カテゴリ:爆風( 106 )

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 「爆風」連載を終えて 18/07/06

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

「爆風」連載を終えて 18/07/06

明日へのうたより転載

 第1回が17年10月11日だからかれこれ9か月、やっと「爆風」連載を終えた。連載のきっかけは「関東軍火工廠史」後編だ。去年の春、何かの必要があってネットで「青酸カリ」を検索していた。敗戦直後、満州残留の女性に自決用の青酸カリを配布した記事があって出典は「関東軍火工廠史」となっていた。

 本の名前をクリックすると京都の「将軍堂」という古本屋に1冊だけあるという。非売品なのに本体2万円で送料450円だ。ちょっと高い買い物だったがネットで注文したら6月24日、A5版689ページの分厚い本が送られてきた。1980年9月1日発行。発行者は遼陽桜ヶ丘会。代表武井覚一。

 7月6日から29日までバリ島にロングステイ。帰ってからじっくり読み始めた。9月半ばに一応読み終わり、さてどうしょうかと考えた。この本をもとにおれの敗戦から帰国までを書いてみたい。それにはブログに連載するのが一番いいだろうという結論になった。それでとりあえず始めた。

 とりあえず始めたものだから準備不足は眼に見えている。特に事実認定が難しい。種本が百人を超える人々の証言で成り立っているため、そ人の記憶違いや物の見方で事実の判断が分かれる。仕方ないから矛盾した事実でもそのまま記述した。それにおれの勘違いも。例えば火工廠の面積を1000万坪、3300万㎡と書いたが、いくらなんでもそんなに広くない。1万坪、33キロ㎡の間違いだ。

 書いていて一番引っかかったのが人名と地名だ。奉天や遼陽などはいいとして朴家溝、稠井子、韓家墳、錦西などの地名、袁肇業、江涛、韓振声などの人名はどう読んだらいいのか分からない。種本の「関東軍火工廠史」にも振り仮名がふっていない。どうしようもないのでそのままにした。

 その他では地名の位置関係だ。遼陽を中心にして北へ瀋陽(奉天)、鉄嶺、開原、四平街、長春(新京)、南に鞍山、海城、大連、東に撫順、海龍、吉林、通化、西に錦州、葫蘆島。ほんとは地図を書けばいいのだろうがおれのPC能力ではできない。冊子にまとめるときには地図をつけよう。

 「関東軍火工廠史」はいろんな人が執筆しているが大部分は元将校や火工廠幹部である。おれの親父のような平軍属の目で見るとまた随分違う光景だったのではないだろうか。ほんとは父母の存命中に話を聞いておけばよかったのだろうが、2人とも墓の下だ。勘弁してもらうしかない。

 いずれにしても書くだけ書いてほっとしている。これまでの分をまとめたのをつくっているので希望者はこのブログへの書き込みかメール(shosuke765アットマークyahoo.co.jp)で申し込んでください。

※メールを送る際は、「アットマーク」を「@」に直して、送ってください
 
 


[PR]
by daisukepro | 2018-07-18 14:05 | 爆風

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 爆風(103) 18/07/02 明日へのうたより転載

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

爆風(103) 18/07/02

明日へのうたより転載

 私が「母の胎内」と言ったのは多分、その年の4月3日に母戸塚せんが83歳で亡くなったせいだと思う。脳梗塞による腎不全だった。父陽太郎は10年前の1983年1月30日、脳血栓症で先に逝っている。

 私は中国旅行から帰ってすぐ、慶陽化学公司側の世話役をやってくれた姚鵬山副主任宛てにお礼の手紙を書いた。それに対する返事がその年の暮れに届く。2元の中国人民郵政発行の切手が貼ってあった。文面は中国語なので私には読めない。川村好正さんに相談すると、知り合いの中国人留学生に翻訳を頼んでみるという。しばらくして日本語文がファックスで届いた。

