人気ブログランキング |

カテゴリ:地球温暖化( 45 )

台風 35人死亡、17人不明 21河川決壊 広域浸水

 東日本を縦断し、十三日に温帯低気圧に変わった台風19号による猛烈な雨の影響で、長野県の千曲川など二十一河川の二十四カ所で堤防が決壊、住宅地などをのみ込む大規模な洪水被害が各地で発生した。土砂災害も相次ぎ、共同通信の集計によると十一県で三十五人が死亡、十七人が行方不明となった。負傷者も多数に上った。孤立状態になった地域も多く、警察や消防のほか、災害派遣要請を受けた自衛隊が捜索や救助を行った。

 国土交通省によると、長野市穂保(ほやす)では十三日午前三時ごろ、千曲川の堤防が欠損しているのを監視カメラで確認。その後、約七十メートルにわたり決壊し、大量の濁流が流れ出したとみられる。福祉施設など五カ所で高齢者ら計約三百六十人が孤立し、JR東日本の車両センターでは北陸新幹線車両十編成が水に漬かった。一階部分が水没した住宅もあったが、就寝時間帯だったことから、被害が拡大する可能性もある。

 堤防決壊は栃木県佐野市の秋山川や茨城県常陸大宮市の那珂川などでも発生。宮城県丸森町や埼玉県川越市でも広範囲で浸水が起きた。

 堤防が決壊しなかった川でも氾濫などが相次ぎ、川崎市高津区ではマンション一階が浸水し、室内で見つかった男性が死亡した。相模原市緑区では十三日午前八時すぎ、川の下流で三十代の母親と小学生の娘が見つかり、ともに死亡。周辺で前日夜、家族とみられる四人の車が川に落ちたとの通報があった。長野県東御市では橋の近くの道路が陥没し、三人が乗った車一台が流され、行方が分からなくなった。

 国交省によると、土石流や崖崩れなどの土砂災害は東北から北陸や東海の十五都県で五十六件発生し、群馬県富岡市で倒壊した住宅から三人が救助されたが死亡し、同県藤岡市でも男性が死亡。福島県二本松市では住宅に土砂が流れ込み、男女二人が死亡した。

 東京湾では、停泊中だったパナマ船籍貨物船の船舶自動識別装置(AIS)の信号が消え、沈没を確認。外国籍の乗組員十二人のうち九人が発見されたが、五人は死亡した。

(東京新聞)

台風19号の影響で浸水した埼玉県川越市(手前)と坂戸市(左奥)。中央の赤い屋根の建物は孤立した特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」=13日午後0時4分、本社ヘリ「あさづる」から(沢田将人撮影)

c0013092_08315778.jpg



by daisukepro | 2019-10-14 08:29 | 地球温暖化

主張 海洋と温暖化 地球の未来への責任を果たせ

主張

海洋と温暖化

地球の未来への責任を果たせ

 国連の気候行動サミット(9月23日)をはさみ、22~27日まで全世界でとりくまれた若者らの行動「グローバル気候マーチ」には、185カ国700万人が参加し、各国政府に真剣な対策の実行を迫る大きなうねりとなりました。

 科学者らでつくる国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は同25日、温暖化によって海面上昇の速度が上がっており、高潮や巨大台風による沿岸部の被害がふえる危険などを予測した特別報告書を公表し、強い警鐘を鳴らしています。気候変動の危機的事態を打開する本気の行動は待ったなしです。

危機的な状況が加速

 IPCCが今回公表した「海洋と雪氷圏に関する特別報告書」では、温暖化が海と、極地・高山地域の氷に与える影響に焦点を当てました。これによると、海面の高さはこの100年ほどで最大21センチ上昇しました。グリーンランドや南極などの氷が解けて上昇が加速しています。

 こうした状況が続けば、1986年から2005年の期間と比べ、2100年に海面は最大1・1メートル、2300年までに最大5・4メートルの上昇につながる恐れがあると指摘します。また、温暖化で、台風、ハリケーンなど熱帯低気圧の勢力が強くなり、降水量がふえるとしています。

 海水温の上昇や、二酸化炭素吸収による海水の酸性化が進めば、海の生態系への打撃も避けられません。何も対策を取らなければ、海洋生物に悪影響を及ぼし、今世紀末に漁獲量は20~24%ほど落ち込む恐れがあるとしました。

