人気ブログランキング |

カテゴリ:北朝鮮問題と核( 28 )

北朝鮮、数百万人に飢餓迫る 深刻な食料不足とWFP


 【ジュネーブ共同】国連機関の世界食糧計画(WFP)は3日、北朝鮮の2018年の農業生産が過去10年で最低となり、深刻な食料不足から数百万人に飢餓状態が迫っていると発表した。約1010万人が十分な食料を得られておらず、国際支援が必要だとしている。

 WFPは国連食糧農業機関(FAO)と共同で3月末から4月中旬まで北朝鮮で現地調査を実施。これに基づき公表した緊急報告によると、北朝鮮の18年の農業生産は約490万トンで、136万トンが不足している。19年春収穫の小麦などの生産見込みも良くないという。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が新年の辞で示した課題貫徹を促すポスター。「主力を注ぐべき農業部門が増産闘争を力強く繰り広げよう!」と書かれている(朝鮮通信=共同)

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が新年の辞で示した課題貫徹を促すポスター。「主力を注ぐべき農業部門が増産闘争を力強く繰り広げよう!」と書かれている(朝鮮通信=共同)

この記事を印刷する



by daisukepro | 2019-05-04 06:02 | 北朝鮮問題と核

ニュース分析]北朝鮮を非核化に導くための韓米首脳の2つの腹案とは?

[ニュース分析]北朝鮮を非核化に導くための韓米首脳の2つの腹案とは?

北朝鮮の非核化に伴う米国の相応措置に 
「終戦宣言」含まれた可能性も…朝米経済協力も
文在寅大統領とドナルド・トランプ米大統領が今月24日午後(現地時間)、米ニューヨークのロッテニューヨークパレスホテルで首脳会談の途中、握手している/聯合ニュース

 先週平壌(ピョンヤン)で開かれた南北首脳会談で、北朝鮮の非核化の意志を再確認して帰ってきた文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、今週はニューヨークでドナルド・トランプ米国大統領に会った。両首脳は北朝鮮の非核化を持続的に引き出せる「二つの方策」について協議した。北朝鮮の非核化、先制措置に対する米国の「相応措置」と、今後北朝鮮が享受できる経済発展など「明るい未来像の提示」だ。

■「首席交渉家」の文大統領、トランプ大統領とニューヨークで会談

 キム・ウィギョム大統領府報道官は24日(現地時間)午後、米ニューヨークで国連総会を機に行われた韓米首脳会談の結果関連のブリーフィングで、「文大統領がトランプ大統領に今月18~20日に平壌(ピョンヤン)で開かれた南北首脳会談の結果について説明し、トランプ大統領は会談の結果を歓迎した」と伝えた。文大統領はトランプ大統領に南北首脳会談の結果を説明し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の非核化の意志を再確認しており、トランプ大統領は「遠くない未来に」2回目の朝米首脳会談が開かれる可能性を開いた。

 韓米首脳は会談で、北朝鮮の非核化を追求する案について議論した。キム報道官の説明によると、両首脳の会談では、北朝鮮の非核化の意志を引き出すための方策として、北朝鮮の非核化に対する米国の相応措置▽完全な非核化を成し遂げた場合、北朝鮮の経済発展への支援などが話し合われたものと見られる。

■北朝鮮の非核化による米国の「相応措置」とは?…「入り口で終戦宣言」

 同日、キム報道官は「金委員長の完全な非核化への意志をさらに引き出すために、米国側の相応措置を含めた協力案について緊密な疎通と協力を持続していくことにした」と明らかにした。米国の「相応措置」が何なのかは具体的に示さなかったが、この相応措置に終戦宣言が含まれた可能性が高い。北朝鮮はこれまで、核実験および大陸間弾道ミサイル試験発射の停止▽豊渓里(プンゲリ)核実験場の廃棄▽東倉里(トンチャンリ)ミサイルのエンジン実験場の解体など、非核化関連の先制措置を取ったことに対する相応措置として、米国に終戦宣言を要求してきた。