 戸塚章介先生
 あなたからのお手紙は10月12日に受け取りました。中国人民の週間から言えば、遼陽東京陵はあなたにとって〝第二の故郷〟となり、あなたのお手紙のなかにあふれている故郷への想いと、故郷の人々への友愛は、私を深く感動させました。
 遼陽の建設はまだ相当に遠く、このためにあなたのお国の工業化の水準に比較すれば、まだ相当に開きはあるものの、われわれの民族とわれわれの子孫のために中国は必ずや一生懸命建設に努めなければならず、永久に平和保持しなければなりません。平和の環境があってこそ初めてわれわれの建設の速度はスピードを増すことができます。
 われわれの友情のために、私はあなたとあなたの奥さんが、遼陽、千山、鞍山、瀋陽などの地に観光にこられることを歓迎します。 敬具
 あなたの故郷の姚鵬山 中華人民共和国遼寧省遼陽東京陵一区76棟2号房

 これで私のルーツ探しの旅を終えることにします。ご愛読ありがとうございました。

あとがき
 父は一度だけ遼陽桜ヶ丘の同窓会に出たことがある。帰ってきて「あの頃威張っていた将校たちが戦後30年も経つのにまだ偉ぶっている。もうあんな席に行くもんか」と怒っていた。「関東軍火工廠史」はそんな元将校たちが中心になって執筆・編集・刊行したもの。私の父のようなぺいぺいの視点と違うのかなと思いながら「爆風」を綴った。墓の下の父には叱られるかもしれない。
 1972年2月、新聞労連北信越地連の合理化学習会に講師で招かれた帰り、新潟県直江津市の小林隆助さん宅に寄った。嫁に行った延子さんも含めて歓迎してくれた。
 国民学校で2年生担任だった鈴木久子先生から1975年に便りがあった。「私は貴男の事よく覚えて居ります。日曜日と気がつかず、ランドセルを背負って登校した貴男、ちょうど私が日直で、教室に居て2人で大笑いしましたっけ・・・。頭を掻きかき又帰っていった貴男。一寸そそっかしいところがありましたね」。
 2012年6月、新聞OB九条の会で企画した「中国東北部(旧満州)の旅」にツアー団長として参加した。ハルピンから大連まで旧満鉄を乗り継いだ6日間。瀋陽(旧奉天)には1泊したが遼陽は素通りした。21世紀の旧満州は都市化と工業化の波に乗ってエネルギッシュだった。
 
 


[PR]
by daisukepro | 2018-07-18 14:01 | 爆風

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 爆風(103) 18/07/02 明日へのうたより転載

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

爆風(103) 18/07/02

明日へのうたより転載

 私が「母の胎内」と言ったのは多分、その年の4月3日に母戸塚せんが83歳で亡くなったせいだと思う。脳梗塞による腎不全だった。父陽太郎は10年前の1983年1月30日、脳血栓症で先に逝っている。

 私は中国旅行から帰ってすぐ、慶陽化学公司側の世話役をやってくれた姚鵬山副主任宛てにお礼の手紙を書いた。それに対する返事がその年の暮れに届く。2元の中国人民郵政発行の切手が貼ってあった。文面は中国語なので私には読めない。川村好正さんに相談すると、知り合いの中国人留学生に翻訳を頼んでみるという。しばらくして日本語文がファックスで届いた。

 戸塚章介先生
 あなたからのお手紙は10月12日に受け取りました。中国人民の週間から言えば、遼陽東京陵はあなたにとって〝第二の故郷〟となり、あなたのお手紙のなかにあふれている故郷への想いと、故郷の人々への友愛は、私を深く感動させました。
 遼陽の建設はまだ相当に遠く、このためにあなたのお国の工業化の水準に比較すれば、まだ相当に開きはあるものの、われわれの民族とわれわれの子孫のために中国は必ずや一生懸命建設に努めなければならず、永久に平和保持しなければなりません。平和の環境があってこそ初めてわれわれの建設の速度はスピードを増すことができます。
 われわれの友情のために、私はあなたとあなたの奥さんが、遼陽、千山、鞍山、瀋陽などの地に観光にこられることを歓迎します。 敬具
 あなたの故郷の姚鵬山 中華人民共和国遼寧省遼陽東京陵一区76棟2号房

