人気ブログランキング |

カテゴリ:アベ政治の末路( 4 )

あべ政治とネトウヨの末路 戸塚章介

 「週間金曜日」11月2、9日号に掲載された対談「『ネトウヨ』バブルはもう底を打った」が面白い。対談者はそれぞれ1982年生まれの倉橋耕平立命館大学非常勤講師と評論家の古谷経衡。「1980年代生まれの論者が語り合う『フェイクニュースの時代』」。古谷氏は元ネトウヨだったという。

 今の日本でネトウヨ(ネット右翼)と呼ばれる人がどのくらいいて、どんな職業、学歴、年代層か。「古谷さんも独自調査されたそうですが、研究者による調査でも『ネトウヨ』と呼ばれる年代は40代、学歴は大卒が多い。職業別では自営業が多く、さらにIT系や保安業にも多いという特徴があります」「数的には、200万人くらい。実際には、それほど多くない」(倉橋)。

 「人口の2%ぐらいでしょう。僕の経験から言うと、60代、70代の世代がコロッと『ネトウヨ』になる」「(ネトウヨ層の特徴は)首都圏のミドルアッパー以上の、自営業者が大半ですね。それに医者とか」(古谷)。ネトウヨは関東に多くて関西は少ない。彼らは「在日朝鮮人に日本人にはない特権が与えられている」と叫ぶが、在日が多い大阪などでは「そんなものあらへんやろ」と皮膚感覚で分かる。

 対談を読んでいて「なるほど」と思ったのは、アベ政治への影響力として注視されている「日本会議」に対する2人の見方だ。「一部には『日本会議』について『日本を操る黒幕』とか、『ものすごい力を持っている』みたいなことを言う人がいるけど、陰謀論のように極度に過大評価するのは良くないと思います。どの閣僚が『日本会議国会議員懇談会』に属しているかと騒ぐ人もいるけど、全員が全員、『日本会議』のイデオロギーを背負っているようにはとても見えません」(倉橋)。「僕も同じ考えです。50票でも100票でも入れてくれれば、国会議員はどんな議連や団体にも入りますからね」(古谷)。 

 ネトウヨも生まれた頃はそれなりの思想的バックボーンみたいなものがあった。小林よしのりの「戦争論」や桜井よしこ、渡辺昇一、西尾幹二などの本を読んでいたが今は読まない。ネットに走り書きされた100字くらいの文章を読むのが精いっぱい。彼らのなかで今ももてもてなのは桜井よしこの動画だ。

 杉田水脈や片山さつきは初期ネトウヨの典型だが、今はもう通用しなくなっている。「安倍政権が終わったら安倍翼賛のオールド右翼の論調も変わっていくはず。それにつれて『ネトウヨ』の趨勢も、『逆雪だるま式』に収縮していくと予想しています」(古谷)。

 


by daisukepro | 2018-11-13 19:01 | アベ政治の末路

逃げる

c0013092_13503931.jpg

by daisukepro | 2018-05-06 13:51 | アベ政治の末路

出すべき「ウミ」は首相自身 安倍政権を倒し、ウソのない政治、民主主義を取り戻そう 国会前大行動 志位委員長のスピーチ

出すべき「ウミ」は首相自身 安倍政権を倒し、ウソのない政治、民主主義を取り戻そう

国会前大行動 志位委員長のスピーチ

 安倍政権の退陣を求めて14日に行われた国会前大行動で、日本共産党の志位和夫委員長が行ったスピーチは次の通りです。


 みなさん、こんにちは(「こんにちは」の声)。日本共産党の志位和夫です。今日は小池晃書記局長、高橋千鶴子衆院議員、畑野君枝衆院議員、吉良よし子参院議員、山添拓参院議員と一緒にまいりました。頑張りましょう。(「おー」の歓声、拍手)

森友疑惑――8億円値引きの根拠はいよいよ崩壊、昭恵氏に国会に出てきてもらおう

 安倍政権のもとでの一連の疑惑は“底なし沼”の状況じゃないでしょうか。(「そうだ」の声、拍手)