 大統領府関係者は「両首脳は終戦宣言と2回目の朝米首脳会談の日程と場所について踏み込んだ協議を行った」と明らかにした。金委員長が文大統領を通じてトランプ大統領に非核化の意志を伝え、トランプ大統領もまた文大統領を通じて金委員長に北朝鮮の非核化プロセスを開始する最初のボタンであり、相応措置として朝米首脳会談を開き、終戦を宣言できるという立場を伝えたことをうかがわせる内容だ。

 文大統領も今月20日、平壌で開かれた南北首脳会談後の国民向け報告で、韓米首脳会談でトランプ大統領と終戦宣言について協議すると明らかにした。当時、文大統領は「終戦宣言はもう戦争を終わらせて敵対関係を終息させるという政治的な宣言だ」としたうえで、「国連軍司令部の地位とか、在韓米軍の駐留の必要性などには全く影響がないものだ。…私たちは年内に終戦宣言することを目標にしており、トランプ大統領と首脳会談で、その部分について再び話し合うつもりだ」と述べた。

 ク・ガブ北韓大学院大学教授は25日、ハンギョレとの電話インタビューで「相応措置は本格的な非核化プロセスの始まりと共に、入口で終戦宣言という“制度的装置”を作るという意味だ」とし、「信頼構築の最初の段階だ。話がうまく進めば、朝米首脳会談を契機として終戦宣言をするも考えられる」と指摘した。さらに、「相応措置に終戦宣言のほかに他の品目を盛り込むことは難しいかもしれないが、対北朝鮮制裁の部分的かつ段階的解除まで進む可能性もあると思われる」と付け加えた。 大統領府関係者は「(北朝鮮が)米国に相応する措置を要求してきたが、それに対し、いかなる相応措置をとれるかについて、今日両首脳が協議したと理解していいか」という記者の質問に同関係者は「そのように理解していい」と答えた。

左から文在寅大統領、北朝鮮の金正恩国務委員長、米国のドナルド・トランプ大統領//ハンギョレ新聞社

■北朝鮮に示す「明るい未来」とは?…「経済発展」

 この日韓米両首脳が会談で話し合った北朝鮮の「明るい未来」とは具体的に何なのかについても関心が集まっている。キム報道官は同日のブリーフィングで、「特に両首脳は、北朝鮮制裁を継続していく一方、北朝鮮が非核化を実現した場合に得られる明るい未来を示すことで、北朝鮮の完全な非核化の意志を持続的に引き出す方策についても引き続き模索していくことにした」と明らかにした。これに対して大統領府関係者は「北朝鮮が非核化を進め、完全な非核化を達成した場合、新たに変わった米国と北朝鮮の関係の中で、経済発展をはじめ、様々な明るい未来を保障する、示す、それによって非核化を促進していく、そのような意味だ」と説明した。

 これは「北朝鮮が完全な非核化を実施した場合、朝米間経済協力または経済制裁の緩和などを通じて、北朝鮮が飛躍的な経済成長を実現できる」」という論理で、北朝鮮の非核化を促していくことを意味するものといえる。実際、同日の会談で、トランプ大統領は「北朝鮮には莫大な経済的な潜在力があると思う」としたうえで、「金正恩委員長と北朝鮮住民たちもこのような潜在力を確認することを望んでいると思う」と発言し、北朝鮮の非核化が経済発展につながることを示唆した。

 文大統領は20日、国民向け報告で「金正恩委員長は非核化への確固たる意志を重ねて確約した」としたうえで、「できるだけ早く完全な非核化を終わらせて、経済発展に集中したいという希望を明らかにした」と述べた。金委員長が南北首脳会談で完全な非核化を約束するとともに、経済発展に対する意志を表明しており、これを文大統領がトランプ大統領に伝えたことで、韓米が北朝鮮の非核化を促進するために、北朝鮮に経済発展と関連した明るい未来像を提示することに共感を形成したものとみられる。

 ク・ガブ教授は「終戦宣言をした後も、対北朝鮮制裁が現在のように維持できるかどうかは依然として疑問だ」とし、「北朝鮮もその状態に満足するかも疑問だ。終戦宣言と共に、米国が行っている北朝鮮制裁の一定の緩和、特に米国が直接できる独自制裁の撤回ぐらいは行うべきではないかと思う」と指摘した。

