人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

主張 日米協定案の可決 国会と国民を無視した暴挙だ

主張

日米協定案の可決

国会と国民を無視した暴挙だ

 日本の農畜産物市場やデジタル市場をアメリカに開放する日米貿易協定とデジタル貿易協定の承認案が、衆院外務委員会で与党などの賛成多数で可決されました。国内の経済や農畜産業への影響を示す正式な試算は示されていません。国会に提出した協定の説明書では牛肉の低関税での輸入枠を一層拡大するとした表現も隠していました。安倍晋三政権の国会軽視・国民無視の姿勢は重大です。与党は来週の衆院本会議で可決し参院に送付しようとしています。日本の経済主権と食料主権にかかわる二つの協定承認案阻止の世論と運動を強めるときです。

短い審議でも問題次々

 二つの協定承認案の審議は、10月末の衆院本会議で始まった後、菅原一秀前経済産業相と河井克行前法相の辞任があったため、実質的な審議入りが遅れてきました。協定承認案を審議する衆院外務委員会も、関連する農林水産委員会や経済産業委員会の審議も、数回しか行われていません。

 とりわけ問題なのは、安倍政権が審議の前提となる国内経済や農畜産業に対する影響の試算について、不十分な「暫定値」や「暫定試算」しか示していないことです。これまでの環太平洋連携協定(TPP)や日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の承認案の審議などでは、かなり詳しい影響試算を出していたのに、日米協定承認案の場合だけは正式の影響試算を提出しないというのは、全く異常です。

 しかもその短い審議でも、二つの協定の危険な中身は明白になっています。最大の問題は何といっても、協定によるアメリカからの牛・豚肉や乳製品などの輸入急増が日本の農畜産業に重大な打撃を与えることです。日米貿易協定の付属書には、アメリカからの牛肉輸入が一定の水準を超えたとき、その水準を「一層高いものに調整するため、協議を開始する」と明記しています。ところが外務省が国会に提出した協定の説明書には「水準を調整する」としか書いていません。政府が国会に提出した議案について「必要かつ分かりやすく」説明するはずの説明書の欠陥は見過ごせない大問題です。

 それだけではありません。安倍政権が出してきた影響についての「暫定試算」には国内総生産(GDP)が約0・8%増えるとあります。しかしそれは今回の協定には盛り込まれていない日本がアメリカに輸出する自動車や部品の関税撤廃を前提にした架空の試算です。実際には協定の付属書でこの問題は「さらに交渉」としかなっておらず、「経済効果」は国民を欺くものです。こうした問題点にもまともに答えず、与党が協定承認案を採決したのは言語道断です。

トランプ氏の手柄づくり

 安倍政権が、国会審議の大前提となる資料の提出にも応じず、来年1月の発効に間に合わせるためひたすら承認案の採決を急いだのは、来年のアメリカ大統領選で、トランプ氏に有利な“手柄”をもたらそうという思惑からです。トランプ氏のご機嫌を取るために、日本の農畜産業の犠牲も顧みないという“売国的”な態度です。

 二つの協定の承認後にはより広範な、次の段階の交渉が待ち受けています。今後の交渉でのさらなる譲歩を許さないためにも、二つの協定の承認阻止が重要です。



by daisukepro | 2019-11-16 21:57 | 赤旗

主張 NHKへの圧力 放送の独立を揺るがす問題だ

主張

NHKへの圧力

放送の独立を揺るがす問題だ

 かんぽ生命保険の不正販売を告発したNHK番組に対し日本郵政グループが執拗(しつよう)に抗議し、NHK経営委員会(委員長=石原進JR九州相談役)がNHKの上田良一会長に「厳重注意」したことが国会審議などで問題になっています。高市早苗総務相は経営委の行為を問題視しない姿勢を示していますが、そんなことではすまされません。一連の経緯を見れば、放送の独立を揺るがす深刻な事態であることを浮き彫りにしています。

日本郵政から執拗に

 NHK番組「クローズアップ現代+」が、「郵便局が保険を“押し売り”!? 郵便局員たちの告白」を放送したのは昨年4月です。その際、NHKは番組の続編をめざし、情報提供を呼びかける動画をホームページに掲載しました。

 これに対し郵政グループが動画の削除を求め、NHK側がそれに応じ、続編の放送も見送ったことが、今年9月末に明らかになりました。さらに郵政側がNHKのガバナンス(企業統治)を問題にして体制の強化を要求し、NHKの経営委員会が上田会長に「厳重注意」した上、NHK放送総局長が上田会長名の「謝罪文」を郵政に届けていたことも分かりました。

