カテゴリ:お知らせ( 107 )

映画人九条の会 14周年のつどい 講師 高田 健

c0013092_22245421.jpg

[PR]
by daisukepro | 2018-12-09 12:49 | お知らせ

9条の会東京連絡会講演会 いよいよ明日18時からエヂュカスエ東京です!

c0013092_22270201.jpg



[PR]
by daisukepro | 2018-12-09 12:43 | お知らせ

東京9条の会講演会 お話 小森陽一(東大教授 9条の会事務局長)

c0013092_22243526.jpg

[PR]
by daisukepro | 2018-12-05 22:31 | お知らせ

あべ改憲のつぶし方(教えます) 12月10日映画人9条の会14周年記念集会のお知らせ

c0013092_22245421.jpg

[PR]
by daisukepro | 2018-12-05 22:26 | お知らせ

あべ改憲のつぶし方(教えます) 12月10日映画人9条の会14周年記念集会のお知らせ

c0013092_20562294.jpg

[PR]
by daisukepro | 2018-12-03 20:57 | お知らせ

あべ改憲のつぶし方(教えます) 12月10日映画人9条の会14周年記念集会のお知らせ

c0013092_08351836.jpg

[PR]
by daisukepro | 2018-12-01 08:37 | お知らせ

1.特別講演 「日本の現状と未来」 〜沖縄の知事選挙とアメリカ中間選挙の結果を受けて大きく変わる安倍政権の基盤

安保法制違憲訴訟の会事務局からのお知らせです。

【もくじ】
1.特別講演 「日本の現状と未来」 講師 金平茂紀
2.ニュース発送ボランティアのお願い
3.第10回読書会「安保法制違憲訴訟を読む」
4.1人1票裁判(2017衆院選)の最高裁弁論

==================================================================
1.特別講演 「日本の現状と未来」
〜沖縄の知事選挙とアメリカ中間選挙の結果を受けて大きく変わる安倍政権の基盤
==================================================================
[講 師] 金平茂紀さん
     ジャーナリスト・TBS「報道特集キャスター」
[日 時] 2018年11月20日(火)18時30分 開始
[参加費] 500円
[場 所] 文京シビックセンター スカイホール
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
交通機関:東京メトロ後楽園駅・丸ノ内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分
都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分
JR総武線水道橋駅(東口)徒歩9分
[講師プロフィール]1977年、TBS入社。報道局社会部記者として、警視庁記者クラブ、
司法記者クラブ、文部省記者クラブを経て、1986年より報道番組のディレクター及び
プロデューサーとなる。JNNモスクワ支局長、『筑紫哲也 NEWS23』番組編集長、
JNNワシントン支局長、TBS報道局長、TBSアメリカ総局長兼TBSインターナショナル副
社長、コロンビア大学東アジア研究所の客員研究員を歴任。
現在、『報道特集』のメインキャスターを務めている。

==============================
2.ニュース発送ボランティアのお願い
==============================
次回ニュース、No.11の発送を行います。お手伝いいただける方は連合会館まで、
直接お越しください。いつもありがとうございます。

2018年12月3日(月)13:00−
場所:連合会館
https://rengokaikan.jp/access/
・東京メトロ千代田線 「新御茶ノ水駅」 B3出口(徒歩0分) 
・東京メトロ丸ノ内線 「淡路町駅」 B3出口 ※(B3出口まで徒歩5分) 
・都営地下鉄新宿線 「小川町駅」 B3出口 ※(B3出口まで徒歩3分) 
丸ノ内線/新宿線をご利用の方は地下道を通り、千代田線方面へ 
※B3a・B3b出口は、違う方向へ出ますのでご注意ください。
・JR中央線・総武線 「御茶ノ水駅」 聖橋口(徒歩5分)

===================================
3.第10回読書会「安保法制違憲訴訟を読む」
===================================
2018年12月4日(火)18:30 - 20:30
場所:東京ボランティア・市民活動センター (TVAC) A会議室
https://www.tvac.or.jp/tvac/access.html
JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「飯田橋セントラルプラザ」 の10階です。
低層用エレベーターで10階までお上がり下さい。