 これで私のルーツ探しの旅を終えることにします。ご愛読ありがとうございました。

あとがき
 父は一度だけ遼陽桜ヶ丘の同窓会に出たことがある。帰ってきて「あの頃威張っていた将校たちが戦後30年も経つのにまだ偉ぶっている。もうあんな席に行くもんか」と怒っていた。「関東軍火工廠史」はそんな元将校たちが中心になって執筆・編集・刊行したもの。私の父のようなぺいぺいの視点と違うのかなと思いながら「爆風」を綴った。墓の下の父には叱られるかもしれない。
 1972年2月、新聞労連北信越地連の合理化学習会に講師で招かれた帰り、新潟県直江津市の小林隆助さん宅に寄った。嫁に行った延子さんも含めて歓迎してくれた。
 国民学校で2年生担任だった鈴木久子先生から1975年に便りがあった。「私は貴男の事よく覚えて居ります。日曜日と気がつかず、ランドセルを背負って登校した貴男、ちょうど私が日直で、教室に居て2人で大笑いしましたっけ・・・。頭を掻きかき又帰っていった貴男。一寸そそっかしいところがありましたね」。
 2012年6月、新聞OB九条の会で企画した「中国東北部(旧満州)の旅」にツアー団長として参加した。ハルピンから大連まで旧満鉄を乗り継いだ6日間。瀋陽(旧奉天)には1泊したが遼陽は素通りした。21世紀の旧満州は都市化と工業化の波に乗ってエネルギッシュだった。
 
 


[PR]
by daisukepro | 2018-07-18 14:01 | 爆風

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 爆風(102) 18/07/01 明日へのうたより転載

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

爆風(102) 18/07/01

明日へのうたより転載

 官舎街を案内してくれた工場関係者によれば、「工場も大きくなり従業員とその家族も増えたので、来年にはここへ集合住宅を建てる予定です」という。1年来るのが遅れたら官舎群は取り壊されているところであった。私の脳裏にあの8月25日夜、官舎のあちこちで上がった火の手の光景が蘇った。

 小1時間見て回った後、工場内の立派なレストランに案内された。ここは旧火工廠の東京陵第一工場だろう。あの頃私は子どもだったから中に入ったことがなかった。47年後こうして工場内にいることが感慨深い。レストランには我々を歓迎する宴席が用意されていて工場と総工会の幹部が顔を揃えていた。

 中華人民共和国成立後、旧関東軍火工廠は国営慶陽火工廠として工場を再開し生産復活を遂げた。そして現在、経済開放路線の中で海外からの資本や技術を導入し遼陽経済特別区の拠点工場に成長。名前も遼寧慶陽化学公司と変えた。職工2万人、技術者2,340人の大企業である。生産品はメインの火薬のほか、化学肥料、石鹸、医薬品、ティッシュペーパー、清涼飲料水など多様で幅広い。

 テーブルには豪華な料理とビール、高粱酒が並び、私たち夫婦は主賓の席に座らせられた。中国側列席者は次の通り。
遼寧慶陽化学公司副主任 佟傑然
   同    高級工程師 高玉恒
遼陽東京陵経済特区管理委員会副主任 姚鵬山
   同          辨公室副主任 翟瀋平
遼寧省遼陽市総工会副主席 王家國
   同     国際部連絡部長 鄂志本

 工場副主任の歓迎挨拶に続いて、技術者から生産現状の説明があった。中国の人たちが豊かに暮らせるよう生産量をあげている誇りが込められていた。次に総工会代表からは「技術者と職工の生産能力を高めるためには、日本との技術交流が不可欠だ。労働組合同士で手を結んで行こう」と呼びかけがあった。