 森友疑惑では、公文書改ざん事件に続いて、8億円の(国有地)値引きの根拠がいよいよ大本から崩壊する事態となってきました。2016年、財務省近畿財務局が国土交通省大阪航空局に“地中のゴミの積算量を増やしてくれ”と依頼した。そのことによって8億円の(国有地の)値引きが決まりました。

 みなさん。背任罪に問われるような、こんなとんでもないことを財務省と国交省がグルになってやっていた。背後に政治的圧力がなければ、おこりえないことではないですか(「そうだ」の声、拍手)。昭恵さんの関与がいよいよ濃厚ではありませんか。国会に出てきてもらおうではありませんか。(「その通り」の声、拍手)

加計疑惑――愛媛県文書の真実性は極めて高い、「関与はない」という首相の言明は崩壊

 加計疑惑については、柳瀬唯夫元首相秘書官が「本件は、首相案件」と発言したと明記した愛媛県の文書が出てまいりました。安倍晋三首相は、「秘書(の柳瀬氏)が記憶の限りでは会っていないと言っている。それを信用する」と言っている。どちらかがウソをついているわけですけれども、愛媛県の文書の真実性が限りなく高いのではないでしょうか。(「そうだ」の声、太鼓の音、拍手)

 なぜならば、愛媛県にはウソをつく動機がない。しかし首相サイドには動機が十分にあるじゃないですか(「その通り」の声、拍手)。そしてその後、起こった出来事は、愛媛県の文書の通りになった。国家戦略特区に申請する。「申請書は2、3枚でインパクトのあるものを」という(官邸・政府側の)“指南”通りになっているじゃないですか。あれが真実ということになりますと、「関与していなかった」という首相の言明は大本から崩れることになります。

 みなさん。森友も加計も首相夫妻の疑惑は“真っ黒に近いグレー”になっているのではないでしょうか(「そうだ」の声、拍手)。安倍首相は「ウミを出す」と言っている。しかし出すべき「ウミ」は首相自身ではないでしょうか(「その通り」の声、大きな拍手)。徹底した真相究明を国会でやっていきたいと思います。(大きな拍手)

自衛隊の「日報」隠ぺい――憲法違反の海外派兵、「戦場の真実」を隠すことが目的

 そして、自衛隊の「日報」の隠ぺい問題です。「ない」と言っていたイラク(派兵)の「日報」が出てきました。この国は、安倍内閣が「ない」というものは大体あるんですよ。(笑い)

 なぜ、「日報」を隠ぺいしたか。「戦場の真実」を隠すためだったのではないでしょうか。(「そうだ」の声、拍手)

 南スーダン(派兵)の「日報」には「戦闘」という言葉がたくさん書かれておりました。

 イラク(派兵)の「日報」についても、今日の報道では、やはりこちらにも「戦闘」という言葉が記載されているという。結局、「非戦闘地域」が建前だったけれども、戦場に行ったのではないか。憲法違反の海外派兵が「戦場の真実」だったのではないか。

 みなさん。強大な軍事組織が国民にこういう重要な情報を隠ぺいするなどということは恐ろしいことですよ(「そうだ」の声)。それをコントロールしない政府も恐るべきことですよ(「そうだ」の声)。即刻、退陣させようではありませんか。(「おー」の歓声、大きな拍手)

希望は市民と野党の共闘――安倍政権を一歩一歩追い詰めている

 みなさん。希望は、市民と野党の共闘です。

 あの安保法制(戦争法)のときに、この国会前を連日のように埋めた新しい市民の運動は、一時見えなくなっていましたが、ちゃんと伏流水のように続いておりました。そしていま、またここにわき起こっているじゃないですか(「そうだ」の声)。全国でわき起こっているではありませんか。(拍手)

 この市民のみなさんの運動と野党の共闘の力が合わさり、厚労省の裁量労働制のねつ造データを認めさせ、(「働き方改革」一括法案から)削除させた。佐川宣寿・前理財局長の証人喚問も実現させた。一歩一歩追い詰めているじゃないですか。