 四方を海に囲まれた日本は、強い危機感をもって対策を取る必要があります。漁業国日本の資源の衰退という事態も予想されます。千葉県などに大規模停電を長くもたらした台風15号など、この国への影響は大きくなるばかりです。

 IPCCは8月8日にも「気候変動と土地」に関する特別報告書を出しました。「1・5度」上昇でも、水不足、山林火災、永久凍土の融解、食料生産の不安定化などが進むが、「2度」上昇になれば、永久凍土と食料生産にさらに高いリスクが及ぶとのべました。

 一連の科学的見解によって、人類社会がめざすべき「1・5度未満」の実現が切実な課題であることが鮮明になっています。

 各国首脳が発言した国連総会一般討論の冒頭で、グテレス事務総長は、「かつての気候変動は、いまや気候危機だ」とのべて、「1・5度未満」に向けた行動の強化をよびかけました。ところが安倍晋三首相は、トランプ米大統領とともに気候変動問題に触れませんでした。気候行動サミットで発言がなかったことに続くものです。4日開会した国会での所信表明演説でも、首相は温暖化対策に全く言及しませんでした。地球の未来がかかった問題に責任を果たす姿勢を示さないことは大問題です。

世界の流れに逆らうな

 12月には国連の気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)がチリで開かれ、来年から温暖化防止の世界的枠組み「パリ協定」が本格始動します。温室効果ガスの削減目標を引き上げようとせず、石炭火力発電への依存を続ける安倍政権への批判は高まるばかりです。世界の流れに逆らうことはやめるべきです。



by daisukepro | 2019-10-08 21:08 | 地球温暖化

台風19号、3連休に列島接近へ 大型で猛烈、気象庁が注意喚起

 大型で猛烈な台風19号は8日、日本のはるか南の海上を西寄りに進んだ。今後は北寄りに進路を変えてやや衰えるも、非常に強い勢力を保って12日からの3連休に日本列島へ接近する恐れがあるとして、気象庁は最新の台風情報に注意するよう呼び掛けた。

 台風19号は8日午前9時現在、マリアナ諸島付近を時速約25キロで西北西に進んだ。中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートル。中心から半径190キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。

(共同)

 台風19号の5日先予想進路(8日9時現在)

 台風19号の5日先予想進路(8日9時現在)

この記事を印刷する



by daisukepro | 2019-10-08 13:08 | 地球温暖化

「グローバル気候マーチ」が最終日 世界で700万人超 首脳らが聞くまで続ける

「グローバル気候マーチ」が最終日

世界で700万人超

首脳らが聞くまで続ける

 【ニューヨーク=池田晋】「グローバル気候マーチ」の呼び掛けの最終日となる27日、20日に続いて再び早急な地球温暖化対策を求めるデモが世界各地で取り組まれました。主催者によると、1週間の総計で185カ国6100カ所以上、参加者は700万人を超えました。


写真

(写真)地球温暖化対策を求めて市庁舎前に座り込む若者たち=27日、米ニューヨーク市(池田晋撮影)

 国際環境団体「350.org」は、「2003年の反イラク戦争デモと同規模の、史上最大の世界一斉デモ」だとしています。

 運動の火付け役のスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)は、カナダのモントリオールで行進に参加し、集会では「世界の首脳たちは(23日の)国連気候行動サミットでまたもや空虚な言葉で失望させた。今日また数百万の人が路上に出ている。彼らが私たちの話を聞くまで続ける」と宣言。「私たちは世界を変えている。年を重ねてから子どもの目を見て、『あの時、できる限りのことをしたよ』と言えるように」と語りました。

 モントリオールではこの日30万人が、カナダでは総計80万人が参加しました。

 20日に大規模なデモが取り組まれた米国でも、各地で若者が世界に連帯を示そうと金曜日恒例のデモに取り組みました。

 ニューヨーク市庁舎前では、学校を休んだ小学生から高校生の若者らが座り込みを展開。参加したモード・アルペルスさん(14)は「先週の行進はすてきだったけど、こんな大問題だから中途半端にできない。自分にできる限りのことをしようと誓いを立て、今日も来ました」と語りました。



by daisukepro | 2019-09-29 15:01 | 地球温暖化

主張 「気候危機」の打開 若者の声に安倍政権は応えよ

2019年9月26日(木)