 最後に、司会の姚さんに促されて私がお礼の挨拶に立った。「日本は半世紀前、中国を侵略し支配しようとしました。当然ながらそれは失敗しました。廃墟同然になった旧火工廠を復活され、いま立派に運営されている皆様の国造りの努力に驚嘆しております。本日の歓迎に心からお礼を申し上げます。50年ぶりに原体験を味わいました。私は今母の胎内にいるような安らかな気分です」。どのような通訳をしてくれたのかわからないが、中国側からどっと拍手が沸く。私は涙が込み上げてきた。
   
 
 


[PR]
by daisukepro | 2018-07-18 13:55 | 爆風

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 爆風(101) 18/06/29 明日へのうたより転載

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

爆風(101) 18/06/29

明日へのうたより転載

 6、47年ぶりに訪れた東京陵
 
 1993年8月、私は47年ぶりに遼陽を訪れる機会を得た。マスコミ文化情報労組会議(MIC)加盟の全印総連が中国総工会と交流していて、北京、瀋陽、西安、上海を巡る11日間のツアーを企画。瀋陽訪問では戸塚さんのいた遼陽・東京陵へも寄るので是非行かないかと誘われて夫婦で参加することにした。

 メンバーは8人、8月18日に成田を発ち、20日まで北京滞在。21日夕方国内航空で瀋陽の桃仙空港へ。その夜のホテルは遼寧賓館。このホテルは満州国当時大和ホテルと呼ばれていた。日本が建てた日本人のための豪華ホテルだ。通訳氏によれば、先ごろ映画「戦争と人間」のロケがここて行われたという。

 22日は朝8時に遼陽総工会の幹部が迎えに来る。私は、ツアーの事務局長役の川村好正さんを通じて、私の満州居住時の住所、学校、病院、工場、官舎などの位置を記した略図を提出していた。遼陽総工会はかつてこの地で横暴に振舞った日本人の子孫である私のために特別の計らい考えていてくれた。

 午前8時30分、私たちを乗せたバスは遼寧賓館を出発して高速道路を遼陽へ向かう。快適な走行だ。道の両側をビール工場や電機工場が現れては去っていく。瀋陽―遼陽間は74キロ、約1時間半で遼陽市内に入った。そこから私が住んでいた東京陵までさらに30分、途中大きな川を渡る。「太子河です」と通訳氏。47年前の3月、浜本宗三らが八路軍によって銃殺されたのがこの河原であった。

 東京陵に着いたのが11時少し前、今この地は東京陵経済特別区と呼ばれている。私たちは早速47年前に私が住んでいた官舎周辺を訪ねた。事前に送っておいた私が書いた略図が頼りだ。まず当時の国民学校。全員玉砕のために住民が集まり念仏を唱えた場所だ。今は中学校だというが、外装は変わっても建物の骨格はそのまま。45歳だという校長さんが私を出迎えて記念写真に納まってくれた。

 学校からなだらかな吉野山が見えた。中腹に日本が建てた吉野神社が今でも取り壊されずに残っている。あそこで柳中尉が拳銃自殺をしたのだ。病院も私が書いた略図通りの場所に建っていた。もちろん改装はされているのだろうが、外観は私の記憶通りだ。ここで妹の悦子が手当てもしてもらえず疫痢で死んだのだ。かつて官舎が並んでいた地域に移動する。なだらかな傾斜地に、レンガ造りの建物がそのまま残っていた。

 私の住んでいた朝日町の方向へ向かったが「ここがそうだ」という断定は難しい。もっと整然とした家並みだと思っていたが、家の配置はさまざまだ。今は工場従業員の家族が住んでいる。その一軒に入らせてもらった。1DKである。私たちが住んでいた家を間仕切りして2世帯で使っているようだ。土足でなく、靴を脱い


[PR]
by daisukepro | 2018-07-18 13:51 | 爆風

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 爆風(100) 18/06/27

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

爆風(100) 18/06/27

明日へのうたより転載

 一度大陸に残る決意をした私たち、桜ヶ丘にいられないなら国府軍とともに長沙でも台湾でも同行する気持ちが強かった。どんな事情があれ、我々の同志を銃殺した八路の下にだけは帰りたくない。そんな気持ちを伝えるため、吹野信平氏が国府軍幹部のところに談判に行った。