第10回のテキストは、下記のとおりです。
・忌避申立について 報告:大村芳昭さん
・学者意見書「安全保障法制の違憲性」小林武 沖縄大学客員教授 報告 有家綱雄さん
特別ゲスト: 古川(こがわ)健三弁護士

読書会用のメーリングリストを作成していますので、参加ご希望の方は、
plaintiff@anpoiken.jp まで、お知らせください。


○その他のご案内

こちらも、ぜひ、応援してください!
======================================
4.1人1票裁判(2017衆院選)の最高裁弁論
======================================
一人一票実現国民会議
https://www2.ippyo.org/

11/28(水)午後1時30分より

○当日スケジュール
12:05頃 三宅坂下小公園 集合 (弁論前の記念撮影)
12:15頃 入り撮影
12:15〜12:30頃 傍聴整理券配布(南門)
12:30頃 傍聴整理券配布〆切【時間厳守】
配布〆切後即抽選。当選された方は、裁判所の案内に従って裁判所内へ。
− 開廷のおよそ15分前には着席 −
13:30〜 最高裁大法廷弁論
法廷内は、?貴重品と?筆記用具しか持ち込めません。
カバンはロッカーに預けることになります
(メッセージ性のある衣服の着用は禁止されています。)

---------------------------
安保法制違憲訴訟の会 
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル6階
Tel:03-3780-1260 Fax:03-3780-1287 Mail:office@anpoiken.jp
[PR]
by daisukepro | 2018-11-15 20:32 | お知らせ

映画人九条の会上映会 10月29日文京区民センター18時50分からです

c0013092_02493212.jpg

[PR]
by daisukepro | 2018-10-26 02:53 | お知らせ

映画人9条の会 上映会のお知らせ「それでも夢はあるHOPE」松本ヒロが旅するトランプのアメリカ

c0013092_20111447.png

[PR]
by daisukepro | 2018-10-20 20:12 | お知らせ

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の自叙伝『運命』が日本でも翻訳出版された。


105年の歴史を持つ岩波書店が出版 
文大統領、日本語版序文で 
「韓国を理解しようとする日本の方々に送る招待状」


c0013092_22381134.jpg


 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の自叙伝『運命』が日本でも翻訳出版された。

 105年の歴史を持つ日本の代表的出版社である岩波書店は4日、『運命-文在寅自伝』を出版した。昨年12月、中国でもこの本が翻訳出版された。

 文大統領は、日本語版の序文で「韓国と韓国人を理解しようとする日本の読者に出会いたいという、私からの招待状だと思って読んでいただけるよう願っています」として「今年は小渕恵三総理大臣と金大中(キム・デジュン)大統領が『21世紀に向けた新たな韓日パートナーシップ共同宣言』を発表してから20年という節目の年です。『金大中-小渕共同宣言』が目標として提示した平和と繁栄の未来は、両国がともに歩むことで十分に到達可能な道なのです」と明らかにした。また「私たちの先祖が荒海を渡って相手のもとへと向かうことを可能にしたのは、友情と歓迎の力でした。強風が波を起こすように、両国関係は常に順調に進んでゆくだけではないかもしれません。しかし、私たちが共に育んできた文化と歴史の根源は国民の心の奥深くにあって、たがいに近づこうと引き寄せあっています。私たちはやがて真の友人となるでしょう」と述べた。

 文大統領は盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領との縁を多く扱ったこの本の日本語版序文でも、盧元大統領について「盧大統領と私は、とても小さな泉で出会い、険しくはるかな水路を流れてきました。深い泉から流れ出る水は涸れることなく、川となり大河となって海へと流れて行きます。盧大統領にとって海とは『人が暮らす世の中』でした」と書いた。

 岩波書店は新刊案内広告で「戦争の危機から対話局面に朝鮮半島の情勢転換を促した政治指導者、文在寅、ろうそくデモの波の中で当選し、大統領は今何を考えてどのように生きてきたのだろうか。韓国で大ベストセラーになった自叙伝をいよいよ刊行する」と明らかにした。

 姜尚中(カン・サンジュン)東京大名誉教授と北朝鮮による日本人拉致被害者で2002年に日本に戻った蓮池薫・新潟産業大副教授が推薦の言葉を書いた。

東京/チョ・ギウォン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

[PR]
by daisukepro | 2018-10-05 22:36 | お知らせ