 この力で安倍政権を倒して、ウソのない政治、正直な政治、日本の民主主義を取り戻していこうではありませんか(「おー」の歓声)。頑張りましょう。ありがとうございました。(長く続く拍手)



by daisukepro | 2018-04-15 11:49 | アベ政治の末路

「安倍退陣」5万人 怒りの声 国会包む 全国20カ所以上で行動

「安倍退陣」5万人

怒りの声 国会包む

全国20カ所以上で行動

写真

(写真)「安倍はやめろ」「総辞職」などと国会前の車道をうめつくして抗議する人たち=14日

 森友・加計疑惑の真相究明、内閣総辞職を求める行動が14日、全国20カ所以上で行われ、安倍内閣に対する国民の怒りが列島を包みました。国会正門前の抗議行動にはのべ5万人(主催者発表)が参加。国会前の車道まで参加者で埋め尽くされ、「安倍はやめろ」「総辞職、総辞職」の大コールがわき起こりました。

 「安倍内閣は今すぐ退陣!」―午後3時35分、ふくれあがった参加者で国会正門前の車道にも人々があふれました。これは、2015年夏の安保法制反対の大行動以来のことです。マイクを持った抗議スタッフらを中心に何カ所も人だかりができ、地鳴りのようなコールが響きわたりました。ベビーカーを押した人や若者、大きなスーツケースなどを手に各地から参加した人の姿が目立ちました。

 東京都内の大学3年生の女性は、友人を誘って参加。「今の社会に対して自分が思うことを表明したいと考えてきました。政府に都合のいい人たちのためだけの政治ではなく、一人ひとりが大切にさせる政治をしてほしい」

 国会前の抗議行動は、「総がかり行動実行委員会」「未来のための公共」「Stand For Truth」の3団体が主催。

 代表してあいさつした総がかり行動実行委共同代表の福山真劫(しんごう)さんは、安倍政権によって憲法破壊と政治の私物化が進んでいると指摘。「これ以上、安倍政権を延命させたら、日本の平和と民主主義、誇りは地に落ちてしまう。今度こそ市民と野党の共闘で退陣させよう」と呼びかけると、「そうだ」の声と拍手が起こりました。

 京都市から夜行バスで参加した男性は、「今の政治について自分の言葉で語る人の声を直接聞きたくて来ました。公文書の改ざんが明らかになり、すべての問題に対して疑惑をもっています。その疑惑を晴らす責任は内閣にあります」と話しました。

 大阪府から参加した男性(26)=団体職員=は「公文書の改ざんや隠ぺいが明るみに出ても『自分は悪くない』というような安倍首相の態度に腹が立ちます。野党はあきらめないで追及して、この国をよくしてほしい」

 立憲民主党、日本共産党、社民党の国会議員がスピーチ。共産党から志位和夫委員長が訴えました。

志位委員長がスピーチ

写真

(写真)スピーチする志位和夫委員長=14日、国会正門前

 日本共産党の志位和夫委員長はスピーチで、森友・加計疑惑、自衛隊のイラク「日報」隠ぺいなど一連の疑惑について国会で徹底究明する決意を表明。市民と野党の力を合わせて「安倍内閣を即刻退陣させよう」と呼びかけると、参加者は割れるような拍手と歓声で応えました。

 志位氏は、森友・加計疑惑について、「首相夫妻の関与の疑惑は真っ黒に近いグレーだ。首相は『ウミを出す』というが、出すべき『ウミ』は首相自身ではないか」と痛烈に批判。「希望は市民と野党の共闘です」と述べ、「安保法制のときに国会前を埋めた新しい市民の運動が伏流水のように続き、今またここにわき起こっている」と強調しました。

 志位氏は市民と野党の共闘の力によって、厚労省のデータねつ造を認めさせて「働き方改革」一括法案から裁量労働制を削除させ、森友公文書改ざん事件では佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問を実現させたと指摘。「一歩一歩、追いつめている。この力で安倍政権を倒し、ウソのない正直な政治、日本の民主主義を取り戻そう」と呼びかけました。



by daisukepro | 2018-04-15 11:42 | アベ政治の末路