 相手は吹野さんに「私たちは八路軍に捕らわれると死ぬ目に遭うが日本人技術者なら大事にしてくれるはず。心配は要らない」と言う。吹野さんは襟を正して「私たちが望郷の心を抑えて何故残留したと思っているのか。私たちは蒋介石の言葉に感じ入り、国民政府統治への協力を選んだのだ。それが分からないのか。いわば同志である私たちを見捨ててあなた方だけが南方へ去るとは何事か」と詰め寄られた。これには先方も感動し、早速残った私達5家族を台湾へ同行するとして出発の日取りを6月某日と決めた。

 ところが48年5月下旬になって、満州在留日本人は全員日本に送還することになったと居留民会から通知があった。昨年6月にひとまず帰国した高碕達之介居留民会会長の、国民政府と米国の意向を受けた大局的判断だ。私たちも従わざるを得ない。慌ただしく帰国準備に入り、6月5日奉天出発、6月7日葫蘆島着、6月10日日本国籍の山澄丸に乗船、6月16日佐世保入港、翌17日に上陸して各自帰郷した。

 いよいよ奉天を去ることが決まったある日、知り合いのある老人と会った。彼は「30年後にきっとまたあなた方は満州へ来るようになる。今の八路の状態が長続きするとは思わない。また帰ってきてくれ」と懇願された。1980年の現在、中国は変わったのだろうか。何千年来の儒教道徳とマルクス主義は彼らの心の中でどのように消化されたのか。

 奉天の実験室で熱心に机に向かっていたある技術中尉は、実験でなく毛筆で詩を書いていた。詩を書くことが彼の人生の意義だったのだ。住民の1人が運よく廠の役職に就くと、親類縁者が何人も入職する。それが中国の民衆なのだ。八路軍の清潔さは今も続いているのだろうか。峻烈な人民裁判は今もあるのか。我々が接してきた中国の人々は簡単に説明できない深い人間性を持っていた。それを知るには経済だけでも政治だけでも足りない。それらを知った上で、中日両国民の相互理解に立った両国の協調を図らなければならない。それは人類平和に欠くことのできない礎石でもあると信じる》。
 
 このようにして5000人を擁した関東軍火工廠は、日本人全員が引き揚げて官舎も工場もがらんどうになった。
 
 


[PR]
by daisukepro | 2018-07-06 21:36 | 爆風

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 爆風(99) 18/06/25

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

爆風(99) 18/06/25

明日へのうたより転載

 八路の人たちは上から下まで真面目であった。私の会った中で地位の一番上の人は日本式に言えば検察庁や工業庁の長官であり、下は兵卒であった。しかし八路では職種や階級の別なくいかにも軍人という雰囲気を持っていた。一般に規律は守られ、殊に幹部の身を処することの清潔さと論理的判断の峻厳さには感服した。唯物論に徹していて、疑わしきは実証ができるまで絶対に許さない。ワイロ等は通用しない。情状酌量などはありえない。何事によらずマルクス主義を前提としていた。

 旧火工廠にも政治委員なるものがいて、廠長も厳重に監視されているようだった。これはそれなりに正しく立派なことではあるが、我々留用者を統治するにあたっても、スパイを放ち、デマをまき、壁に耳あり障子に目ありで、果ては互いに信じられなくなり息もつけない陰鬱な日々を送らされたのには参った。

 国民政府側の人たちはどうであったか。私共が直に接したのは軍服は着ていても軍人ではない技術者と、少数の事務屋であった。最高の地位は廠長で、ここには八路と違って政治委員はいなかった。廠長はじめ幹部の多くは上海、南京など南方の出身者で、尉官以上は殆ど大学を出ていた。