ノ・ジウォン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
http://www.hani.co.kr/arti/politics/defense/863352.html韓国語原文入力:2018-09-25 14:54
訳H.J

by daisukepro | 2018-09-27 23:04 | 北朝鮮問題と核

北朝鮮「豊渓里核実験場23~25日に完全閉鎖」(中央日報)

北朝鮮が12日、これまで6回にわたり核実験を実施した咸鏡北道吉州郡豊渓里(ハムギョンブクド・キルジュグン・プンゲリ)の核実験場を23~25日に閉鎖すると発表した。


北朝鮮外務省はこの日発表した公報で、「核試験場を廃棄する儀式は5月23日から25日の間に気象条件を考慮しながら進行するものと予定されている。核試験場廃棄は核試験場のすべての坑道を爆発の方法で崩落させ入口を完全に閉鎖する」と明らかにしたと朝鮮中央通信が報道した。


北朝鮮は米朝首脳会談をちょうど1カ月後に控えた12日に核実験場閉鎖に向けた具体的な履行方法を明らかにした。また、23~25日に閉鎖措置がなされれば首脳会談を半月ほど後に控え実行措置を取ることになる。北朝鮮の今回の措置は米朝首脳会談を控え労働党第7期第3回総会の決定を実行することにより会談のムードを盛り上げ、約束した事案を履行するという意志を示すためのものと分析される。


北朝鮮外務省は続けて、「入口を完全に閉鎖した後、地上にあるすべての観測設備と研究所、警備区分帯の構造物を撤去する順次的な方式で進行される。核試験場廃棄と同時に警備人員と研究家を撤収させ、核試験場周辺を完全閉鎖することになる」と説明した。


引き続き外務省は「北部核試験場廃棄を透明性あるように見せるため国内報道機関だけでなく国際記者団の現地取材活動を許容する用意がある。核試験場が狭い点を考慮し、国際記者団を中国、ロシア、米国、英国、南朝鮮(韓国)からの記者に限定する」と明らかにした。これは金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が先月27日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談で北朝鮮の核実験場を閉鎖する際には対外的に公開すると明らかにしたのに伴う後続措置と分析される。


北朝鮮外務省は韓米中ロ英の取材陣の便宜を保障するために▽中国・北京~元山(ウォンサン)間の専用機運航保障▽元山~豊渓里間の特別専用列車編成と運用▽取材内容の外部送信など通信保障を約束した。だが北朝鮮外務省はメディア以外に国際原子力機関(IAEA)など国際核専門家グループの招請の有無に対しては立場を明らかにしなかった。

北朝鮮外務省は今回の措置と関連し、「朝鮮民主主義人民共和国は今後も朝鮮半島と世界の平和と安定を守護するために周辺国と国際社会との緊密な連係と対話を積極化していくだろう」と強調した。


咸鏡北道吉州郡の豊渓里核実験場は2006年10月に1回目核実験を行ったのをはじめ、昨年9月まで6回の核実験が行われたところだ。専門家らが閉鎖前手続きに注目してきた。また「参観」でなく「査察」が実施されなければならないと強調してきた。北朝鮮制裁と人権問題を長く研究してきたある国際法専門家は、「豊渓里は北朝鮮が不法な核実験を6回実施した犯罪の現場で、北朝鮮の核能力と技術に対する情報を得ることができる所。今後の非核化過程で核施設を隠そうとする北朝鮮とのかけひきが続くだろうに、こうした良い査察資料を目の前に置いて閉鎖を参観だけするのは証拠隠滅に拍手を送ることになりかねない」と強調した。北朝鮮は韓米の専門家とメディアを招くとしたが、「参観」ではなく「査察」が行われる場合、視察団構成も複雑になる可能性がある。IAEAなど国際機関だけでなく、中国と日本も大きな関心を見せているという。