 番組の続編は今年7月末まで放送されず、それが結果として、視聴者への警告を遅らせ、不正販売の被害拡大につながった可能性があります。自らの不正を改めるのでなく、番組制作に介入した郵政の責任は重大です。しかも、郵政側は、鈴木康雄上級副社長がNHKを監督する立場の官庁である総務省元事務次官という経歴を前面に出してNHKへの「抗議」を主導することまでしていました。

 郵政に屈し、会長を「厳重注意」した経営委の姿勢は問題です。経営委による番組制作現場への露骨な介入は、放送法に違反する行為です。放送法3条は“番組は何人からも干渉、規律されることがない”と定め、32条は、経営委に3条に抵触する行為を禁じています。番組制作と経営との分離は、日本が侵略戦争に突き進んだ戦前・戦中の反省の上にたった原則です。今回の経営委の行為は、痛苦の教訓に反するものです。

 とりわけ石原経営委員長の姿勢が厳しく問われます。NHKが公表した経営委の「議事経過」によると、石原氏は、異論があったにもかかわらず、経営委の「総意」として、会長への「厳重注意」に踏み切りました。こんなやり方がまかり通ることは大問題です。

 上田会長らNHK執行部は「自主・自律や番組編集の自由が損なわれたことはない」と圧力に屈したことを認めません。しかし経営委のこうした介入が、番組制作現場を萎縮させることは明白です。

「放送支配」を許さず

 今回の問題は、安倍晋三政権下で強まる「放送支配」と無縁ではありません。石原氏は、政権との関係重視が持論で、「政府が右というものを左というわけにはいかない」と述べた籾井(もみい)勝人氏をNHK会長(2017年退任)に選任した張本人です。籾井会長時代に専務理事(放送総局長)を務め、その後、退いた板野裕爾氏を専務理事に復帰させた今年の経営委の人事も、「官邸の意向」とされます。首相に近い高市氏の総務相への再起用も「放送支配」の狙いからです。放送の独立を守る国民の声を広げていくことが重要です。



by daisukepro | 2019-11-16 21:52 | 赤旗

在日米軍負担、4倍増を要求か 8700億円、米誌報道

 【ワシントン共同】米外交誌フォーリン・ポリシーは15日、複数の米政府関係者の話として、トランプ政権が日本政府に対し、在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)を約4倍の約80億ドル(約8700億円)に増やすよう要求していると報じた。7月に当時のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)らが訪日した際、要望を伝えた。

 トランプ大統領は以前から日米安全保障条約を「不公平」だと主張して負担増を求めていたが、具体的な規模が明らかになるのは初めて。来年11月の大統領選をにらみ、米国の負担軽減を外交成果としてアピールする狙いがありそうだ。


by daisukepro | 2019-11-16 16:04 | 日米安保条約

「桜を見る会」三つの疑惑 志位委員長が会見 予算委集中審議の速やかな開催を

「桜を見る会」三つの疑惑

志位委員長が会見

予算委集中審議の速やかな開催を

 日本共産党の志位和夫委員長は14日、国会内で記者会見し、首相主催の「桜を見る会」に安倍晋三首相が地元後援会を招待していた問題をめぐり、安倍首相が来年度は中止すると発表したことに触れ「これで幕引きにしては絶対にならない」と強調し、真相究明のため衆参両院での首相出席の予算委員会集中審議の速やかな開催を求めました。


写真

(写真)記者会見する志位和夫委員長=14日、国会内

 志位氏は「疑惑はふくらむ一方だ」と述べ、3点の疑惑を指摘しました。

 第一は、「桜を見る会」を安倍後援会が私物化し、国民の血税を使って買収を行っていた疑惑です。

 第二は、1人あたり5000円の会費を取り850人規模で開催した「前夜祭」の収支が、安倍氏の関連政治団体の収支報告書に記載されていない問題です。

 第三は、首相の虚偽答弁の問題です。官邸内の「推薦枠」があったにもかかわらず、また安倍後援会が招待者の取りまとめを行っていたにもかかわらず、「招待者のとりまとめに関与していない」(8日、参院予算委)と述べたのは、明らかな虚偽答弁です。

 志位氏は「この三つの問題は、どれも安倍首相でなければ答えることのできない問題です。とくに虚偽答弁は深刻な問題です。首相が国会で疑惑をただされたらウソで切り抜けることが堂々とまかり通ったら、まともな国会審議ができなくなる。ですから首相が出席した予算委員会の開催がどうしても必要です」と強調しました。