 新国家建設に一応の情熱を持っていて、希れには威張る男もいたが、総じて明るく、人なつっこく、大らかであり、言うなれば何千年の歴史ある儒教精神の持主であり、我々と同じ世界の人たちであった。戦後親日的に方向転換した蒋介石の感化だと思うが、我々を迫害するようなことはなかった。

 ソ連軍は満州を荒らしまわって国へ帰った。彼らは中国人、日本人の見境なく犯した。八路はソ連の友人と見られていた。終戦直後に国府軍と八路軍が満州各地で兵を募ったとき、八路側にはごく僅かしか人が集まらなかった。46年にソ連軍が満州を引き払った後、国府軍が断然優位に立ち、南満州から八路勢力を駆逐したのは当然の成り行きだった。住民はもろ手を挙げて国府軍に帰した。

 ところが日が経つにつれ情況が変わってきた。南から進駐してきた国府軍が威張りちらし始める。満州従来人を排斥して政治経済の実権を奪う。加えてワイロは取る、態度が尊大で言葉が通じない。次第に国府軍に対する期待は崩れ去って怨磋に変わっていった。「満州国時代の方がよかった。満州国時代が懐かしい」という空気になる。「やっぱり蒋介石も自分の欲で動くのか」との声も聞こえるようになった。

 勇躍国府軍兵士になった満州の若者たちも期待外れで急速に戦闘意欲を失い、集団で武器を捨て戦線を離脱したり、八路軍に寝返ったりするようになる。一気に満州を席捲した国府軍だったが、1年そこそこで一転して戦線を縮小、敗走するに至った。儒教精神の染みついた満州の人々も八路軍支持へと回った。

 1948年春になると、国府軍が満州で支配している地域はごく限られた都市だけになる。奉天も八路軍に包囲され、西の方から砲声が轟くようになった。兵工廠を統治していた国府軍幹部が1人また1人と飛行機で南方へ去っていく。私たちと密接な関係にあった人も一言も告げずに姿を消した。
 
 


[PR]
by daisukepro | 2018-07-06 21:32 | 爆風

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 爆風(98) 18/06/23 明日へのうたより転載

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

爆風(98) 18/06/23

明日へのうたより転載

 一般引揚者を見送った国府軍留用者92人とその家族163人は、すっかり寂しくなった官舎街で、寄り添って日々を送った。当初国府軍が企図した火工廠工場再開は見通しが立たない。八路軍との戦闘も次第に雲行きが悪くなるばかりだ。そうなると多数の日本人を家族ごと留め置く理由がなくなる。国府軍は留用解除と全員を帰国させる方向へ方針を変更した。こうして留用者の帰国が始まることになった。

 第一次留用解除者の1人稲月光は46年10月10日に唐戸屯官舎を出発、遼陽、奉天を経由して錦州駅に翌11日に到着した。しかしすぐには葫蘆島へ向かえず、錦県の収容所で24日まで過ごす。土間にアンペラを敷いて寝た。24日早朝に出発して葫蘆島港へ。すぐ乗船する。船はアメリカ籍だがフリゲート艦でなくリバティ型の貨物船「ベンジャミン・フランクリン号」。26日博多湾入口に着き11月10日に上陸した。

 松野徹は第二次留用解除組で、47年5月25日に唐戸屯を出る。遼陽駅で満州紡績などの引揚者と合流して奉天まで到達したが、そこで大きな倉庫に入れられた。約1か月の収容所生活の後、6月30日に奉天駅から無蓋貨車で葫蘆島へ。日本の貨物船大久丸に乗船。7月2日に出港して7日に佐世保入港、11日に上陸した。

 ほぼ時を同じくして第三次留用解除が行われ、医師の勝野六郎、第三工場の和泉正一もその中に入った。250人いた留用者とその家族は一次、二次の留用解除を経て150人ほどになっていたが、そのうち138人が第三次組に含まれる。第二次と同様まず奉天で収容所へ。そこでほぼ2ヶ月過ごして7月25日に葫蘆島へ向けて出発した。引揚船は日本船籍の大瑞丸。7月27日に出港して佐世保へ。上陸は8月2日。

