとお母さんに私はお願いしておきたいんだ。子どもさんにこういう悲惨なことを伝えていってよく聞かせてやって頂きたい」

    「今のお父さんやお母さんは年が若いんで経験がないと思います。でもおじいさんおばあさんがいたらば、おじいさんおばあさんに、孫にあるいはひ孫に日本はこうだったんだああだったんだっていうのをきちんと伝えていってもらいたいと思います」


    「そしてあまり平和に慣れ過ぎないように。これでいいんだと思わないように。苦労というものが人間には必ずあるんだということ、これを心に留めておいてもらいたいですね。だから子どもさんがどの方の意見を選ぼうがかまいませんけれどもよくかみしめて頂きたいと思います」


    NHK「私の中の戦争 落語家 桂歌丸さん ~疎開の日々そして・・・~ - MIRAIMAGINE


    心から「笑い」を楽しめる幸せを、いま噛み締めたい



    dims.jpg

    日蓮宗長瀧山「本法寺」公式サイトより

    「はなし塚」


    歌丸さんが「決してやるもんじゃない」と語った戦争。先の大戦は、落語にも暗い影を落とした。

    全てが戦争に動員された時代、男女の仲や人間の業を描いた落語は不謹慎だとされた。遊郭を題材にした廓噺や艶笑噺は、「風俗を乱す」などの理由で自粛が求める声が強まっていた。

    1941年、落語家たちは浅草・本法寺に「はなし塚」という塚を建立。53演目の「禁演落語」を葬った。その中には「明烏」「五人廻し」「木乃伊取り」「居残り佐平次」「錦の袈裟」など、数々の名作が含まれた。

    終戦翌年の19469月、禁演落語は「禁演落語復活祭」で甦った。当時、本法寺の住職は「山河亡びたる邦国の民に真の笑ひを」と述べたという。

    歌丸さんは生前、こんな言葉を残している。

    「文化に国境はない」

    会長メッセージ|落語芸術協会より)

    心から「笑い」を楽しめる幸せを、いま噛み締めたい。

     日本テレビ系演芸番組「笑点」のレギュラーを長く務め、軽妙な語り口で親しまれた落語家の桂歌丸(かつら・うたまる、本名椎名巌=しいな・いわお)さんが2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため、横浜市内の病院で死去した。81歳。横浜市出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は妻椎名冨士子(しいな・ふじこ)さん。お別れ会を11日午後2時から横浜市港北区菊名2の1の5、妙蓮寺で開く。

     15歳で古今亭今輔に入門し、後に桂米丸さんの門下に。1966年に始まった「笑点」で大喜利レギュラーに。68年に真打ちに昇進した。

     寄席では、埋もれていた古典落語を高座にかけた。

    (共同)



    by daisukepro | 2018-07-02 22:37 | サヨナラ

    岸井成格(きしい・しげただ)さんが15日、肺腺がんのため自宅で死去した


    毎日新聞社特別編集委員でニュース番組のコメンテーターなどを務めた岸井成格(きしい・しげただ)さんが15日、肺腺がんのため自宅で死去した。73歳。後日、お別れの会を開く。

     東京生まれ。1967年慶応大法学部卒。同年毎日新聞社入社。ワシントン特派員、政治部長、論説委員長、主筆などを歴任した。

     コメンテーターとして、TBS日曜朝の情報番組「サンデーモーニング」などテレビやラジオなどに数多く出演。2013年から16年までTBSの夜のニュース番組「NEWS23」では、ニュースを分析し、掘り下げて伝えるアンカーを務めた。分かりやすい解説と歯に衣(きぬ)着せぬ発言で定評があり、14年には優れたテレビ作品などに贈られる「橋田賞」を報道番組の解説者として受賞した。16年にはTBSと専属契約を結んで「スペシャルコメンテーター」に就任した。

     著書に「大転換 瓦解へのシナリオ」「議員の品格」、主な共著に「政変」「政治家とカネ」などがある。


    by daisukepro | 2018-05-15 23:02 | サヨナラ