カテゴリ:歴史( 4 )

ユネスコ、日本に軍艦島など“歴史全体”を知らせるよう再確認

ユネスコ、日本に軍艦島など“歴史全体”を知らせるよう再確認

第42回世界遺産委、会議決定文 
朝鮮人強制労働認定発言が含まれた 
「2015年決定文の忠実な履行を要求 
歴史全体の解釈、国際模範事例を考慮」
「軍艦島」として知られた長崎県沖の島、端島。1940年代に強制徴用された朝鮮人たちが石炭採掘に動員され、100人以上が死亡したところだ=ハンギョレ資料写真//ハンギョレ新聞社

 ユネスコ世界遺産委員会が27日(現地時間)、1940年代に「軍艦島」(端島)など日本の産業施設で朝鮮人労働者が「強制労働」に動員された事実など「歴史全体」を理解できるようにすることを勧告した2015年決定文の忠実な履行を要求した。

 28日、外交部によれば、24日(現地時間)からバーレーンのマナマで開かれている第42回ユネスコ世界遺産委員会の会議で、日本近代産業施設の世界遺産登載後続措置の履行の件を検討して、こうした内容の決定文をコンセンサス(表決なし同意)として採択した。

 決定文は、2015年に日本近代産業施設23カ所が世界遺産に登載された当時、日本側に各施設の“歴史全体”を理解できる“解釈戦略”を用意するよう勧告した決定文を想起させ、この決定文を忠実に履行することを要求した。2015年の決定文には「韓国人などが自分の意思に反して動員され、苛酷な条件で強制労働」させられた事実に言及した駐ユネスコ日本大使の発言を含んでおり、これを再確認したわけだ。

 外交部はまた、今回の決定文で世界遺産委が日本に対し「歴史全体の解釈にあって国際模範事例を考慮することを強く促す」として「当事国間の持続的対話を促す」とも伝えた。これは、日本が昨年11月に日本政府が軍艦島などの産業革命遺産23カ所に対する「産業遺産情報センター」を現地でなく東京に作ると明らかにしたことに加えて、「強制労働」という表現の代わりに「日本の産業を支援した」と報告したことに伴うものと分析される。日本政府は、こうした内容の「明治産業革命遺産保存状況報告書」をユネスコ世界遺産センターに提出し、朝鮮人強制動員の事実を回避しようとする小細工だという論議が起きた。

 「朝鮮人強制労働」という表現は、前回同様に決定文の本文に記載されはしなかった。2015年と同じように脚注部分に含まれ、決定文の前に入った「ICOMOS(国際記念物遺跡協議会)とICCROM(国際文化財保存復旧研究センター)が作成した分析および結論」に2015年の日本の発言文内容をそのまま明記した。外交部側は、通常当事国の履行経過報告書に基づいて作成されるこの「分析および結論」で、慣例に反して2015年の決定文を引用した点を異例と見ている。

 この日決定文が採択されると、韓国側首席代表として会議に参加しているイ・ビョンヒョン駐ユネスコ大使は「2015年決定文を忠実に履行するために、韓日両者の協議を続ける一方、日本が日本近代産業施設世界遺産の歴史全体の解釈戦略を用意するにあたって国際模範慣行を考慮することを希望する」と明らかにしたと外交部は伝えた。

 山田滝雄・駐ユネスコ日本大使は「2015年の日本代表発言文に含まれた約束を履行していく一方、今回の決定文に含まれたすべての勧告事項を履行していく意志を再確認する」と話した。

 外交部は、決定文採択の直後である27日夜「日本近代産業施設世界遺産登載に関連して、2015年決定文を想起させ、日本がこれを忠実に履行することを要求する一方、当事国間の対話を促したという点で意味があると評価できる」と明らかにした。

キム・ジウン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

[PR]
by daisukepro | 2018-07-02 00:57 | 歴史

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) マルクスガブリエルの言いたい放題 18/05/16

戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員)

マルクスガブリエルの言いたい放題 18/05/16

明日へのうたより転載

 14日付『毎日』のオピニオンページが読み応えあった。38歳のドイツの哲学者マルクス・ガブリエルへの一問一答。タイトルは「そこが聞きたい ポピュリズム現象とは?」。ドイツの昨年総選挙で右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)が野党第一党になった。右派ポピュリズムとはどんな思想なのか。

 マルクスガブリエルは右派ポピュリズムをキリスト教原理主義だと定義する。「(原理主義は)「歴史的事実を否定し、事実に合致しないアイデンティティをでっちあげます」。だから右派ポピュリズムの政治は「ウソの物語に基づいて」「誤った事実と認識」で行われることになる危険が大きい。

 そんな危険な政治が何故人々から支持されもてはやされるのか。ちょっと長いが、マルクスガブリエルの言をそのままコピーする。

「人の文化的活動は、心理学者フロイトが名付けた(本能的に欲求を満たす)『快楽主義』と、(社会の仕組みを考慮し欲求を制限する)『現実原則』が調和している時に成り立ちます。このバランスが崩れると人は心を病みますが、私たちはこの二つが一致しにくい病める社会に暮らしているため、複雑な現実を単純化して提示してくれるポピュリズムのような(都合の良い)『幻想』を求めるのです」。

 このマルクスガブリエルの言葉は、今の日本の政治、国民の心理状況をピタリ言い表しているのではないだろうか。事実を顧慮せず断定的に確信を持ったふりをして、政治の場で平然とウソをつく。単純な大衆受けする単語をばらまいて国民の幻想を誘う。そんなウソの政治に対抗軸はないのか。