 第三次組の帰国で旧火工廠残留者は、総責任者だった吹野信平をはじめ加藤治久、鈴木貢、鈴木弓俊、石川浩太郎、武藤茂保ら数人になった。これらの人たちはさらに1年留用生活を続けることになるのだが、その間の事情について「関東軍火工廠史」の編集者である鈴木弓俊が「留用雑感」と題する手記を書いている。敗戦後のソ連軍、八路軍、国府軍に関する感想、批評もあって面白いので抜粋して紹介したい。

 《22年夏以降内線の戦況は、日を追って国民政府軍に不利となり、23年に入ってからは、国府軍の手による遼陽の工場再開は絶望となった。
 私は元々大陸に就職したい希望あったのが、軍人として満州の土を踏むこととなり、「その国の文化を知るには先ず言葉から」と教本を求め、通訳の資格のある軍属氏に話をつけて3、4人で勉強を始めたのは昭和17年であった。しかも「中国語会話」は日本語での議論に転じ、中国語は実用には程遠い状態で敗戦を迎えてしまった。しかも直接中国人と仕事で接渉するようになったのは、中国人と自分自身で交渉しなければ日常の用も足せなくなった22年度以降なので、自分自身の耳と口で中国人に直接あたった期間は1年そこそこに過ぎず「中国を語る」などと、大きな口はきけない。それでもこの短い期間に中国について大きな感銘を受けた。
 
 


[PR]
by daisukepro | 2018-06-27 13:16 | 爆風

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 爆風(97) 18/06/21 明日へのうたより転載

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

爆風(97) 18/06/21

明日へのうたより転載

 船長は「つまらぬことにこだわって意固地になるな」とお冠。この時とばかりに米泥棒の濡れ衣を証拠を示して告発した。船長は顔面を緊張させて聞き入っていたが、「すぐさま調べるので待ってほしい」と引っ込んだ。暫くして戻ってきた船長は深々と頭を下げて今までの非礼の段を詫びた。そしてこのことは上陸後当局に報告しないよう嘆願する。こちらも真相を分かってくれればそれでいいので承諾した。

 船室のどこからともなく歓声が上がった。一斉に冷たくなったカレーライスを、温かい気持ちで食べ始め、賑やかな会話が戻った。子どもたちは大きな声で「ご馳走様」とスプーンを置く。船は穏やかな航行を続けていた。その夜は上陸を控え、船員と引揚者が入れ混じってのど自慢大会が開かれた》。

 一方第三大隊が乗ったLST―606は7月7日に葫蘆島を出発して、10日には無事博多港外に到着した。しかしそれですぐ上陸とはならず、港外に停泊したまま再度の検疫が行われる。日本の山々が見える。心は逸るが他の引揚げ船で伝染病患者が発生したとかで、検疫は念入りだ。筆者の記憶では全員DDTを噴霧され白いお化けのようだった。もっともお化けたちは嬉しそうに笑っていたけどね。

 12日に博多港内に入ったが、そこでまた検疫、上陸が許されたのは14日午前10時だった。上陸はしたがその日は海岸の松原寮という収容所(休息所)に一泊、15日早朝から復員局で復員手続きを行うことになる。まず所帯主が引揚げ時に満州で交付された罹災証明書、退去証明書を提示して外地引揚証明書を受け取る。これによって新居住地(引揚げ先)への転入手続きや生活物資の特配を受けられる。

 次に引揚げ先毎の外食券(1枚4食分)を受給する。戸塚家は関東地方だから1人8枚である。さらに全国各線に乗車できる無賃乗車券が配られる。引揚者の中には内地旅行に差し支えるような服装の者がいるので、当該者には相当の被服の支給もある。最後に帰郷雑費として1人50円が支給される。