主張

「気候危機」の打開

若者の声に安倍政権は応えよ

 地球温暖化対策を加速するために開かれた国連の気候行動サミット(23日、米ニューヨーク)では、77カ国が2050年までに温室効果ガスの排出を「実質ゼロ」にすることを表明しました。今世紀末までに産業革命前からの気温上昇を1・5度未満に抑えるには不十分ですが、「世界は目覚めつつある」「機運は増している」(グテレス事務総長)ことを示しています。

 この中で安倍晋三政権はサミットで発言の機会さえ与えられず、存在感が全くありません。温室効果ガス削減の目標積み増しに応じようとしない日本政府への国際的な批判は強まるばかりです。

未来の世代を裏切るな

 サミット冒頭では温暖化対策を求める若者たちの行動「未来のための金曜日」を世界に広げたスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさん(16)が各国首脳を前に、「未来の世代の目はみなさんに注がれている。もし私たちを裏切ることを選ぶなら言おう、私たちはみなさんがこの問題から逃げることを許さない」と声を震わせて訴え、反響をよびました。

 20年に本格始動する温暖化防止の世界的枠組み「パリ協定」は、産業革命前からの気温上昇を2度未満、できれば1・5度に抑える目標を掲げます。しかし、国連が22日発表した報告書でも、世界の平均気温と、二酸化炭素の排出量は過去最高を記録しています。危機的事態を打開するためには各国の真剣な取り組みが不可欠です。サミットで、パリ協定達成のために目標の上積みや対策強化の表明が相次いだことは、若者をはじめとする国際世論の反映です。

 一方、パリ協定から離脱表明している米国のトランプ大統領が10分程度会場に顔を出しただけで発言もないなど、地球的課題に背を向ける姿勢も浮き彫りになりました。日本政府の姿勢も深刻です。安倍首相はサミットに参加せず、小泉進次郎環境相が出席しました。6月に大阪で開かれた20カ国・地域首脳会議(G20)を機に、気候変動問題などで「力強いリーダーシップを発揮する」(安倍首相)と大見えを切ったのとかけ離れたものです。日本に発言機会が与えられなかったのは、温室効果ガス削減目標の上積みに応じなかったためと指摘されています。

 日本は50年までに温室効果ガスを80%削減するという16年に決めた目標を変えていません。30年の削減目標は13年比でわずか26%で、主要国では最低レベルです。

 6月に閣議決定した温暖化対策の「長期計画」では、「実質排出ゼロ」の時期を「今世紀後半のできるだけ早期」としているだけです。

中身のない言葉でなく

 温室効果ガスの排出が突出して多い「石炭火力発電」の日本国内での新増設を認め、海外での新設計画に資金援助をしていることが批判を受けています。

 昨年7月決定した「エネルギー基本計画」では、石炭火力の電源構成の割合を30年度も26%を維持するとしました。これは再生可能エネルギーの割合22~24%を上回っています。エネルギー基本計画の撤回、「長期計画」の抜本的な見直しが必要です。

 踏み込んだ具体的な対策を示さず、「中身のない言葉」(グレタさん)を発信するだけでは、世界からも次の世代からも見放されることにしかなりません。


by daisukepro | 2019-09-26 22:36 | 地球温暖化

海面上昇1メートル強、氷河激減 温暖化、IPCCが特別報告書


 地球温暖化が進むと今世紀末に海面が1メートル強上昇し、世界の氷河は40%以上失われる恐れがあるとする特別報告書を、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が25日、公表した。生態系に深刻な被害が生じ、高潮や巨大台風による災害リスクが増すと警告した。

 IPCCは「温暖化抑制のためエネルギーや土地利用といった社会のあらゆる面で変革が必要だ」と指摘、来年に本格始動するパリ協定の下で温室効果ガス排出を迅速に減らす必要性を強調した。

 特別報告書によると、海面の高さはこの100年ほどで最大21センチ上昇した。南極などの氷が解けて上昇のペースが加速している。

(共同)