 さらに志位氏は「首相が説明を拒否した場合や説明できなかった場合には辞めていただくしかない。このことを野党で共同して強く求めていきたい」と述べました。

 歴代最長となる安倍政権の体質について問われた志位氏は「ありとあらゆる『公』のものを私物化してきた政権だ」と指摘。「『森友・加計疑惑』では文科行政を私物化し、安保法制強行では憲法解釈を私物化し、ついに今回の『桜を見る会』の私物化となった。この政権が続くことは日本の民主主義にとって一刻も認めるわけにはいかない。野党が結束して安倍政権に対峙(たいじ)し、打倒に追い込んでいきたい」と語りました。




by daisukepro | 2019-11-15 18:42 | 桜を見る会

公選法違反の疑い強い 田村副委員長 ラジオで語る

公選法違反の疑い強い

田村副委員長 ラジオで語る

 日本共産党の田村智子副委員長は12日、文化放送のラジオ番組「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」に出演し、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐる問題を語りました。

 田村氏は、安倍政権の下で桜を見る会の参加者数と予算額が急増し、安倍首相の事務所が地元の山口県下関市から大量の後援会員を招いていることが明らかになったと説明。「後援会の行事であれば、事実上の公職選挙法違反だという疑いは相当強い」と指摘しました。

新たな焦点は

 今後の新たな焦点について田村氏は、安倍晋三後援会が桜を見る会の前夜に開催している「前夜祭」を挙げました。前夜祭は毎年1000人程度収容できるホテルで行われ、参加者は費用を自分で負担していると安倍首相は答弁しています。

 田村氏は安倍首相が政治資金規正法に基づいて届け出ている六つの政治資金管理団体に、前夜祭の会費収入の記録やホテル側に支払った記載がないと指摘。政治資金規正法違反など「相当重い違反事項」にあたる可能性があるとして、「野党の追及チームでも大問題として聞いていく。安倍総理しか答えられない問題なので、予算委員会を開いて追及しなければならない」と述べました。

招待者の実態

 内閣府が招待者のリストを会の開催直後に廃棄するとしていることについて、内閣府が招待する際に必要とされる各省からの推薦名簿は省庁によって規則で10年保存となっていると強調。「招待者の実態が全く分からないはずはない」と語りました。

 コメンテーターとして出演した俳優の石田純一さんは「公金でやる以上、総理が説明しないといけない。前夜祭については支払いの事実を隠して記載しなかったとしたら法律違反なので、額の問題ではない」と述べました。



by daisukepro | 2019-11-14 07:55 | 桜を見る会

「桜を見る会」で来場者に配られた記念品の升が、フリーマーケットアプリ「メルカリ」に多数出品されている

首相主催の「桜を見る会」で来場者に配られた記念品の升が、フリーマーケットアプリ「メルカリ」に多数出品されていることが分かった。



共産党の清水忠史氏が12日の衆院地方創生特別委員会で指摘した。

 清水氏は出品された升について「1000円から1500円くらい、胸に着ける招待客のリボンとセットだと2500円から3000円くらいで売れている」と説明。「ネットで売買されているということは(有権者への)金品の提供にも当たる」と語った。

 12日午後3時現在、メルカリのアプリで「桜を見る会 升」と入力して検索すると、25件の出品が確認された。うち23件が売れていた。升には「桜を見る会」「於 新宿御苑」の文字と日付の焼き印が押されている。


(東京新聞)


by daisukepro | 2019-11-14 06:53 | 桜を見る会

「桜を見る会」私物化疑惑 2省「名簿は10年保存」 野党合同ヒアリング 内閣府は1年で廃棄

「桜を見る会」私物化疑惑

2省「名簿は10年保存」

野党合同ヒアリング 内閣府は1年で廃棄

写真

(写真)「桜を見る会」問題の合同ヒアリングで追及する田村智子参院議員(左から3人目)。右奥は宮本徹衆院議員=13日、国会内

 安倍晋三首相が首相主催の「桜を見る会」に地元後援会を招待しもてなしていた問題に関する野党合同ヒアリングが12日、国会内で開かれました。日本共産党の田村智子副委員長(参院議員)は「8日の参院予算委員会で安倍首相は私の質問に何も答えなかった。『私たちの納めた税金で何をやっているのだ』という怒りが国民に広がっている。問題を徹底して追及する」と表明しました。

 ヒアリングでは、招待者名簿のあり方が焦点となりました。名簿を決めるプロセス、各府省への推薦人数の割り振り、名簿の管理のあり方について内閣府や内閣官房、総務省の担当者らが回答しました。内閣府の担当者は、「桜を見る会」の招待名簿については「1年未満で廃棄している。今年の名簿もすでに手元にない」と強弁しました。一方、内閣府が各省庁に依頼し各省庁が作成した推薦名簿については、各省が管理し保存期間を決めていること、この中で文科省と総務省については推薦名簿の保存期間が10年となっていることが明らかとなりました。