 博多駅からは引揚者専用列車が毎日運行されていた。大阪行き11時46分、門司行き16時04分、名古屋行き19時01分の3本だが、引揚者多数の場合は増発もある。戸塚家は15日午前中に手続きが終わったとしても、大阪行きに乗ることは無理だ。多分夕方の名古屋行きに乗ったのではないか。

 名古屋から東海道線で東京へ向かったはずだ。東京では親戚の家で何泊かしたような気もするがはっきりしない。東京から常磐線、常総筑波鉄道を乗り継いで、今の茨城県常総市、当時の結城郡菅原村へ着いたのはいつ頃だったのだろうか。筆者の記憶では着いた時には小学校が夏休みに入っていた。とすれば、7月20日以降だったのだろう。遼陽・桜ヶ丘を発ってひと月近く、日本の土を踏んでからでも1週間を超える長い旅だった。
 
 

 


[PR]
by daisukepro | 2018-06-27 13:13 | 爆風

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 爆風(95) 18/06/14

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

爆風(95) 18/06/14

明日へのうたより転載

 引揚げ港の葫蘆島は渤海湾に面し、満州と北京を結ぶ交通の要所だ。葫蘆島というが島ではない。瓢箪の形をした小さな半島だ。葫蘆とは瓢箪の意味らしい。日本へ船出するためには遼東半島の先端の大連の方が適していたが、大連は当時ソ連軍の管轄下にあり使わせてもらえなかった。
 
 戸塚家が所属した桜ヶ丘第三大隊は6月28日に東京陵を出発、29日午後3時に錦県駅に着いた。錦県駅は錦西駅のかなり手前の駅で、2万人を収容できる大規模な収容施設がある。施設とはいうが、実際は既に引き上げた日本人の家屋を当てたもので、1軒に何家族か詰め込まれ寝る場所がなく外で寝る人もいた。

 この収容所で7月5日までの1週間滞在した。その間の食事は各自の負担だ。食料は現地の中国人から買うしかない。その値段が日々高騰していた。引揚者は乗船までの費用として1人500円の携行を許されていたが、収容期間がどのくらいになるのか不明ということもあってみんな苦心した。

 7月5日午前4時、第三大隊はいよいよ葫蘆島へ向けて出発することになる。錦県駅から無蓋貨車に乗り、葫蘆島最寄りの茨山駅へ。午後3時に着いてまた収容所だ。この茨山は葫蘆島を見下ろす小高い丘だったらしい。ここに後年、引揚事業を記念する石碑が建てられた。

 茨山収容所には7日まで2日間いた。この間も食事は各自負担である。7日朝収容所を出発して2キロ歩く。港が見えた。日本の船も停泊している。我々が乗るのはアメリカの上陸用舟艇LST-606だ。乗船前、港の広場で最後の携行荷物検査が行われた。検査の終わった順に桟橋に向かう。大きなリュックを背負った行列が続く。戸塚家も父と姉がリュック、母は乳飲み子を背負い、私は亡き妹の遺骨を抱き、5歳の妹は遅れまいと懸命に歩く。乗船するとデッキに立ち止まる暇もなく船底の船室へ詰め込まれた。

 第二工場事務員瀬下信の手記「乗ったのはアメリカのLSTとて戦車を吐き出す軍艦だった。タンクの代わりに我々が筵を敷き詰めたところへ寝ることになった。夏だったからよかった。船はグルっと廻って遼東半島沖を航行中、気のせいか砲声を聞いた様な気がした。赤い夕景の中をイルカが付かず離れず何百何千と空中に舞った。夜は上甲板に集まって船員たちの心尽くしか演芸大会を夜毎楽しんだ。LSTとは便利な船で、夜間海の真っただ中で停まり前方の観音扉を開けると潮風が通り抜けて昼の暑さを忘れる快適な乗り心地だった」。

 船出した日の夕食に麦入りのご飯が出た。涙が出るほどおいしかった記憶がある。おかずが何だったかは忘れた。
 
 

 


[PR]
by daisukepro | 2018-06-23 17:18 | 爆風