豊渓里核実験場査察がしっかりと行われるとしてもこれはそれこそ始まりにすぎない。ニューヨークタイムズは6日、「北朝鮮の非核化検証は核廃棄の歴史上最も広範囲な査察活動になるだろう」と予想した。同紙は米情報機関とランド研究所の報告書などを根拠に、北朝鮮が20~60個の核弾頭を製造したと報道した。また、北朝鮮が40~100棟の核施設を保有しており、原子力工業に関連した建物だけで400棟程度だと伝えた。


今回北朝鮮はメディアを招く意向を明らかにしながらも、専門家を招くことについて立場を示さなかった。だが専門家招請は今後関連国と直接調整する過程を経るとの観測も出ている。



by daisukepro | 2018-05-13 23:35 | 北朝鮮問題と核

「朝鮮半島の非核化」共通目標に 日中韓首脳会談 「板門店宣言」を支持

「朝鮮半島の非核化」共通目標に

日中韓首脳会談 「板門店宣言」を支持

 安倍晋三首相、中国の李克強首相、韓国の文在寅大統領による3カ国首脳会談と日中、日韓両首脳会談が9日、都内で行われました。一連の会談では、朝鮮半島の「完全な非核化」を盛り込んだ南北首脳会談の「板門店宣言」(4月27日)を支持し、「朝鮮半島の非核化」を共通目標にすることが確認されました。文氏は3カ国会談後の共同発表で、「今後3カ国は世界史的な大転換を引き起こすパートナーとなるだろう」と訴えました。

共同文書発表大幅ずれこみ

 一方、通常は会談の直後に行われる共同文書の発表は文言の調整が長引き、大幅にずれこむ見通しです。

 日本側の説明によれば、北朝鮮の核兵器や弾道ミサイルの「完全、検証可能かつ不可逆的な方法での廃棄」に向け、安保理決議に従って3カ国で協力を進めることを確認。安倍首相は共同発表で、「北朝鮮に関する累次の安保理決議を完全に履行することが3カ国の共通した立場だ」と述べ、引き続き圧力を維持する考えを示しましたが、李、文両氏からは具体的な言及はありませんでした。

 李氏は「朝鮮半島の非核化が対話の軌道に戻ることを歓迎する」と表明。文氏は「板門店宣言を認め、支持してくれたことに感謝する。(朝鮮半島の)恒久的な平和定着の過程で3カ国の緊密なコミュニケーションが持続するよう努力する」と述べました。

 安倍首相は「拉致、核・ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、北朝鮮が正しい道を歩むのであれば、日朝平壌宣言に基づき、不幸な過去を清算し、国交正常化を目指すとの考えに変わりない」と述べました。これに関して、李氏は「米朝会談、日朝会談に期待を寄せたい」と表明。文氏も日韓会談で、「朝鮮半島や北東アジアの平和と繁栄のため、日朝の対話と関係正常化が必ず必要だ」と強調しました。

 また、安倍首相は拉致問題解決にむけての支援を呼びかけました。

 経済分野では、日中韓の自由貿易協定(FTA)交渉の加速化や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)早期妥結で一致しました。

 日中韓首脳会談は15年11月にソウルで開かれて以来で、08年に持ち回り開催が始まってから通算7度目。李、文両氏の来日は就任後初めて。次回は中国が議長国を務めます。



by daisukepro | 2018-05-10 11:59 | 北朝鮮問題と核

北朝鮮が拘束していた米国人3人を解放

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは9日、北朝鮮が拘束していた米国人3人を解放したと発表した。訪朝したポンペオ国務長官が同日、3人と共に北朝鮮の首都平壌を離れ、空路で帰国の途に就いた。トランプ大統領はツイッターで米朝首脳会談の日程と場所が決まったと明らかにし、ロイター通信によるとポンペオ氏は「数日内」に発表できると述べた。会談は1日だけの予定。北朝鮮は首脳会談を控え米国との関係改善に前向きな姿勢を示す狙いがある。

 解放された3人の健康状態は良好という。トランプ氏は金正恩朝鮮労働党委員長に謝意を表明した。

 9日、在日米軍横田基地に戻った米政府機(左)(AP=共同)