 地球温暖化による融解が懸念される南極の氷。IPCC特別報告書は、南極の氷が解けて海面上昇のペースが加速していると指摘した(AP=共同)

 地球温暖化による融解が懸念される南極の氷。IPCC特別報告書は、南極の氷が解けて海面上昇のペースが加速していると指摘した(AP=共同)



by daisukepro | 2019-09-26 02:09 | 地球温暖化

気候対策・公正・平和を パリでデモ 5万人参加

気候対策・公正・平和を

パリでデモ 5万人参加

写真

(写真)21日、パリで、気候マーチと合同で行われた平和行進(米沢博史撮影)

 【パリ=米沢博史】フランスの首都パリで21日、気候対策と社会公正、反核平和を求めるデモが行われ、主催者発表で5万人が参加しました。

 21日は気候行動週間の2日目で、同時に国連が定めた国際平和デー。関連の運動体である気候マーチや平和行進に加えて、社会公正を求めて活動する黄色いベストなどがデモを呼びかけました。

 オープニング集会で平和行進代表は、「気候と平和はどちらも地球と人類を守るために不可欠」であり、「核兵器や軍備に使う膨大な資金を、気候対策や社会公正に使うべきだ」と述べました。また、森林破壊で被害を受ける南米アマゾンの先住民の代表や温暖化による水害が深刻なバングラデシュの代表は、諸政府が緊急に対策を取るように訴えました。

 参加者は、「われわれはここにいる。マクロン(大統領)が望まなくてもここにいる。労働者の尊厳とよりよい世界のために」と黄色いベスト運動の歌をうたったり、それぞれの運動のスローガンを唱和したりしながら、自らの思いを書いた色とりどりのプラカードや横断幕を掲げて、ゆっくりと平和的に行進しました。

 「気候ではなくシステムを変えよう」と車体に書かれた人力ペダル駆動のエコカーや、温暖化で影響を受ける蜂の巨大な張りぼてなども登場しました。

 途中、黄色いベスト運動などに紛れる破壊集団の暴力と治安部隊の催涙ガスにより、デモは解散状態になりました。



by daisukepro | 2019-09-23 12:24 | 地球温暖化

主張 国連気候サミット 未来のための行動をいまこそ

2019年9月22日(日)

主張

国連気候サミット

未来のための行動をいまこそ

 各国首脳らが地球温暖化対策を議論する国連の気候行動サミットが23日、ニューヨークの国連本部で開かれます。温暖化防止の国際的枠組み「パリ協定」(2016年発効)の本格的な運用は20年と目前です。

 しかし、現在の各国の温室効果ガス削減の目標では、パリ協定が掲げる世界の平均気温の上昇を2度未満とし、1・5度にという目標に届きません。危機的事態の打開を訴え、サミットを前に世界中で若者を中心に「グローバル気候マーチ」が行われました。パリ協定実現への真剣な行動が各国に迫られています。

「団結して危機止めよう」

 気候行動サミット直前の金曜日の20日、163カ国で400万人以上が参加し、温暖化対策の強化を求める大規模な行動が広がりました。日本では23都道府県で5000人以上が参加しました。

 ニューヨーク市では30万人以上が参加して、「なにがほしい? 気候に正義を」「いつほしい? 今だ」などと声を上げました。世界的な運動の火付け役になり「未来のための金曜日」の運動をはじめた、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)も参加し、「団結し、この危機を止めよう」「世界の指導者たちを動かそう。私たちならできる」と呼びかけました。

 昨年、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、パリ協定の目標達成のためには、温室効果ガスの排出を50年ごろまでに「実質ゼロ」にする必要があるとする「1・5度特別報告」を公表しました。各国政府の取り組みのいっそうの加速が求められています。

 パリ協定離脱を表明した米トランプ政権は依然うしろ向きです。しかし、その下でも、多くの州政府が再生可能エネルギーの拡大策を展開しています。

 国連のグテレス事務総長は、気候行動サミットに、50年までに排出量をゼロにするための具体的計画をもちよることを訴えてきました。欧州諸国は、排出量の削減目標の引き上げの検討など前向きの動きをみせています。