 野党議員は各府省に対し、今年の「桜を見る会」の推薦名簿を示すことを求めました。

 また、「桜を見る会」という公的行事に地元後援会員を無料招待していた安倍首相の行為が公選法違反かどうかとの質問に、総務省の担当者は一般論としつつ「特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的として金銭・物品を提供することは買収罪にあてはまる」と述べました。



by daisukepro | 2019-11-14 06:28 | 桜を見る会

桜を見る会 「安倍晋三後援会」 貸し切りバス撮影 新宿御苑前

桜を見る会

「安倍晋三後援会」 貸し切りバス撮影

新宿御苑前

写真

(写真)新宿御苑に入る観光バス。正面ガラス越しに「桜を見る会安倍晋三後援会」と貸し切りバス特有の車番が見える。会場に入るための通行証も=提供写真

 2016年4月9日の安倍晋三首相主催の「桜を見る会」(東京・新宿御苑)に参加した「安倍晋三後援会」の貸し切りバスが、野宿生活者を応援する関係者によって撮影されていたことが分かりました。

 写真は、野宿生活者を応援する有志のメンバーが、外苑西通りに面する新宿御苑正門を出入りする関係者や車両などを目撃し撮影したもの。このうち大型観光バスの正面ガラス越しには「桜を見る会 安倍晋三後援会」との掲示が鮮明に写っているほか、乗り入れを許可されたことを示す通行証も写っています。

 有志メンバーが撮影した観光バスの写真からは、貸し切りのための車両番号が「16」まで確認できました。

 「桜を見る会」の参加者について、政府は「各界で功績、功労のあった方々を各省庁からの意見等を踏まえ招待している」としていますが、同後援会関係者は今年4月の「桜を見る会」に貸し切りバス17台で乗り入れたと説明しており、毎年ほぼ同規模で後援会を招いていることを裏付けています。


by daisukepro | 2019-11-13 16:16 | 赤旗

桜を見る会 前夜祭の怪 首相後援会 収支報告なし

桜を見る会 前夜祭の怪

首相後援会 収支報告なし

 日本共産党の田村智子副委員長が8日の参院予算委員会で取り上げてから、各メディアも連日報道するなど大問題となっている安倍晋三首相主催の「桜を見る会」。例年、この会の前日に開かれている安倍晋三後援会「前夜祭」の費用は一体どうなっているのかが、重大な疑惑の一つとして浮かび上がっています。


 読売新聞の「安倍首相の一日」欄で「桜を見る会」の前日を調べてみると、2017~19年の3年間「東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。『安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭』」と書かれています。これ以前も、ホテルや名称は異なりますが、首相は必ず前日夜に後援会との懇親会に出席しています。

 「前夜祭」の費用に関しては「しんぶん赤旗」日曜版の取材に対し、複数の参加者が「5000円の会費を払った」と証言しています。しかし、安倍首相が代表を務める政党支部や関係する政治団体は六つありますが、後援会行事として開かれている「前夜祭」について、いずれの収支報告書にも収支の記載がありません。

 政治資金規正法は、対価を徴収して行われる催し物を「政治資金パーティー」と規定し、収入や経費を収支報告書に記載するよう義務付けており、同法違反の疑いがあります。

 安倍首相は8日の参院予算委で、田村氏から「前夜祭」について聞かれると「(各個人が)そのホテルとの関係においても、それはホテルに直接払い込みをしているというふうに承知をしている」と答えています。

 しかし、後援会行事の費用を各個人がホテルに直接支払うことがあるのか。誰が主催した宴会なのか、誰が参加費を集め、ホテルに費用を支払ったのか。安倍首相には明確な説明が求められます。

 安倍首相による「桜を見る会」の私物化問題をめぐり12日に開かれた野党合同ヒアリングでは、「桜を見る会」という公的行事に地元後援会員を無料招待していた安倍首相の行為が公選法違反かどうかを問われた総務省の担当者は、一般論としつつ「特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的として金銭・物品を提供することは買収罪にあてはまる」と明言しました。

図


by daisukepro | 2019-11-13 16:12 | 赤旗

「気候の緊急事態」宣言 世界1万人の科学者

 「人類は地球温暖化による『気候の緊急事態』に直面しており、このままでは経済や社会に破局的な影響が生じる」と警告する論文を米オレゴン州立大の研究者がまとめ、趣旨に賛同する153カ国、約1万1千人の科学者の氏名と共に、生態学の専門誌に13日までに発表した。日本からも山本良一・東京大名誉教授らが賛同した。

 同州立大のウィリアム・リップル特別教授らは、過去40年間の世界の人口やエネルギー消費、二酸化炭素排出量のほか、航空旅客数や肉の消費量など、人間活動の拡大状況をデータで検証した。

(共同)

 昨年の台風21号に伴う高潮などで滑走路や施設が浸水した関西空港。地球温暖化の進行によって過去に例のない暴風雨災害の多発が懸念される=2018年9月

c0013092_07532493.jpg



by daisukepro | 2019-11-13 07:53 | 共同