 9日、在日米軍横田基地に戻った米政府機(左)(AP=共同)
c0013092_00565922.jpg


by daisukepro | 2018-05-10 00:55 | 北朝鮮問題と核

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 金正恩にノーベル平和賞を 18/05/04

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

金正恩にノーベル平和賞を 18/05/04

明日へのうたより転載

 ブラックジョークかと思っていたトランプ米大統領のノーベル平和賞の話が何となく現実味を帯びてきた。「『ノーベル平和賞はトランプ大統領に』韓国・文在寅大統領が発言」(1日付『毎日』)。「6月初旬までに開かれる見通しの米朝首脳会談を前にトランプ氏を持ち上げ、会談成功と平和体制構築につなげたい思惑もありそうだ」。文氏は「ノーベル平和賞をとってください」との声に「ノーベル賞はトランプ大統領が受賞しなければならない。われわれは平和だけ、もらえればいい」と答えたという。立派!

 ということで、第二次世界大戦後に国の最高指導者でノーベル平和賞をもらったのは誰か、ネットで調べてみた。

 1957年 ピアソン・カナダ首相
 1974年 佐藤栄作・日本首相 沖縄をアメリカから返還させた功績だというが、いまだに基地問題で紛糾が絶えないのはお前の責任じゃないか。
 1978年 ベギン・イスラエル首相 パレスチナへの無差別爆撃で幼い子を殺しているのは誰だ。

 1983年 ワレサ・ポーランド大統領 1981年に「連帯」議長で訪日、読売労組へきたよ。
 1987年 サンチェス・コスタリカ大統領
 1990年 ゴルバチョフ・ソ連最高指導者
 1993年 マンデラ・南ア大統領
 1994年 ペレス・イスラエル大統領

 2000年 金大中・韓国大統領 賞に値する人物だった。
 2002年 カーター・アメリカ大統領
 2009年 オバマ・アメリカ大統領 ノーベル賞金を返却してほしい。
 2016年 サントス・コロンビア大統領

 おれとしてはやはりトランプにノーベル平和賞をやるわけにはいかない、常識的には文在寅だけど、この際サプライズとして金正恩にしたらどうかと思うのだが、皆さんいかがですか。


by daisukepro | 2018-05-07 16:18 | 北朝鮮問題と核

 王氏の北朝鮮訪問で注目すべき点は、朝鮮半島の平和体制構築の過程での中国の役割の強調だ

王毅中国外交担当国務委員兼外交部長(左)が2日、平壌の万寿台議事堂でリ・ヨンホ北朝鮮外相と会ったと朝鮮中央通信が3日報道した/朝鮮中央通信 聯合ニュース

 中国の王毅外相が2日から2日間、北朝鮮を訪問した。板門店(パンムンジョム)の南北首脳会談と、近づいてきた北朝鮮と米国の首脳会談に繰り広げられている朝鮮半島の大転換の局面に、中国が積極的に対応をするという意思が込められた歩みとして理解できる。この転換期に中国が自らの役割を果たせずに疎外されるのではないかという憂慮があるとも見られる。

 王氏の北朝鮮訪問で注目すべき点は、朝鮮半島の平和体制構築の過程での中国の役割の強調だ。北朝鮮と中国の関係は3月末の北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の北京訪問で過去の疎遠さを払拭し、完全に正常化したことができる。しかし1カ月の間に朝鮮半島情勢があまりにも急速に変わり、中国としてはもう一度朝中関係を強める必要があったのだろう。北朝鮮も中国という後ろ盾があってこそ動きの幅がいっそう広がるという点を考慮しただろう。