 英国とカナダの主導で立ち上げた「脱石炭連盟」は現在、30カ国が参加しています。

 こうしたなかで、安倍晋三政権の姿勢が厳しく問われています。日本は温暖化ガスの排出量を30年度に、13年比で26%減らす目標を掲げています。しかし、この目標自体がきわめて低いうえに、上積みしようという意欲が見られません。6月に閣議決定した「長期戦略」も世界の水準に届いていません。

 温暖化ガスの排出量が多い石炭火力発電所の新増設計画などを持つ日本にたいし、国際社会から強い批判が集まっています。欧州諸国では期限を設けて全廃をめざしているのに、石炭火力発電を「ベースロード(基幹)電源」に位置づける逆行ぶりです。この姿勢では、世界にも、地球の未来にも責任は果たせません。

具体化の議論を深め

 温暖化対策は文字通り待ったなしの世界的課題です。

 日本でのかつてない豪雨や、欧州での記録的な熱波など世界的な異常気象は深刻さをましています。気候行動サミットでは、実効性ある対策に向けた行動を具体化するための議論が深まるかどうかが問われています。



by daisukepro | 2019-09-22 13:47 | 地球温暖化

温暖化対策 行動を今すぐ 史上最大の気候スト 世界で400万人 NY市だけで30万人超


写真

(写真)20日、ニューヨーク市内で行われたグローバル気候マーチ(池田晋撮影)

 【ニューヨーク=池田晋】ニューヨークの国連本部で23日に開かれる「気候行動サミット」に向け、世界の首脳に早急な温暖化対策を求めて、20日に取り組まれた「グローバル気候マーチ」には、163カ国で400万人以上(主催者発表)が参加しました。世界的な運動の火付け役となったスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)は「史上最大の気候ストになった」と発表しました。

 このうち米国では、主催団体の発表で全50州1100カ所以上で行動が取り組まれました。ニューヨーク市だけで30万人以上が参加しました。

 同市では、参加者が「何がほしい? 気候正義だ!」「いつほしい? 今だ!」とテンポよく声を掛け合いながら、マンハッタン南の広場から最南端の公園まで行進。金融街を通り抜ける際には「ウォール街を揺らせ」と高層ビルの間にコールを響かせました。

 ニューヨークの行動は、▽化石燃料をなくす▽誰も置き去りにしない公正な社会に移行する▽温暖化ガス排出者の責任を追及する―ことを基本要求に行われました。

 行進後の集会で、ひときわ大きな歓声を受けて登壇したトゥンベリさんは「世界の指導者たちを動かそう。私たちならできる。これは始まりでしかない。彼らが望もうと拒もうと、変革は訪れている」と語りかけました。

 高校生のエミリーさん(15)とジャネッラさん(14)は「いま私たちが団結し、変えていかなければ、地球はゆっくり死んでいくだけ」と危機感を募らせます。世界の指導者に「いますぐ行動して。そして温暖化をくい止めて」と声をそろえて呼び掛けました。



by daisukepro | 2019-09-22 13:44 | 地球温暖化

初の「若者気候サミット」開幕 温暖化被害回避へ変革を

 【ニューヨーク共同】地球温暖化の悪影響を長期にわたり受けることになる若い世代が世界各地から集まり、深刻な被害を回避するため政府や社会に変革を促す初めての「若者気候サミット」が21日、米ニューヨークの国連本部で開かれた。首脳や閣僚らによる23日の「気候行動サミット」に向けて提言をまとめ、政治の早急な対応を求める。

 学校を休んで抜本対策の必要性を訴える「学校ストライキ」を一人で始め、若者の活動の中心的な存在となっているスウェーデンの少女グレタ・トゥンベリさん(16)も出席。「若者は団結している。若者の動きは止められない」と述べた。

 21日、米ニューヨークの国連本部で開かれた「若者気候サミット」で温暖化対策の強化を訴えるグレタ・トゥンベリさん(中央)。左はグテレス事務総長(AP=共同)

 21日、米ニューヨークの国連本部で開かれた「若者気候サミット」で温暖化対策の強化を訴えるグレタ・トゥンベリさん(中央)。左はグテレス事務総長(AP=共同)



by daisukepro | 2019-09-22 04:53 | 地球温暖化