 マルクスガブリエルは必要なのは「他人の哲学、考えに耳を傾ける『友情の政治』」だという。この対極にあるのが『敵意の政治』で、自分と相容れない人や思想に対して対立の構図を作る。敵対することが良いことだと決めつける。匿名の批判をネットで広げる。そんな国民が右派ポピュリズムの餌食になる。

 一方でマルクスガブリエルはこんなことも言う。「哲学界に『悪いやつ』がいたことは明らかです。(社会主義独裁につながった)カールマルクスや(ナチに利用された)ニーチェ、ハイデッガーらです」。これはちょっと酷い断定の仕方じゃないのかな、とおれは思った。
 

c0013092_12270918.jpg
歴史的によく出現する怪しげな哲学者かな!以下私はマルクス ガブリエルのことです。
私はメタ存在論とメタ形而上学というカント以来の伝統を復活させようとしています。周知の通り、メタ存在論という言葉を導入したのはハイデガーであり、また彼はカントの哲学が「形而上学についての形而上学」であるとも明言しています。私が用いるメタ形而上学的ニヒリズムという言葉の意味とは、世界など存在しない、つまり、世界についてその究極的本性、本質、構造、構成、カテゴリー的輪郭などが問われるとき、その問いかけには意図されているような概念的内容が欠けている、ということです。万物を絶対的に構成している何か大きなものがあるという考えは、それが自然的なものであれ理性が不可避的に有する性質であれ、幻想なのです。現代の議論において影響力を持っているネオ・カルナップ主義者たちも同様の結論に至っていますね。彼らの研究で言われていることの多くに私は賛同しており、それをカント的、ポスト・カント的哲学におけるメタ存在論/メタ形而上学の伝統と連結させようと試みているのです。[6]
  •  


    [PR]
    by daisukepro | 2018-05-18 12:19 | 歴史

    南京事件



    [PR]
    by daisukepro | 2018-05-14 17:31 | 歴史

    主張 「明治150年」 戦前の負の歴史を見ない議論(赤旗より)

    主張

    「明治150年」

    戦前の負の歴史を見ない議論

     今年は明治元年(1868年)から150年に当たります。徳川慶喜を擁する旧幕府側と薩摩・長州両藩を中心とする新政府軍との間で戊辰(ぼしん)戦争が始まり、江戸城が無血開城され、新政府が「五箇条の誓文」を公布し、明治に改元したのがこの年でした。

    前半は侵略と戦争の70年

     安倍晋三内閣は官邸主導で「明治150年」関連施策を推進しています。例えば、明治期に関する資料の収集・整理と公開、建築物の公開をはじめ当時の技術や文化に関する遺産に触れる機会の充実などにとりくむとしています。

     政府は「明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは、大変重要なこと」(内閣官房「明治150年」関連施策推進室)と強調しています。キーワードは「明治の精神」と「日本の強み」です。

     通常国会の施政方針演説でも、安倍首相は「明治という新しい時代が育てたあまたの人材が、技術優位の欧米諸国が迫る『国難』とも呼ぶべき危機の中で、我が国が急速に近代化を遂げる原動力となりました」と力説しています。

     政府挙げてのキャンペーンには疑問が上がっています。日本歴史学協会は、今年の「建国記念の日」に関する声明の中で「薩摩・長州出身者に代表される『維新』の当事者たちを実際以上に高く評価して『明治の精神』なるものを標榜(ひょうぼう)し、日本の近代を特定の立場から一方的に明るい歴史として考えていこうとする政府の方針には強い違和感がある」としています。

     たしかに明治維新は、徳川幕府を中心とする封建制度から近代国家へと移行する、日本史の重要な転換点でした。しかし、明治政府は自由民権運動を抑圧し、大日本帝国憲法(1889年)や教育勅語(90年)を定めました。立憲政治の装いをこらしつつ国を統治する全権限を天皇が握る専制政治を確立したのです。

     しかも国づくりのスローガンは「富国強兵」でした。欧米列強と対抗するために、1874年の台湾出兵と翌75年の江華島事件を皮切りに、アジア諸国に対する侵略と戦争の道を突き進みました。日清戦争の結果、1895年には台湾を植民地化し、日露戦争を経て1910年には韓国を併合しました。行き着いた先は、31年からの中国への侵略戦争であり、41年からのアジア・太平洋戦争でした。

     「明治150年」の前半が侵略戦争と植民地支配という負の歴史をもっていたことはまぎれもない事実です。そうした歴史に目をふさぎ、戦前と戦後の違いを無視して「明治の精神」「日本の強み」を一面的に強調するのは、時代錯誤の歴史観というほかありません。

     「明治100年」記念事業の時には、政府の文書が辛うじて「顧みてただすべき過ちもないとはいえなかった」(明治百年記念準備会議)と記していたことと比べても安倍政権の逆行ぶりは顕著です。

    米騒動から100年

     今年は1918年の米騒動から100年でもあります。シベリア干渉戦争に伴う米価高騰に民衆が立ち上がり、「非立憲内閣」と呼ばれた寺内正毅内閣は退陣に追い込まれました。この寺内首相を、同じ山口県の出身者として“目標”にしているのが安倍首相です。

     圧政に抗して平和と民主主義、生活向上を求めた人々の歩みにこそ光を当てるべきときです。



    [PR]
    by daisukepro | 2018-02-11 20:31 | 歴史