 王氏の北朝鮮訪問は、南北首脳が板門店宣言を通じて明らかにした朝鮮半島の終戦宣言と平和協定の締結問題で、中国はそれなりの役割をするという意志があるものと理解するに値する。実際、終戦宣言の問題は戦争を終わらせて敵対関係を解消するという政治的宣言であるだけに、南北米の3者だけでも充分と言える。中国は韓米と国交正常化して敵対関係をすでに清算したので、終戦宣言に必ずしも同席する必要はない。一方、平和協定締結は終戦後の新しい体制を構築する問題であるだけに、交戦当事国である南北米中がすべて参加することが望ましい。しかし、終戦宣言を推進する過程で中国がもし疎外感を感じるなら、不必要な誤解をしながら門を閉ざしておく理由はない。韓国政府は9日の韓中日の首脳会議で板門店宣言支持の特別声明の採択を目指すというが、この会議を活用する策もあるはずだ。板門店宣言は南北首脳が「朝鮮半島にこれ以上戦争はないと表明した」という内容がある。事実上、南北間の終戦宣言であるわけだ。韓中日の3カ国の特別声明にこの宣言を支持する内容を込められれば、それだけでも中国が終戦宣言に参加する形はそろっているといえる。

 朝米首脳会談が近づいて米国の期待も高まっている。ポンペオ国務長官は就任式で「我々は朝鮮半島の歴史の進路を変える前例のない機会を得た」として、会談成功に対する強い自信を表わしている。北朝鮮に抑留された3人の米国人の送還が迫っているという報道もされている。北朝鮮と米国の関係が過去には想像することもできなかったほど、急激に変わる可能性が大きくなっているのだ。この大転換の局面で韓国は、朝鮮半島周辺国が疎外感を感じずに肯定的な役割ができるように外交の力量を発揮せねばならない。関連国が皆「ウィンウィン」する落としどころを用意してこそ、韓国の可動域も広がり、南北関係もスピード感をもって発展できるはずだ。


by daisukepro | 2018-05-07 10:48 | 北朝鮮問題と核

 想定される日中韓共同文書の主な内容

政府は、東京で9日に開く日中韓首脳会談で、朝鮮半島の非核化に向けた緊密連携を柱とする共同文書を3カ国で発表する方向で最終調整に入った。「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を共通目標と位置付け、実現を目指す方針を明記。「圧力を維持し、非核化へ具体的行動を要求する」との趣旨の文言も盛り込む方向だ。3カ国の共同宣言としたい考え。複数の政府関係者が5日、明らかにした。

 共同文書は、5月中にも開催が見込まれる米朝首脳会談での具体的成果への期待を表明。4月の南北首脳会談の際、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が非核化の意思を示したことを歓迎するとみられる。

(共同)

 想定される日中韓共同文書の主な内容

 想定される日中韓共同文書の主な内容
c0013092_00022572.jpg


by daisukepro | 2018-05-06 00:01 | 北朝鮮問題と核

南北首脳、板門店で握手 金正恩氏が初めて韓国入り

南北首脳、板門店で握手 金正恩氏が初めて韓国入り

 【ソウル共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は27日午前9時半(日本時間同)、板門店の南北軍事境界線を徒歩で越えて韓国入りした。文在寅大統領が出迎え、境界線上で握手した。北朝鮮の最高指導者が韓国の地を踏むのは初めて。韓国側施設「平和の家」で、2007年10月以来10年半ぶり3回目となる南北首脳会談に臨む。会談終了後、共同宣言を発表する見通し。北朝鮮の非核化へ向けて具体的な合意を盛り込めるかどうかが最大の焦点。

 北朝鮮が金委員長の体制になってから初めての南北首脳会談。両首脳の初対面は生中継され、南北融和を内外に印象付けた

c0013092_10310392.jpg
c0013092_10340878.jpg


by daisukepro | 2018-04-27 10:37 | 北朝鮮問題と核

志位委員長が談話

志位委員長が談話

 日本共産党の志位和夫委員長は21日、北朝鮮が核実験とICBM発射実験中止、核実験場の廃棄を決定したことに対して、次の談話を発表しました。

 核実験とICBM(大陸間弾道ミサイル)発射実験の中止の決定を、対話による平和的解決を促進する動きとして評価する。

 今後の南北首脳会談、米朝首脳会談が成果をおさめ、朝鮮半島の非核化と北東アジアの平和体制の構築に進むことを強く願う。



by daisukepro | 2018-04-22 10:35 | 北朝鮮問題と核